HOME  Book一覧 前のページへ戻る

強運の持ち主(瀬尾まいこ)

強運の持ち主
瀬尾 まいこ(著)
出版社:文藝春秋(2009)【内容情報】(「BOOK」データベースより)元OLが営業の仕事で鍛えた話術を活かし、ルイーズ吉田という名前の占い師に転身。ショッピングセンターの片隅で、悩みを抱える人の背中を押す。父と母のどちらを選ぶべき?という小学生男子や、占いが何度外れても訪れる女子高生、物事のおしまいが見えるという青年…。じんわり優しく温かい著者の世界が詰まった一冊。(出典:amazon
大学時代、私は部活(箏曲部)の合宿には
必ずトランプを持って行っていました。
夜遅くなると、楽器の音が近所迷惑になるため、
練習をすることができなくなるのです。
その時間帯にトランプを持ち出して、何をしていたか?
それは「占い」です。

私の母は霊感が強くて、どなたかの訃報を受ける前に
ボソッと予言をしたりしていました。
また、トランプで一人占いをしていることがあり、
それを幼い頃から見ているうちに、門前の小僧よろしく
私も、トランプで占いができるようになっていたのです。

部活合宿での占いですから、相手は同じ学生。
もちろんお金をいただくプロとしての占いではありません。
でも、毎回真剣に占いました。
自分で言うのもなんですが、結構当たると好評でだったのです。
今思うと、学生の悩みなんて他愛のないものばかりだから
占うことができたのかもしれませんけど。

さて、瀬尾まいこ『強運の持ち主』。

***
主人公 吉田幸子の職業は占い師。
ショッピングモールの一角を間借りして占いをしている。
特に占いに興味があったわけではなく、
「未経験者大歓迎。時給千二百円」の広告につられたのだ。
応募して1日目は研修。
2日目には助手として先輩占い師を手伝い、
驚いたことにその翌日からは、占い師として働き始めた。
名前も吉田幸子ではなく、
なにやらミステリアスなルイーズ吉田に変えて。

ルイーズは、最初のうちこそ占いの本を何冊も読み、
参考にしながら真面目に占っていたが、
慣れるに従って、直感で占うようになってきた。
分厚い本を基にして、あれこれ計算するよりも、
相手の話し方や容姿を見て判断したほうがよっぽど当たるのだ。

占いの師匠によれば、
良い占い師というのは、適当なことを話して、
相手の背中を押してあげられる人なのだそう。
だとすればルイーズは立派な占い師と言える。

そんなルイーズのところに、さまざまな人が占いを受けに来る。
「父と母のどちらを選ぶべき?」という小学生の男の子。
「ある人を自分のほうに向かせたい」という女子高校生。
ものごとの終わりが見えてしまう、という青年。
ルイーズはそれぞれの背中を押してあげられるのか?
***

途中まで読んで、
「なにこれ?!こんな占いで良いんだったら、
私もそのショッピングモールに出店したいわ!」
と憤慨しましたワ。
いとこの朝ちゃんがプロの占い師 なので、
お金をいただいて占うことの大変さがわかるだけに、
ルイーズのゆるさ、良い加減さに腹が立って。
でも徐々に、この小説の主眼はそこではないとわかり、
あとは私ものんびり、おおらかに読ませてもらいました。
夫婦や家族の温かさが味わえる小説でした。

ちなみに、私のトランプ占いですが、
あることがきっかけで封印しました。
就職したあとだったと思います。
私が持っているトランプを遊びに貸して欲しいと言われ、
断れずに貸してしまったのです。
そうしたら、なにを占っても全く当たらなくなりました。
占い用のトランプを遊びに使ってはいけなかったのになぁ、と
後悔したけど後の祭り。
以来、しっくりするトランプと出会えず、今に至ります。

『強運の持ち主』を読んで、
もう一度占い用のトランプを探しに行きたくなりました。

池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、
ナレーション、アナウンス、 そしてライターと、
さまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BLOG ⇒PROページ

著書:パーソナリティ千波留の読書ダイアリー
ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。
だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。

「千波留の本棚」50冊を機に出版された千波留さんの本。
『私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。』購入サイトはこちらAmazonでも購入できます


OtherBook

千波留の本棚

大事なのは向き合う二人。他人の価値観…

うっかり結婚生活(池田暁子)

千波留の本棚

ひょっとして本当にこんなことがあるの…

螻蛄(黒川博行)

千波留の本棚

命は大事。そんな言葉では伝わらないの…

このあとどうしちゃおう(ヨシタケシンスケ)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME