HOME  Book一覧 前のページへ戻る

四十歳、未婚出産(垣谷美雨)

あっという間に読了

四十歳、未婚出産
垣谷美雨(著)
転職、結婚、嫁姑問題、老後の備え…

人生の難問に取り組む女性を生き生き描く作家 垣谷美雨さん。

今回読んだのは、未婚のまま出産するかどうか悩む女性が主人公の小説です。

しかもその女性は四十歳。初めての妊娠ですって。

どんな事情なのか、知りたくないですか?
宮村優子、今年の冬で四十歳になる。

大卒で都内の旅行代理店に就職し、国内外の旅行パックを企画してきた。当たった企画もいくつかあり、会社からある程度評価されているし、部下もいる。気がつけば17年間働いて来たことになる。20代の頃に不倫にはまり、婚期を逸してしまった。今恋人はいないし、この先いい人が現れる予感もない。

そんな優子が妊娠してしまった。心当たりは一つしかない。海外旅行の下見で行った南の国で、ふとした出来こごろというか、成り行きの結果だ。

お腹の子どもの父親は「おめでた婚」に持ち込める相手ではない。結婚どころか「あなたの子どもよ」と言える気もしない。だったら堕すべきなのだろうか。しかしこの機会を逃したら、おそらく一生子どもを産むチャンスはないだろう。未婚で出産して働き続けられるだろうか?悩んでいる間にもお腹の子どもは成長していく。
(垣谷美雨さん『四十歳、未婚出産』の出だしを私なりに紹介しました)
私は子どもに恵まれませんでした。

ですから、冒頭で優子の妊娠がわかったときに「産めるうちに産んだほうがいいよねぇ」と思いました。

もちろん、私は現在、夫との二人暮らしに満足していますが、もし子どもがいたなら、また別の喜びを得られたであろうことも想像できるからです。

しかし高齢出産で、いきなりのシングルマザーとなると、今後のことが心配になるのもわかります。結婚しても働き続けられるかどうかわかりません。

そしてもう一つの悩みは実家にどう知らせるか。

優子は三人兄弟の末っ子。姉も兄も結婚して東京に住んでおり、父が亡くなってから田舎の実家には母が一人暮らしをしているんですね。その田舎というのは、おそらく兵庫県の北部だと思うのですが、他人の家の事情があっという間に広がるような昔ながらの「田舎」。

もし優子が未婚のまま出産なんてことになったら、もう田舎には帰れないことになるかも。

とにかく問題が山積み。

しかも問題の一つ一つが現実味に満ちているため、小説の中の出来事というよりも、実際に知っている人か、親戚の誰かの悩みのように思えてきて、先が気になって仕方がなくなり、半分徹夜で読み切りました。とてもじゃないけど、途中で読むのをやめられなかったのですよ。

問題を抱えているのが優子だけではないのも現実的。

人間生きていれば悩みがつきものであるように、子どもの受験や、国際結婚、不妊治療など、登場人物それぞれに悩みがあります。

読者として優子や周囲の人たちの人生を眺めながら、最後は笑いと元気をもらえる小説でした。こんな解決方法があるのか?!と。

男性がこの小説を読んだらどう感じるのかはわかりませんが、多分、女性ならほとんどの方が面白く読めるのではないかと思います。
四十歳、未婚出産
垣谷美雨(著)
幻冬舎文庫
四十歳目前での思わぬ妊娠に揺れる旅行代理店勤務の優子。これが子供を産む最初で最後のチャンスだけど…。お腹の子の父親であるイケメン部下、偏見のある田舎の母親、パワハラ上司、不妊治療に悩む同期、誰にも相談できない。シングルマザーでやっていけるのか?仕事は?悩む優子だったが、少しずつ味方が現れて気持ちは固まっていく。 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

江戸下町の生活ぶりが楽しい

うちの旦那が甘ちゃんで(神楽坂淳)

千波留の本棚

はぁ、耳が痛い

痩せない豚は幻想を捨てろ(テキーラ村上)

千波留の本棚

優しい人たちの物語

そのときは彼によろしく(市川拓司)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
絵本専門士 谷津いくこの
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME