HOME コラム 前のページへ戻る

小森 利絵
フリーライター えんを描く

おてがみじかん ライフスタイル 2023-11-15
ひろこちゃんと私のお手紙のやりとり~7通目~

40年生きてきて、そのうち約33年間、ほぼお手紙だけでやりとりしている友だちがいます。幼稚園時代からの幼なじみで、私自身が意識した「はじめての友だち」の、ひろこちゃんです。

改めて考えると、私の人生にお手紙が欠かさずあったのは、ひろこちゃんのおかげかもしれません。ひろこちゃんとの積み重ねがあったから、今もなお、お手紙をコミュニケーションツールの1つとして持ち続け、さまざまな方々と日常の中で楽しむことができているんだと思ったんです。

そんなことを考える中で、ふと不思議に思ったことがあります。

ひろこちゃんとは、どうしてお手紙だけでやりとりしているんだろう。お手紙のやりとりだけなのに、どうして今もこうしてちゃんとつながることができているんだろう。

そこで、ひろこちゃんと「お手紙」をテーマにいろいろなことを話してみたいと思いました。もちろん、お手紙で、です。ひろこちゃんと私のお手紙のやりとりを連載しています。

7通目は「私からひろこちゃんへ」です(お手紙は2023年1月31日[火]に送りました)。
ひろこちゃんへ

こんにちは! ひろこちゃんからお手紙をもらってから、このお手紙を書くまでの間に…年賀状でやりとりしたり、ひろこちゃんが受験生の娘のためにお守りを贈ってくれたり、そしてひろこちゃんのお誕生日! 今年もお祝いできて嬉しかったです。

ちょうど、あの時期は、寒波で寒い日が続いていたよね。めったに雪が降らないこちらでも粉雪が舞う時間が、数日に渡ってありました。ひろこちゃんのところはどうだったかな?


ひろこちゃんからのお手紙。英語や数字、くすんだ色合い、布地のシール…その組み合わせ、貼り方が絶妙で! ビターな、かっこいい感じで、素敵だった~~~
ひろこちゃんと私のやりとりが、お手紙メインである理由について、「すぐに繋がる連絡手段ではない、ワクワクするお手紙が良かったから!」と教えてくれて、ありがとう。私のことを特別と思ってくれて、ありがとう! 嬉しかったし、私も同じ気持ちです。

ひろこちゃんが書いてくれていたけど、お手紙でのやりとりは時間がかかるけど、その分、大事にできること、伝えられるものがあって。やっぱり、いいなぁって改めて思ったよ。

ひろこちゃんの想いを聞かせてくれてありがとね!
一方で、お手紙だけのやりとりで、ここはもどかしいなぁとか、嫌だなぁとか、かなしかったなぁ、つらかったなぁ、もっとこうだったらなぁと感じること、感じたことはあるかな? 物事は多面的だから、いいところもあれば、「なんだかなー」と思うところもあるかなぁと思って、聞いてみました。

私はいろいろ考えてみたんだけど…しいて挙げるなら、実際に会って話した時点から止まったままになっている部分が多いということかな。なんというか、実は今のひろこちゃんのことを知らないかもしれないなぁって、断片的なことしか知らないかもなぁって。
その点、電話やLINEだったら、近況とか、最近どんなことをしているのかとか、瞬間的なやりとりの中で話せることがあったかもしれないけど。お手紙では改めて聞く機会がなかったかなぁって。

でも、こうして考えてみると、ひろこちゃんと私のお手紙のやりとりって「近況などの情報交換、情報更新」ではなくて、本当に積み重ねだよね。この積み重ね、つながっているということが大事なんだと思ったよ。じっくりとした近況はまた会った時に話せばいいから。

お手紙は、会えない時間をつないでくれる、やりとり。何度も言っちゃうけど、それが大事なんだと思ったよ。
ご縁があって出会ってつながっても、いつのまにか会わなくなって、連絡もとらなくなって、「元気にしているかな?」と思い出すことはあっても、連絡先がわからなくなっているから連絡することができなくなっていて…という人もいるから。そうではなくて、こうしてやりとりできているということは、確かにつながっているんだよね。つながっている!

書きながら、その大事さを、改めて感じたよ! やりとりそのもの、こうしてつながっていられることが、いとおしいなぁって。
ひろこちゃんもお手紙に書いてくれていたよね。「これからも慈しみながら、穏やかなやり取りをお手紙で繋ぎたい」って。うん、そう思うよ。

ひろこちゃん、ありがとう。

結局、お手紙のいいなぁと思う話になっちゃったけど。ひろこちゃんは、お手紙だけのやりとりで、ここはもどかしいなぁとか、嫌だったなぁとか、かなしかったなぁ、つらかったなぁ、もっとこうだったらなぁと感じること、感じたことはあるかな? それは、どんなことかな?

思い浮かんだこと、何でもいいから、教えてね。

2023年1月31日
小森利絵
profile
レターセットや絵葉書、季節の切手を見つけるたび、「誰に書こうかな?」「あの人は元気にしているかな?」などアレコレ想像してはトキメク…自称・お手紙オトメです。「お手紙がある暮らし」について書き綴ります。
小森 利絵
フリーライター
お手紙イベント『おてがみぃと』主宰

編集プロダクションや広告代理店などで、編集・ライティングの経験を積む。現在はフリーライターとして、人物インタビューをメインに活動。読者のココロに届く原稿作成、取材相手にとってもご自身を見つめ直す機会になるようなインタビューを心がけている。
HP:『えんを描く』
 
『おてがみぃと』
『関西ウーマン』とのコラボ企画で、一緒にお手紙を書く会『おてがみぃと』を2ヵ月に1度開催しています。開催告知は『関西ウーマン』をはじめ、Facebookページで行なっています。『おてがみぃと』FBページ

お手紙とわたし~春瀬ゆうなさん編④~ ライフスタイル 小森 利絵フリーライター
ひろこちゃんと私のお手紙のやりとり~7通目~ ライフスタイル 小森 利絵フリーライター
お手紙とわたし~春瀬ゆうなさん編③~ ライフスタイル 小森 利絵フリーライター
おすすめのコラム
織る ライフスタイル バックスター ルミバイリンガルライフコーチ
テート美術館展 光 ライフスタイル バックスター ルミバイリンガルライフコーチ
君の名は ライフスタイル 岡田 真結子フラワーデザイナー/バーテンダー
コラムのジャンル一覧