HOME  Book一覧 前のページへ戻る

よみがえる与謝野晶子の源氏物語(神野藤昭夫)

地道でありながらも情熱に満ちた探究

よみがえる与謝野晶子の源氏物語
神野藤 昭夫 (著)
著者の神野藤(かんのとう)昭夫氏は、日本古典文学の研究者です。2001年に刊行された『与謝野晶子の新訳源氏物語』(角川書店)の解説を執筆したことをきっかけに、晶子による源氏物語の訳業にまつわる謎を探求してきました。その集大成が本書です。

本書は、これまで書いた学術論文をたんに集めて並べたのではなく、多くの広汎な読者に読んでもらうことを願って、新たに書き下ろしたものです。そのため、無駄な重複がなく、かつ、一般の読者にもわかるように丁寧な説明がほどこされ、たいへん読みやすい本になっています。図版や資料もたっぷりある500ページ近い大部の著作ですが一気に読んでしまいました。

さて、本書の主人公、与謝野晶子(1878-1942)は、明治から昭和にかけて活躍した日本を代表する歌人です。はじめての歌集『みだれ髪』は、情熱的で官能的な新しい詩歌の世界を切りひらいたと言われます。晶子は生涯に2万首とも5万首ともいわれる数の歌を詠みましたが、同時に社会にむかって発信批評する社会思想家であり教育者でもありました。

晶子は、夫鉄幹との間に13人の子を出産し(ただし一人は死産、一人は夭折)、家事育児をしながら膨大な量の仕事を猛スピードでこなします。生涯に数種類発表した『源氏物語』の現代語訳も、生活費や夫の渡欧費を稼ぐためという意図もありました。

もちろん、晶子の『源氏物語』へのかかわりは、たんに生活の糧のためだったわけではありません。晶子は11歳ごろから古典文学に親しみ、女学校を卒業後は家業の和菓子屋を手伝いながら古典を読み込んできました。注釈付きの本に頼らず、原文を繰り返し読むことで自らのものとしていったようです。

晶子の『源氏物語』の講義を受けた山川菊枝によると、「話の内容たるや自信満々」で、「日本で源氏のわかるのは私ひとりといわぬばかりの口ぶり」だったそうです。その後執筆を始めた『新訳源氏物語』は「原著の精神を我物として訳者の自由訳を敢てした」大胆なものでした。

晶子は、『新訳源氏物語』と並行して『源氏物語講義』を執筆していました。これは夫妻の文学仲間で実業家の小林政治(まさはる)氏が与謝野家の窮状を救うべく依頼したもので、『新訳』とは異なり、原文を逐語的に解釈していくものであったようです。鉄幹を追っての渡欧をはさんで10年以上書き続けましたが、その原稿は大正 12(1923)年 9 月 1 日、関東大震災による火災で焼けてしまいました。

しかしながら晶子は、昭和8(1933)年ごろから、源氏物語の新新訳に着手します。森鴎外や上田敏が序文を寄せた『新訳』に満足しておらず、焼失した『講義』の原稿料を払ってくれていた小林氏と再び現代語訳を世に出そうと、6年ほどを費やし、昭和14(1939)年、遂に完成させたのでした。

神野藤氏は、このような晶子の生涯をかけた『源氏物語』の訳出の過程におけるさまざまな謎をつぶさに検討していきます。たとえば、焼失した幻の『源氏物語講義』がどのようなものであったかを奇跡的に一枚だけ残っていた自筆原稿から推測したり、『新訳』の訳出の分量が後半になるほど逐語的になっていく理由を推量したりします。

また神野藤氏は、パリを訪れて、鉄幹と晶子が滞在した下宿先を特定したり、パリでの日々の生活が晶子にもたらした変化を考察したりします。さらに、何種類も存在する『源氏物語』のうち、晶子が参照していたものはどの版元のものであったかを検討します。

そのように、晶子の訳業を訪ねる旅に出ては、また時をおいてその続きの旅に出て、その時々の感興を読者と共有するように書かれた本書は、「読者とともに歩く謎解きの推理小説」のようになっています。晶子の『源氏物語』への深い思いと、それに惹かれた著者の地道でありながらも情熱に満ちた探究にすっかり魅了されました。

なお、晶子の出身地、大阪府堺市のさかい利晶の杜では、5月20日から6月11日まで、 関東大震災100年の企画として「災害をのりこえる晶子の意志」展を開催されます。こちらも併せていかがでしょう。
よみがえる与謝野晶子の源氏物語
神野藤 昭夫 (著)
花鳥社 (2022)
〈近代初の現代語訳〉誕生の裏側。『新訳源氏物語』と『新新訳源氏物語』――晶子の生涯を貫いた「源氏」に賭ける情熱の軌跡! 翻訳はどのようにして完成したのか。新資料の数々をもとに訳業の具体像を明らかにする。 出典:amazon
profile
橋本 信子
大阪経済大学経営学部准教授

同志社大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程単位取得退学。専門は政治学、ロシア東欧地域研究。2003年から初年次教育、アカデミック・ライティング、読書指導のプログラム開発にも従事。共著に『アカデミック・ライティングの基礎』(晃洋書房 2017年)。
BLOG:http://chekosan.exblog.jp/
Facebook:nobuko.hashimoto.566
⇒関西ウーマンインタビュー(アカデミック編)記事はこちら

OtherBook

信子先生のおすすめの一冊

関西で新しい世界を切り拓いていった女…

負けんとき ヴォーリズ満喜子の種まく日々(玉岡かおる)

信子先生のおすすめの一冊

まさに日本版サードプレイス

東京近江寮食堂(渡辺淳子)

信子先生のおすすめの一冊

今の日本はあまりに母親だけに育児の責…

保育園義務教育化(古市憲寿)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
絵本専門士 谷津いくこの
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME