HOME ■海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ) Vol.21 CDMXでみたいろいろ、の巻 前のページへ戻る

■海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)


Vol.21 CDMXでみたいろいろ、の巻

Vol.21 CDMXでみたいろいろ、の巻

オラー、こんにちは!! あみりょうこです。年が明けてあっという間に1月も後半戦に入りました。

今年は元日から旅でした。(狙ったわけではなく、調べた時に元日のチケットが一番安かったのです……。)元日から旅する人もそんなにいないだろうと思っていたら、空港も飛行機もたくさんの人であふれかえっていました。

CDMX(シウダーデメヒコ:メキシコシティのこと)にとりあえず到着することになっていて、2日間だけAirbnbで宿を取りました。

空港からはUberを使うのを試みたのですが、なぜか正確な位置を読み取ってもらえず、ピックアップの場所がトルタ屋さん(ホットサンドイッチ)ばかりが表示され、「ええい、らちがあかん!」と結局メトロブス(電化バス)で行くことにしました。
CDMXには住んだことはないのですが、観光で訪れたり、昨年はシルクスクリーンのワークショップを受けに行ったりしたのでたまに行く大都会です。私の中では、東京に行くような感覚です。

最初はその大きさや規模に圧倒されて、おそるおそる町を歩いていたのですが、行くたびに新しい発見があり、どこに何があるのかとか、自分がどこを歩いているのかという方向感覚が身についてくれば、だんだん面白さがわかってきたという感じです。

巨大都市ならではの都会の香りもありますが、メヒコの雑然とした感じは他の町の比べ物になりません。

シルクスクリーンの工房を訪れてマエストロ(先生)と話したら、しばらくいてもいいということになったので、結局2週間くらいの滞在になりました。その中で見た、オアハカでは見ないあれこれを紹介したいと思います。
メトロの駅がすごい!
CDMXには地下鉄(通称メトロ)があるので、乗りこなせば安く移動することができます。価格は均一でなんと5ペソ!(約30円)ただし、通勤時間帯などはものすごい混んでいたり、日本のように列に並んで乗車、という感じでもないので慣れるまでは圧倒されます。

メトロを使っているとたまに驚く駅に出会います。
通路がトンネルのようになっていて、両サイドは巨大モニターがついている駅。NETFLIXの新しいシリーズの宣伝のようです。
この駅は以前も使ったことがあるのですが、前通った時はモニターなんてなかったのになぁ、と感心しながら通りました。壁も以前は文字で埋め尽くされていたのですが刷新されていました。
これは驚きの「駅構内にサンドバッグ」。見つけて二度見してしまいました。

しかも、ただの飾りではなく本当に打っていいらしく、私が通りかかった時は、少年がグローブをはめて爆裂パンチをかましている途中でした。

なんかすごいものを見たな、と思いながら左手に目をやると、
巨大グローブが門のように設置されて、そこから電車を降りた人々が次から次へと出てくるではありませんか。

なんでもこの駅の近くにはボクシングのリングがあるらしく、そのため駅からそういう雰囲気にされているのだそうです。

すべての駅ではないのですが、このようなエンターテイメント豊かな駅に出会うことができます。

そして、オアハカと明らかに違うのは人々の歩く速さです。私も割に歩くのは早い方だと思うのですが、それを上回る速度でみんな乗換駅をずんずん進んでいきます。

動く歩道をもはや競歩!という速さで歩いていく人の波にまぎれながら、「ここは梅田か!」と突っ込みながら歩いたのでした。
出張タコス屋さん!
CDMX滞在のほとんどは友人のお宅にお世話になりました。ちょうど息子さんの誕生日があるときにかぶり、「フィエスタをするから!タコス呼ぶから!」と言われていました。

家に戻ると本当にタコス屋が来ているではありませんか! もはやこれが自宅のガレージの中とは信じられません。メヒコの機動力の高さをこういう光景を見るたびに感じさせられます。
後で聞くと100人前からのオーダーが可能なのだそうです。日時を指定すると、その時間にやってきて、必要なもの(材料はもちろん、机やガスタンクも!)を持って来てタコスをふるまってくれるという出張タコス屋さん。驚きました。

残ったトルティージャや肉などもきれいに切り分けて残してくれるので、翌日も引き続きタコスが楽しめるというサービス。今までのケータリングの概念をぶっ飛ばされました。さすがメヒコ。
メヒコのテレビ
私の家にはテレビがないので、普段はもっぱらインターネットでYouTubeなどをみる典型的な海外暮らしの人なのですが、家庭に滞在しているとやはりテレビがあるので見ることになります。

朝の情報番組で、上半身裸でムキムキの先生らしき人が、何やら指導している光景が目に飛び込んできました。朝の体操かなと思いきや、ヨガでした。ヨガと言えば、すらりとした女のインストラクターのイメージだったのですが、どうやらそれはただの固定概念だったようです。

しかし、なぜ上半身裸になる必要があるのか、それは謎に包まれたまま、気が付くとテレビの前で一緒にヨガにチャレンジする私がいました。
やっぱりメヒコはおもしろい!
新年早々、濃いCDMXでの日々でした。オアハカとは一味違うパワフルな町。2020年もまた違う顔を見せてくれるのでしょう。

それでは、本年もどうぞよろしくお願いいたします!
works
【今月の作品】
profile
あみ りょうこ
1982年大阪生まれ、兵庫育ち。現在メキシコのオアハカ州在住。ものつくりが好きで、オアハカで版画に出会い制作を続けている。
HP:http://mexicot.wordpress.com
instagram:ninjacco

■海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ) 記事一覧




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME