HOME  Book一覧 前のページへ戻る

荒木飛呂彦の漫画術(荒木飛呂彦)

漫画に限らず、もっと普遍的なハウツー

荒木飛呂彦の漫画術
荒木飛呂彦(著)
人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の作者である荒木飛呂彦さんが、「王道漫画の描き方」を伝授する新書です。

私は2年前まで、「ジョジョ」については書名を知っている程度でした。学生や子どもたちが絶賛しているのを聞いても、「ふ~ん」でした。

ところが2017年に大阪で開催された美術展「ルーブルNo.9」展に出品されていた荒木さんの絵を見てから、にわかに興味をもつようになりました。

「ルーブルNo.9」というのは、フランスのルーブル美術館が第9番目の芸術と位置づけている漫画のことを指します。荒木さんは、ルーブル美術館から依頼され、同館を舞台としたオリジナル漫画を創作するプロジェクトに参加していたのです。

その美術展で、私は、荒木さんの絵のもつ色彩の鮮やかさ、西洋美術を取り込んでいるという「ポージング」の面白さを知りました。

先日、代表作「ジョジョ」連載30周年(2017年)を記念した原画展にも行ってきました。

たくさんの原画、ジョジョの世界をイメージした彫刻や映像の展示も面白かったのですが、それとは別に私が興味をひかれたのは、キャラクター設定のための「身上調査書」や、荒木さんが影響を受けた西洋絵画や彫刻と荒木作品との比較など、「ジョジョ」がどのように生み出されるのかを解説したコーナーでした。

そこで荒木さんが書かれている新書を数冊買ってさっそく読んでみたところ、本書には、ご本人が書かれているとおり、「漫画に限らず、もっと普遍的なハウツー」がちりばめられていて、ガシッとハートを掴まれてしまいました。

「ジョジョ」は『少年ジャンプ』連載作品のなかでは「異端」であると言われるそうです。しかし荒木さんによれば、「ジョジョ」は少年漫画のヒット作を研究して見出した鉄則に沿って描かれているのだそうです。

編集者に、そして読者にページをめくってもらうために、作品の冒頭では何を表現すべきか、どのような展開でなければならないかを、先行するヒット作から読み取った法則を反映させているといいます。

「独特」「個性的」と評される荒木さんですが、まずは先人に学び、その黄金の法則を守りつつ、独自性を発揮させているのです。

そして人まねではなく、あくまで自分が描きたい世界観、テーマを追求することが大事だと荒木さんはいいます。そしてそのテーマは自分の人生に沿っていることが重要だと説きます。

「自分が興味を持っていて、自分の心の深いところや人生に関わるものであれば、それが仮に暗いテーマで売れそうにないと思えたとしても、やはりそれを描こうと決意すべきだ」という言葉は心にドオオオオンと響きました。

「たいして興味がないのに世間に合わせて」売れそうなテーマを取り上げても、「頭脳で考えることに疲れや限界が出てくる」漫画家を実際に見聞きしてきたそうです。

事前に徹底的なリサーチをすることも大事です。物体の構造、作品の舞台にする時代の風景や風物、資料からだけではわからないその土地の空気や距離感などは現地取材で確かめます。

インターネットでさまざまな情報が得られるようになりましたが、やはり自分の目で見ないとわからないこともたくさんあるからです。

常に何かに興味を持ち、周囲の出来事に素直に反応できるアンテナを持ち続ければ、「アイディアが尽きる」ということはないはずだといいます。「自分の興味」を限定して、そこから外れたものを無視するという“自惚れ”は絶対にNGだという言葉も肝に銘じたいものです。

荒木さんはアイディアを生むための習慣として、「おもしろいな」と思ったことをノートに書き留めているそうです。その内容は大きく3つに分かれるとのこと。

①自分がよいと思ったこと。加えて、どんなところがよかったのか、なぜそう思ったのかの分析。

②自分とは違う意見や疑問に思う出来事、また理解できない人。「なぜ、この人はそんな風に思うんだろう?」「どうして、こんなことが起こるんだろう?」「その意見を聞いて、自分はどう思ったのか」などと分析することで、自分にはない視点を学ぶことができるとのこと。

③怖い出来事や笑える出来事、トラウマになりそうな出来事。これらも、なぜそう思ったのか理由を考えることでアイディアにつながっていくとのことです。


これらは漫画の描き方にとどまらず、あらゆる創作や仕事に通じることではないでしょうか。

自分の関心事を追究しながらも、食わず嫌いをしないでアンテナを張って、新しいことやものを生み出していきたいと思った年頭でした。
荒木飛呂彦の漫画術
荒木飛呂彦(著)
集英社新書(2015)
全く人気が衰えることなく長期連載が続く『ジョジョの奇妙な冒険』の作者、荒木飛呂彦。絵を描く際に必要な「美の黄金比」やキャラクター造型に必須の「身上調査書」、ヘミングウェイに学んだストーリー作りなど、具体的な方法論からその漫画術を明らかに!本書は、現役の漫画家である著者が自ら手の内を明かす、最初で最後の本である。 出典:amazon
profile
橋本 信子
流通科学大学 商学部 特任准教授

同志社大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程を出て、2003年同志社大学にて嘱託講師、2011年から大阪商業大学、2015年4月から流通科学大学で初年次教育の専任教員として勤務。研究分野はロシア東欧地域研究
BLOG:http://chekosan.exblog.jp/
Facebook:nobuko.hashimoto.566
⇒関西ウーマンインタビュー(アカデミック編)記事はこちら

OtherBook

信子先生のおすすめの一冊

困りごとを解決しようと思ったときにヒ…

仕掛学(松村真宏)

信子先生のおすすめの一冊

”ヘンな”論文を、面白おかしく紹介で…

ヘンな論文(サンキュータツオ)

信子先生のおすすめの一冊

「もの」の伝える力、放つ力は大きい

かばん(セルゲイ・ドヴラートフ)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME