HOME ■関西のクリエイターが綴る手紙コラム『手紙の小箱』 自分を出せるもの(もりわきりえさん) 前のページへ戻る

■関西のクリエイターが綴る手紙コラム『手紙の小箱』


自分を出せるもの(もりわきりえさん)

自分を出せるもの

もりわき りえさん
(イラストレーター)
今回は、ちょっと奇妙で楽しいイラストで人気のイラストレーター、もりわきりえさん。うけとった人が絶対楽しい「手紙グッズ」をご紹介いただきました。
一筆箋
今は引退しましたが、私の父は以前大工さんでした。

家の物置には沢山の大工道具があり、私にとってはおもちゃ箱のように物置を漁っては道具を引っ張り出して遊んでいました。

ちなみに一番好きだった道具は、ボルトに合わせて大きさを調節できるモンキレンチというものです。子供の頃は何も分からず遊んでいましたが、大人になり色々調べているうちに「あー、こういう名前やったんやー」とか、「こうやって使うんか」など、いまだに改めて知る事が多いです。

手紙についてなのに道具の話が長くなりましたが…。

こんなにも無骨なのに人の温もりを感じることができる大工道具のアナログ感。

大好きな物をモチーフにした一筆箋です。
スライドカード
自分のイラストを使ってどう雑貨に落とし込めばいいものかとずっと悩んでいたので、あまり作ることもなかったのですが、お友だちのイラストレーターさんにイベントのお誘いを受け、その時に作ったのがこのスライドカードです。

何をどうしたものかと考えた結果、あったら面白いかなと思うような物を作りました。

髪の毛や帽子をクッルと回すと額からメッセージが出てくるという仕組みです。

めくるという行為が何が出てくるのか分からないドキドキワクワクに繋がって、もらった人が笑ったり時には感動したり、伝えたい言葉の後押しが出来るのではないかと思っています。

あと、単純に人の額に文字が書いていると面白いかなと思いました。

もしかするとキン肉マンを見て育った影響かもしれないです。。。
ミニ封筒・おたよりばさみ
子供が幼稚園に行き始めると世界がグッと広がりますが、それと同時に親同士の世界も広がります。

何かの貸し借り、贈りものやお礼などが増え、それに添えたいちょっとした気持ちにと思い作ったものがミニ封筒。

クラフトファイルのおたよりばさみは、子供が幼稚園からのお便りを持って帰ってくる時に使っているバインダーが羨ましくて作りました。

これを作ってからは、おたよりセットととして一筆箋やカード類を挟みいつも持ち歩いています。
「手紙」について思うこと
電話なら声で相手の様子がわかりますが、手紙なら文字で相手の様子がわかるものだと思います。

身近な人なら字を見るとジワっと嬉しい気持ちになります。

普段会う機会が滅多にない方とのやりとりでも字を見ると、流れるような綺麗な字、力強い字など、どういう人なのかを想像したりします。

クセ字などは特に人柄が文字に出ると思うので見ていると、少しだけその人を知れた気になってこれもまた嬉しい気持ちになります。新しい発見をしたような気分です。

そう考えると自分の字は年々フニャフニャしてきているので、私自身もフニャフニャしてきているのではと考えると…、 やはりフニャフニャしてきています。。。

でも綺麗な字も力強い字もラフな字も、どんな字でも温かみがあるのには違いありません。

自分の字で手紙を書く事は、話し下手な私にとっては自分の気持ちを素直に伝えれる 一番良い方法かもしれません。
profile
もりわき りえさん
大阪府在住。一児の母。なんてことのない日常のおもしろい部分や、気になることを拾い集めて描いています。見てもらえる方々に楽しさが伝わればと思いながら日々制作。
https://moriwakirie.jimdo.com
このレターセットはここで買えます。
大阪、北堀江のアートショップ&ギャラリー
『ART HOUSE』
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-12-16
TEL:06-4390-5151
OPEN:11:00-19:30 定休日:火・水曜日
http://www.art-house.info/

■関西のクリエイターが綴る手紙コラム『手紙の小箱』 記事一覧




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME