HOME ■関西ウーマンインタビュー(クリエイター編) 長野 陽子さん(帽子作家) 前のページへ戻る

■関西ウーマンインタビュー(クリエイター編)


長野 陽子さん(帽子作家)

長野 陽子さん(帽子作家)アーティストネーム DEL-HITS(デルヒッツ)
京都府出身、大阪市在住。 バッグメーカーの企画部に勤務した後、2003年よりアーティストネーム「DEL-HITS」として作家活動を開始する。トルコなどヨーロッパの素材や国内の創作糸などを使用したオリジナル作品を制作。百貨店イベントを含むさまざまなイベントに多数参加。他にもネット販売やオーダーメイド受注も好評で全国にファンを持つ。
DEL-HITS HP http://www.del-hits.com/
「いつか自分のために創りたい」と笑うニット帽作家の長野陽子さん。
幼い頃にお母さんの趣味である手芸に触発されて編み物を始めた。
いつしか編み物を通して何かを作りだすことが大好きな女の子に。

気がつけばずっと「誰かのため」に編んでいた。
そしていつしか、自分の編んだ物を好きになってくれる「お客さん」のために。
そんな彼女が、自分のために編み棒を動かす日はいつやって来るのだろう。
大胆と優美を編む作家
作家活動を始めてから、彼女は一度もメディアには出ていない。プライベートを謎のベールですっぽりと包みこんでいる彼女は、「天涯孤独に違いない」「きっと赤い車に乗っている」などとファンには勝手に想像されているらしい。

緊張しながら会いに行くと、土曜日の百貨店の喧騒の中とは思えないほど、ただ静かに編み棒を動かしていた。遠巻きに見てもそこだけ空気が違い、厳かにさえ感じた。

カラフルなニットの花園に埋まるようにして座っていた彼女。醸し出す独特な世界は、自身も作品であるかに思える。意を決して声をかけると、デルさんは「あら、こんにちは」と顔を上げやさしく微笑んだ。
「大胆で上品」「奇抜で優雅」 デルさんの作品は相反する2つの言葉で表現されている。その組み合わせの不思議さが圧倒的な個性を作り上げている。

その個性に惹きつけられるように、作品を一目見ると必ず手にとって見たくなる。子供から白髪のマダムまで、年齢も生活環境も全く異なるだろう女性達が、それぞれの想いを抱きながら。作品の個性に自分を委ねたくなるのか、はたまた自分に足りないスパイスを作品に見つけだすのかもしれない。

彼女はハッキリと「作品で勝負する」と言う。その目論見どおりに、人は作品を通して作家を想像する。いったいどんな人が創っているのだろう、と。
デルさんの帽子を手に取れば誰もが驚く。素材の良さを活かした触り心地、緻密な計算によってデザインされた装着感。一見チクチクしそうな素材でも、手に取って見ると、それは柔らかくフワリと軽い。

このように完璧な作品を作り上げる人は、真面目以外の何ものでもない。
事実デルさん自身、真面目で几帳面で、そして人を想う心優しい女性なのだ。
オーダーメイド以外、デザイン画もラフ案も描かない。素材を触りながらジッと動かずイメージする。頭の中がシンと静まってくると、フラットになる「不思議な瞬間」がやってくる。

静寂の中にストンと落ちてくると、そこから一気に編み目の数を決め、大まかな形が徐々に細部の構築へと移り、完成形のイメージ図になる。制作には12時間以上かかることもあるが、平均してその6割の時間をイメージに費やす。

それでも作品に同じものは一つもない。作れないのだ。仮に同じ素材で同じデザインであっても、一つひとつを手から生み出している以上、それは違う作品になる。作家が生みだす1点モノには、計り知れない「想い」が刻まれている。

「制作は楽しくなんてない」とデルさん。時には辛くなるほど真剣に向き合うこともある。
ようやく完成しても、そこで終わるわけではない。
「お客様に喜んでもらえるまでは、楽しいなんて思わない。」

ストイックに真面目で、どこまでも優しいのだ。
デルさんの作品は素材がユニークだ。時には細く切った布を編んだり、ゴージャスなファーやクモの巣のような素材、羽がついた毛糸を使用することもある。

「元気になれるこの世界観が好き。」と言われることが一番嬉しい。誰かを喜ばせるために、素材で、デザインで、デルさんは誰知れずどこまでもイメージを追求する。
作家として10年を迎えた今、これからチャレンジしたいことの一つに
「日常的な帽子を非日常的なアートにしたい」という。
帽子という概念を突き破ってみたいそうだ。

では、とっておきの「自分のもの」はいつ作るのだろう。
「DEL-HITSを辞めたとき」とデルさんは笑った。

作品を待ち望むファンは、「なんだか自分に自信ができた」「特別な気分になれる。」
「新しい自分を発見した」と言って憚らない。
帽子はただオシャレで被るだけじゃない。人生を変えることもある。

私も特別な自分に出会う帽子が欲しくなった。

いつもよりも大股で颯爽と、ちょっぴり胸を張って歩けるような帽子を、
早速デルさんに相談しよう。
取材協力:(デルさんのお気に入りのお店) お洒落な本格スペイン料理居酒屋 「EL Nague
 
四十宮麻美 (よそみや あさみ) ≪ライター≫
1979年生まれ。20代で突然勤め先を退職しフリーランスと名乗りはじめた結果、気がつけばライターに。取材執筆を中心とし、緊張感のなさと相手の懐にグイグイ入りこむ厚かましさで、上辺だけではない踏み込んだ取材を得意とする。

外部スタッフとしてフリーペーパーの編集に約7年間たずさわり、関西と東海地方を中心とした高齢者施設の取材訪問数は400件以上。他にも情報サイト、情報誌の執筆や外部広報なども手がける。


愛するものは冬のお布団と夏のかき氷。人生に必要なものは、白飯&明太子、整体、温泉。自慢は10時間以上寝続けられること。
img

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 


■関西ウーマンインタビュー(クリエイター編) 記事一覧


 


参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
お手紙で「私」と「あなた」とmeet!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
映画好きトークの会
『シネマカフェ』
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド





HOME