HOME ■関西のクリエイターが綴る手紙コラム『手紙の小箱』 手紙は、魔法の紙(mitto(吉田ともみ)さん) 前のページへ戻る

■関西のクリエイターが綴る手紙コラム『手紙の小箱』


手紙は、魔法の紙(mitto(吉田ともみ)さん)

手紙は、魔法の紙

mitto(吉田ともみ)さん
(イラストレーター)
奈良をこよなく愛し、奈良の鹿を主役にしたイベント「ならしかの休日」を主宰する、イラストレーターのmitto(吉田ともみ)さん。なぜか鳥さんのイラストが多いmittoさんですが、お手紙アイテムには、ちゃんとかわいい鹿さんが登場します。
THANKS MEMO
厚紙のメッセージカードよりも、もっと気軽に「ありがとう」を伝えられたら・・・と思い、制作したTHANKS MEMO。

あえて「THANKS」と言葉を入れているのは、"ありがとう専用”を、作りたかったからです。

小さなメモ紙ですが、紙質にもこだわっています。

さりげなさを出すために、藁半紙のような紙くずが、わざと入った素朴な紙を使い、「さりげないありがとう」を応援しています!

けっこう多めの30枚入り。30回分の「ありがとう」を。
ハトロン紙のレターセット
一筆箋と、レターセットの紙をどんな紙にしようか悩んでいた頃。“ハトロン紙” に出会いました。

片面がツルツル。もう片面はザラザラ。

独特の手触りが好きで、ペンの書き心地も良くかれこれ7〜8年、レターセットの用紙は、ハトロン紙に決めています。

どこかレトロな雰囲気があるところも気に入っています。

レターセットは、柄も大切ですが私は紙質も気になります。

なんでしょうか。紙の魅力。

紙だけでも、いいなと思うのに、そこに自分に宛てた手紙が書かれてあったら。。最高に嬉しいです。

書く側でも、紙がカワイイ素敵な紙だと気分もあがりますよね!

素敵な封筒までセットになっていて・・・本当にワクワクします。

レターセットの魅力。紙の魅力。

お手紙を書く側、もらう側の双方に楽しんでもらえるようなレターセットを、これからもデザイン、制作していけたらと思います。
オーナメントカード
手書きのメッセージは本当に嬉しいものです。

特に、自分のお気に入りの絵柄だとカード類は、デスク前に飾りたくなります。

でも、マスキングテープで壁に貼ると、時々両面見たい時に、張り替えるのが面倒です。

オーナメントだと気が向いた時にくるっと、裏返して絵柄も、メッセージも気軽に見ることができるので便利!

「がんばって」なんて書いてあったら本当にその言葉に救われます。言葉って心を動かす力があるんですよね。

何か渡す時の紙袋につけたり・・・ラッピングにもオススメです。

オーナメントカード。もっと種類を増やしていきたいです。
「手紙」について思うこと
子供の頃から、近所のファンシーショップや文具店に行くのが大好きでした。

ノートより、レターセットがどんどん増えていくのもその頃から今でも変わっていません。

学生の頃は、友達の手紙に一喜一憂したものです。

手紙って本当にすごいなと思います。

楽しい手紙もあれば、辛い時に励ましたい一心で書いていて泣きながら書いたり・・・。

1人で紙に向き合って自分の言葉を正直に書くと、素直になれるし。思ってもいない告白をしたくなったり。。不思議ですね。

書いている時の心の高まりや、ポストに入れる時のワクワク感。

相手の顔を思い浮かべながらメールと違って、色々時間と手間がかかります。 でも、書きたくなる。

久しぶりのあの人へ
いつも一緒にいるあの人へ
いつも仲良しのあの人へ

今、手紙が書きたい!
そして、今までにもらった手紙を読み返したくなりました。

手紙って、いいな。
profile
mitto(吉田ともみ)さん
想いをカタチに。
デザインでできること。

多種多様なデザインを手がけるフリーランスのイラストレーター。個人から店舗、百貨店などのパンフレットやチラシ、名刺などグラフィックデザインを中心に制作しています。紙媒体以外にも、店舗ディスプレイなども手がけています。2013年頃からは、人と人を繋ぐタウンイベントなどに魅力を感じ今では奈良の鹿を主役にしたイベント「ならしかの休日」を企画、主宰。最新情報は、Instagramにて更新中(@mitto8)
http://m-mascot.com
このレターセットはここで買えます。
雨の日製作所
〒630-8114 奈良市芝辻町4丁目6-16 セイシェルビル2F
TEL.090-8829-4447
http://www.eonet.ne.jp/~nuland/
営業日は毎月初めの1.2.3日
下記カレンダーを御確認下さい。
http://www.eonet.ne.jp/~nuland/rainydays/recruit.html

■関西のクリエイターが綴る手紙コラム『手紙の小箱』 記事一覧




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME