HOME  Book一覧 前のページへ戻る

歩道橋の魔術師(呉明益)

歩道橋の魔術師
呉明益(著)
出版社:白水社(2015)【内容情報】1979年、台北。物売りが立つ歩道橋には、子供たちに不思議なマジックを披露する「魔術師」がいた――。今はなき「中華商場」と人々のささやかなエピソードを紡ぐ、ノスタルジックな連作短篇集。(出典:amazon
私は子供の頃から本が好きでした。

でも、白水社という出版社を知ったのは大学に入った年。
フランス語の教材が白水社出版で「へぇ、こんな出版社があったんだ」と
思ったことを覚えています。

白水社は哲学や歴史、語学など専門書を中心とした出版社です。
その白水社が「独創的な世界の文学を厳選して贈るシリーズ」と位置付けている
エクス・リブリス。
呉明益『歩道橋の魔術師』はエクス・リブリスのうちの一冊です。

***
舞台は1980年代初頭の台湾・台北に実在していた商業施設「中華商場」。
それぞれ「忠」「孝」「仁」「愛」「信」「義」「和」「平」と名付けられた
8棟のビルは歩道橋で繋がっていた。
商場ビル内で商いをしている人たちや、さまざまな物売りが、
その歩道橋に露店を出していた。
アイスクリーム、金魚や亀、焼餅などなど。
その中にいた一人の魔術師は、商場の子どもたち一人一人に
忘れがたい印象を残していた。
靴屋の息子、鍵屋の息子、仕立屋の息子、眼鏡屋の娘…
それぞれが商場で成長するうち、何かを失った。
そしてその思い出の中に、佇む魔術師。
***

10の短編からなる『歩道橋の魔術師』。
一見、ある人物が主人公のように見えますが、
商場の子どもたちの回想や、現在の姿から、
だんだん浮き上がってくるのは誰か一人の姿ではなく
1980年代の中華商場全体の雰囲気です。
魔術師はその象徴なのかもしれません。

台湾の話なのに、どこか昭和の日本にイメージが重なり、
昭和世代の人間には、懐かしさすら感じるのではないかと思います。

私はずっと、大阪・梅田の、阪急百貨店、阪神百貨店、JR大阪駅を結ぶ
大きな歩道橋を思い浮かべながら読んでいました。
今でこそ、すっきりとしていますが、
昭和40年代、あの歩道橋にはシートやゴザを敷いた露天商がいました。
それに混じって、傷病軍人のかたも。
脚や腕に包帯を巻き、色あせた軍服姿で座り込むその人たちに、
母親からいくばくかのお金を託されて持って行った時の、
なんとも言えない怖れと胸の痛み。

中華商場の歩道橋の描写から、
これまで忘れていた感情が蘇りました。

また、子どもが成長し大人になる過程は、
人種や国に関わらず同じなのかも知れません。
自分の子ども時代を思い出して、甘酸っぱい思いがするのも、
懐かしさの原因かも。
しかも同じアジア、日本統治下の台湾が舞台なのですから、
ノスタルジックなのもうなづけます。

著者 呉名益さんはもしかしたら村上春樹ファンなのでしょうか。
文章のあちこちに村上春樹的なものを感じました。

白水社の「エクス・リブリス」に選ばれたのもわかる気がする
『歩道橋の魔術師』。
昭和世代の人が読んだらきっと、
その人にとっての「歩道橋」が見えてくることでしょう。

池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、
ナレーション、アナウンス、 そしてライターと、
さまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BLOG ⇒PROページ

著書:パーソナリティ千波留の読書ダイアリー
ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。
だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。

「千波留の本棚」50冊を機に出版された千波留さんの本。
『私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。』購入サイトはこちらAmazonでも購入できます


OtherBook

千波留の本棚

誰もが支え合い生きている

しあわせのパン( 三島有紀子)

千波留の本棚

酒で破滅に向かった亡き妻との愛憎を赤…

グッバイ艶(南川泰三)

千波留の本棚

これだったら私も全部食べられた……か…

芦屋の給食(兵庫県芦屋市教育委員会)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME