HOME ■関西ウーマンインタビュー(クリエイター編) 前川 香苗さん(チョークアーティスト) 前のページへ戻る

■関西ウーマンインタビュー(クリエイター編)


前川 香苗さん(チョークアーティスト)

前川 香苗さん(チョークアーティスト) アーティストネーム KANAEとして活動中
2008年オーストラリアへ2年間ワーキングホリデー留学し、チョークアートの第一人者であるモニーク・キャノン氏に師事。モニーク独自の技法を学び、講師資格を取得。
2010年帰国し、チョークアーティストとして活動を開始。店舗看板やメニューボード、ウェルカムボードなどの制作を手がける。
2012年全国からの制作依頼を受け、もっと多くの人にチョークアートを知って欲しい、体験して欲しいと思い大阪市内初のモニーク・キャノン(MCA協会認定)スクールを開校。現在、大阪市内に2つの教室を運営しつつ、ウェブサイトでの制作受注、年数回作品展や講習会も開催している。
大阪市出身、大阪市在住。
img黒板チョークアート工房 Kanae Art Design Chalk ⇒HP
スクール開校日
[あべの校]月・日 11:00~/13:00~
[本町校]木・土11:00~/13:00~

     
チョークアートと出会ったのは、わずか数年前。
海外のとある街角に、黒板があった。
そのカラフルな板が強烈に店の存在をアピールしていた。
思わず場所を探し、路地に入ってしまうほど。

それがチョークアートと呼ばれるものだと知ったのは、さらに時間が経ってから。

そのせいか私にとってチョークアートは、看板のイメージだった。
けれど、あるルポにチョークアーティストが紹介されていて、商業アートなるものを知った。
そんな実用的な芸術があったんだ!
驚いたついでにチョークアートを調べてみた。

「特殊な塗料を塗った黒板に消えない絵や文字を描くもので、飲食店の店頭や店内に飾る商業ベースのアートで、看板アートの手法。 現在はカフェやレストランのメニューボード、ポートレート、ウエルカムボード、インテリアなどにも持ち込まれている」

と、ある。
中には店内や自宅の壁やに施すこともあるそうな。

今回はこのチョークアートに魅せられた女性、
チョークアーティストのKANAEさんにお会いしてきた。
思い切って飛んだ先には幸せなカラーワールドが!
~KANAEの色~
おっとり、ふんわり、でも強い
img彼女に会いたいと思い、
1年も前から機会を待っていた。

優しく明るい発色で、
心をウキウキさせるチョークアート。

でも指先で色を造り出すことは
とても根気のいる作業だ。
そんな芸術を紡ぎだす人は、
すごく気難しいかもしれない。

深秋とは思えないほど
空気がしっとりした昼下がり。
指から温かい色を生み出すアーティスト、
KANAEさんを訪ねた。

山小屋風の重厚なドアを前に、
尻込みした私がふと横を見ると、
とても可愛らしい人と目があった。

ゆっくりと微笑んで会釈してくれたのが、チョークアーティストのKANAEさん。

KANAEさんは上品で可愛らしい人、という第一印象。
それまでの緊張は少し緩み、デヘヘと笑いながらご挨拶。

KANAEさんは2008年、27歳の時にオーストラリアでワーキングホリデー留学をした。

20歳ぐらいから語学留学と海外での生活がしたかった。
ようやく渡豪が決まり、webで情報を探していた時にモニーク・キャノンの作品を見て
「これだ!」と目が釘付けになったそうだ。

大袈裟ではなく、チョークアートとの出会いがKANAEさんの人生を新しい流れに乗せた。
 

アートがあるから今が楽しい
日本を発つ前に心に決めていたことがある。
「帰国時に何かできる人にならないといけない。
何もないまま帰国したら、中身のない30代になってしまう」
決心というよりも、決意だった。

極度ともいえるほど恥ずかしがり屋で、人前に出るなんてとんでもなかった。
誰かに何かを教えることも、
作品を発表することも、
取材を受けて写真撮影することも。
なにもかも渡豪する前では考えられなかった。

でも、変りたかったのだ。
変るために、KANAEさんは海を渡ったのだ。
 
img オーストラリアで語学を学び、モニーク・キャノンのスクールチョークアートの技術を取得。

海外生活を楽しむのと同時に
チョークアート以外の
色々なことにも挑戦した。

当然、挫折しそうになったことも、号泣したことも。

ただ、チョークアートをやめたいとは思わなかった。

そして2年間が経ち、彼女は大きく変わった。

笑顔でカメラの前に立ち、はっきりとしっかりと、思いを口に出す。

独立した芯の強い、大人の女性となり今を楽しんでいる。
最近、充実しているなと感じるらしい。
「20代の頑張りが30代で表れる」
それを実感できるようになったと話す彼女は、キラキラしている。

そんなKANAEさんが作るチョークアートは、
作者を表すように鮮やかで柔らかく、品が良くまろやか。
「商業アート」「看板」で片付けて、お店で見るものと決めつけてしまうにはもったいない。

KANAEさんは今後、チョークアートをもっと手軽に日常に取り入れてもらえるよう、
マグカップやトレーなどのグッズを作りたいと話す。

また赤ちゃんの命名を書いたネームボードなど、
一生の記念になるものも。
結婚式のウェルカムボードと並べれば、
家の中にカラフルで幸せなコーナーも完成するだろう。

チョークアートはたくさんの可能性がある芸術だ。

せっかくだから、仕事がノリノリになるようなタスクボード、発注してみようかな。
デスクの前に置いたらサクサク仕事をこなせて、余裕のある女性になれるかも!
これで来年の目標が一つ決定♪
 
四十宮麻美 (よそみや あさみ) ≪ライター≫
img1979年生まれ。20代で突然勤め先を退職しフリーランスと名乗りはじめた結果、気がつけばライターに。取材執筆を中心とし、緊張感のなさと相手の懐にグイグイ入りこむ厚かましさで、上辺だけではない踏み込んだ取材を得意とする。

外部スタッフとしてフリーペーパーの編集に約4年間たずさわり、関西と東海地方を中心とした高齢者施設の取材訪問数は400件以上。他にも情報サイト、情報誌の執筆や外部広報、広告ディレクターなど手がける。

趣味は読書と旅行。愛するものは冬のお布団と夏のかき氷。人生に必要なものは、白飯&明太子、果物、整体、温泉。最近のハマりものはヨーグルトパック。
自慢は10時間以上寝続けられること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 


■関西ウーマンインタビュー(クリエイター編) 記事一覧


 


参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
お手紙で「私」と「あなた」とmeet!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
映画好きトークの会
『シネマカフェ』
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド





HOME