HOME  前のページへ戻る

ガードナー 瑞穂 英会話講師エージェント 英会話アルテミス
アメリカ人の夫と今年で国際結婚生活11年目。2児の母。フロリダ ディズニーワールドにて勤務4年。日本へ帰国後、生まれ育った関西北摂地域で英会話講師のエージェントの仕事の傍らイラストレーターとして活動中。母として、働く女性として、アーティストとして3つの視線から書き綴る心のコラム。
いつも心に太陽を ライフスタイル 2017-04-19
天使
今までの人生を思い返した時に、わたしがピンチの時に天使のように助けてくれた人という人が何人もいることに気がつきます。

そういう風にすれ違っていった天使のような人たちのことを考えていると、あれは本当に人間だったのか?いや本当の天使だったのではあるまいか?本当に起きたことではないような不思議な感覚にとらわれます。

最近もそんなことがありました。私の住んでいるマンションで火事が起きた日のことでした。

平日のお昼前の時間帯で、夫はパソコンに向かい書き物をしていて、子供達はゴロンと寝そべってTVを観ていて、私は洗濯を干し終わり、家族全員パジャマのままの姿だったので、そろそろ子供達から着替えを始めようかと思ったちょうどそんな時。

夫が「うちのマンションが火事だと思う!外にたくさんの消防車がいる!煙に囲まれている。どうしよう!」と部屋から顔色を変えて飛び出して来ました。

「どうしようって逃げるしかないでしょう!」と言って、とにかく子供達を小脇に抱え、携帯をポケットに入れ、財布の入ったバックを斜めがけして、パジャマのまま家族4人家から外に飛び出しました。

外では同じマンションに住んでいる人たちが、私たちと同じように、黒い煙が勢いよく生まれ出る部屋の方向を不安な顔で見つめていました。何分ほど立っていたのか全く覚えていないのですが、少なくとも30分は立っていたと思います。

息子が心配そうな私の顔を、何とか笑顔にしょうと、私の顔の前でおかしな顔をして見ては、ねえママ笑って!ねえママ笑って!とずっと話しかけてくれていましたが、それに笑顔で答える余裕はその時の私にはなかったことを覚えています。今から考えると、私の顔も体も、恐怖とショックで硬直していたのかもしれません。

そんな時、「こんなところで立って待っているより、うちの家にきませんか?」と、初めて会う、先月隣のマンションにオーストラリアから越してきたという男性と、その子供達に笑顔で声をかけてもらいました。

突然そんなご招待を受け、躊躇している私たちに、「引っ越してきたてで、家の中は箱だらけだしひっくり返っているけど、駐車場で煙の中突っ立っているよりは、僕の家の方がまだましだと思うんだけど」とユーモア混じりに言っていただき、子供達も怖がってきていたし、パジャマのまま家族で行けるところもないし、その親切なお言葉に甘え、その方にお家で火事が収まるのを待つことにしました。

子供達はおうちに入るやいなやすぐに仲良くなり、火事なんかそっちのけで追いかけ周り遊び始めました。結局この方の家で、お茶やお菓子やお昼ご飯までご馳走になり、数時間かかりやっと火が完全に消え、家の中に入る許可が出されるまで5時間ほどずっとお世話になりました。

私たちの住んでいる部屋の反対側の建物が火事になったったので、私たちの部屋には何も被害がなかったのですが、家が全焼された家族の方、他に被害に遭われたたくさんの方たちの色々な思いを考えると胸が痛みます。

火事の次の日、仲良くしている同じマンションのとても明るい女性が、火事以来ずっと震えがとまらないと話していました。私もあの日以来、火事の起こり逃げる夢ばかり見て目を覚ますようになりました。

こんなことが自分の身に起きて初めて、震災などで恐怖体験のトラウマに苦しんでいる方たちの心が理解でき、初めて共感できたように思います。

そしてあの日以来、今回出会った親切な男性のように、このような災害時に困っている人への親切心、そしてそれをすぐにアクションに起こすということが、もし自分が反対の立場であった時にできるだろうか?できただろうか?と自問自答せずにはいられなくなりました。

部屋が散らかってるし、初対面だし、とネガティブに行動に移さない理由はどんどん掘り出せます。それに納得して見て見ぬ振りをするのはとても簡単です。でも彼はとても当たり前のように親切の手を差し伸べてくれた。とてもスムーズにそしてとても自然に。

すごい人やなぁと、何度考えても彼の瞬発力のある寛大な優しさに感心してしまいます。自分が同じ行動ができたかといえば、やってあげたい気持ちはあれど、あんな風に自然に相手に気を使わせずにアプローチできる可能性は残念ながら低いように思います。

この日のことをきっかけに、私も天使のような行動を誰かに取れるようになろうと思いました。そして彼からいただいた天使のバトンを次の方に渡してゆこうと思います。
ガードナー 瑞穂
アメリカ人の夫と今年で国際結婚生活11年目。2児の母。 フロリダ ディズニーワールドにて勤務4年。 日本へ帰国後、生まれ育った関西北摂地域で、英会話講師のエージェントの仕事の傍ら、 イラストレーターとして活動しています。コラムに掲載しているイラストのサイトはこちら
英会話アルテミス
豊中と箕面のカフェで習うマンツーマン英会話。お洒落なカフェレッスン。レッスンは毎回払い。
HP:http://www.eikaiwa-artemis.com/

ガードナー 瑞穂  いつも心に太陽を  コラム一覧>>
ライフスタイル
たかか服されど服
ライフスタイル
天使
ライフスタイル
Like sunlight on water
おすすめのコラム
ライフスタイル
命を生かす
岡田 真結子
フラワーデザイナー/…
flower & b…
ライフスタイル
郵便で交換日記
小森 利絵
フリーライター
えんを描く
ライフスタイル
なるようになる
真箏 まこと
元祇園芸妓/JAZZ…
真箏の部屋
コラムのジャンル一覧

 


参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
お手紙で「私」と「あなた」とmeet!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
映画好きトークの会
『シネマカフェ』
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド





HOME