HOME ■おてがみぃと [レポート] 自分が感じた「夏!」をサマーカードに書こう! 前のページへ戻る

■おてがみぃと


[レポート] 自分が感じた「夏!」をサマーカードに書こう!

2019年8月のレポート

自分が感じた「夏!」をサマーカードに書こう!

夏のお便りといえば、「サマーカード」(暑中お見舞い/7月7日~8月6日頃、残暑お見舞い/8月7日~9月7日頃)。暑さ厳しい日々が続く中、相手の健康を想い、書き綴るお手紙です。

いろイロな緑あふれる公園をおさんぽして、見たり聞いたり触れたり感じたりした「自分が感じた、今年の夏」を、無地のハガキに文章で書き綴ったり、短歌や詩として書いたり、絵やちぎり絵で描いたり、マスキングテープでコラージュしたりして、オリジナルのサマーカードをつくりました。

今回は、かずえさん、ゆみさんと一緒に「おてがみじかん」を過ごしました。

※「おてがみぃと」は手紙の書き方講座ではありません。時々、集まって、おしゃべりしたり、お手紙を書きたくなる+αを楽しんだりして、お手紙を書く時間を楽しむ会です。
「おてがみぃと」とは
「大井戸公園」で季節さんぽ。「夏!」を探す
夏ど真ん中の、いかにも「夏!」な暑い日。サマーカードをつくる前に、駅から歩いて5分ほどのところにある「大井戸公園」へ。交流しながら、「夏!」な風景を探します。

さわやかな緑、きゅんとするかわいい緑、ひかりを感じる緑、包み込んでくれそうな深い緑・・・その中に、点在して咲く薔薇。薔薇といえば、初夏や秋に咲くイメージでしたが、真夏にも咲くのですね。
木々が生い茂る木陰エリアに一歩入ると、涼しい。木々の間を通り抜けていく爽やかな風に救われます。

日陰で、鳩たちも羽を休めていました。群れから離れて2羽きりでいる鳩を発見。頭を擦り合ったり、くちばしをくっつけ合ったりして、仲睦まじい。
木を見ていると、ところどころにセミの抜け殻がありました。

そういえば、セミの鳴き声は聞こえるのに姿が見えないなあ、上のほうにいるのかなあと、意識して探してみたら、あちらこちらにいました。あちらこちらにい過ぎて、ぞわぞわ~っとしてしまったくらい(笑)。木と一体になっているから気づかなかっただけでした。
セミが止まっている木のまわりの地面には、まるで傘の先端で突き刺したような、たくさんの穴が開いていました。
もしかして、セミが地上に出てくる時の穴では! セミは地中で3~17年ほど過ごした後、地上に出て羽化するそうですから「もしや」と思いながら、大きくてしっかりと開いた穴なので違うのかなあとも。後で調べてみたら、やっぱりセミの抜け穴でした。
そのほかにも、「青紫色だった紫陽花が色あせ、白緑色っぽくなっている」「あ!ハイビスカス」「蟻が花に群がっている。あま~い蜜を出して、誘い込んでいるのかも」「葉の裏に斑点状の黒いものが。こういう種類なのかな?それとも、何かの病気かな?」など、今回もいろんな発見がありました。
「カフェぷろぽ」でお手紙タイム
「カフェぷろぽ」 で、店主さんの手づくりおやつ&飲み物をいただきながら、ほっとひと息。暑さでへばった時は、やっぱり「自家製ジンジャーエール」。「めっちゃ、しょうが!」感と炭酸のしゅわしゅわ感で、一気にきりっとすっきりしました。

あとは、自由におてがみじかん。それぞれが、自分の中に焼き付いた「夏!」を形づくっていきます。私は、旅先からのお手紙をくれた相手に、そのお返事も兼ねて書くことにしました。
公園で一番印象に残ったのは、表は緑、裏は白っぽい葉を持つ木「サンシュユ」です。よ~く見ると、クリンとした緑の実を付けていて、春には小花を咲かせ、秋には実が赤く色づくそうです。
この葉を見つけた時の臨場感も伝えたくて、ハガキサイズにおさめるのではなく、緑色と白色の画用紙を葉っぱ型にカットして、貼り合わせてみました(120円切手を貼れば郵送できます)。
葉の表裏のコントラストが「きれいだなあ」「おもしろいなあ」と思ったのは、夏の太陽の強い光によって照らされていたからかなあ~なんて思いながら。

この葉を見つけた時の感想やまじまじと観察して気づいたこと、スマホで調べてわかった小花を咲かせたり、実が赤く色づいたりすることを書き綴りました。
三人三様のサマーカードが出来上がりました。マスキングテープで飾り付けたり、薔薇の絵を描いたり。宛先も、自分宛、最近お便りを受け取った友だち宛などさまざまでした。

今回もいいおてがみじかんを過ごすことができました。一緒に過ごしてくださったかずえさん、ゆみさん、ありがとうございました。
ご参加くださったかずえさん、ゆみさんの感想
[かずえさんより]
今日も楽しいお手紙会でした。はがきも投函できました。

[ゆみさんより]
阪急武庫之荘駅で集合して、まずは近くの大井戸公園へ。外はカンカン照りでしたが、公園の中は樹木で陽が遮られ、涼しい風が吹いて心地よかったです。薔薇がひっそりと咲いていたり、木にセミの抜け殻を見つけたり、のんびり散歩を楽しみました。

散歩のあと、カフェで美味しいジンジャーエールをいただきながらおしゃべりしつつ、どんな手紙にしようかな~。はがきやマスキングテープ、切手をたくさん準備してくれていて、迷いました! マスキングテープをちぎって貼って! 残暑お見舞いの文を書いて、公園で見た薔薇の絵を描いて(孫のほうが上手だと思う)完成!

猛暑の中、ゆっくり過ごせて、こころの洗濯ができました~
次回の「おてがみぃと」は2019年10月を予定しています。
テーマは「お手紙を一緒に書こう!」
詳細は後日お知らせします。
profile
小森 利絵
編集プロダクションや広告代理店などで、編集・ライティングの経験を積む。現在はフリーライターとして、人物インタビューをメインに活動。読者のココロに届く原稿作成、取材相手にとってもご自身を見つめ直す機会になるようなインタビューを心がけている。
HP:『えんを描く』
BLOG:『えんを描く』ブログ
『おてがみぃと』FBページ
関西ウーマンコラム『おてがみじかん』

■おてがみぃと 記事一覧




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME