HOME  Book一覧 前のページへ戻る

テツヤ85歳、孫の服を着てみたら思ったよりイケてた。(シルバーテツヤ )

テツヤさん永遠に

テツヤ85歳、孫の服を着てみたら思ったよりイケてた。
シルバー テツヤ(著)
図書館で本の表紙に一目惚れ、思わず借りて帰った本をご紹介します。

シルバーテツヤ/クドウナオヤの『テツヤ85歳、孫の服を着てみたら思ったよりイケてた。』。

ご高齢の男性が、なにやら不穏なファッションで佇んでいるこの表紙、気になって読まずにはいられなかったのです。

孫 クドウナオヤさんは、秋田県の海に面した小さな町出身。CMプランナーとして、東京で働いています。

ナオヤさんは洋服が大好き。

でも、もうすぐ30歳になるというときに、クローゼットの中の洋服の多さに自分でもびっくり。

着ない洋服は売ってしまおうと思い、段ボール箱に入れているときにふと、どうせ売るのなら、実家のおじいちゃんに着せてみようか、と思い立ちます。

段ボールを送りつけた後、帰省し、自分の洋服を着たおじいちゃんを二日がかりで撮影しました。

撮影場所は秋田の海、神社、学校、畑。

ちょっと尖った洋服に身を包んだおじいさんの写真は予想以上にイケていました。

ナオヤさんはその写真を、深く考えずにSNSにアップ。

すると、あっという間に世界的な反響を呼び、おじいちゃんであるシルバーテツヤは大いにバズったのでした。

その写真は、この本を手に取らなくても、「シルバーテツヤ」で検索していただけばご覧になれます。

一躍有名になったシルバーテツヤさんは、学校の先生でした。

しかもかなり頑固で信念を曲げない先生。

退職後も教育関係のお仕事を続け、愛のある厳しい指導をしておられました。

きっと、服装に関しても、色々と注意をしていたはず。

そんなテツヤ先生がシルバーテツヤになって、やんちゃな衣装に身を包んでいるのをご覧になったかつての教え子たちは再び先生に連絡をとり、昔話に大いに花を咲かせたそうですよ。

シルバーテツヤの姿に沸き立ったのはかつての教え子だけではありません。世界中からコメントが寄せられたそうです。

世界にはいろいろな国があります。

思想や信条はそれぞれ違うことでしょう。

でも「生老病死」はどの国にも共通していること。

「孫の服を着てみたら意外とイケていた」というシチュエーションは世界中で共感されることだったのでしょう。

インターネットは利用の仕方によっては負の一面もありますが、個人が世界に発信する手段を持っている、なんて素晴らしい時代なんだろうと思わずにはいられません。

この本は、SNSでの反響を受けてフォトブックとして作成されたもの。

掲載されている写真のほぼ全てSNSで見ることができます。

ところが、不思議なことなのですが、全く同じ写真なのに、スマートフォンやパソコンの画面上で見るのと、本の1ページとして見るのとでは印象が違います。

本で見る方がしみじみする、というのが私の感想。

やんちゃな服を着ていろいろな場所に佇むシルバーテツヤから、あなたはどんなメッセージを受け取るでしょうか。

ぜひご一読ください。

【追記】
「シルバーテツヤ」のInstagramを見返してみたら、一番最近の更新が、誰かの葬儀の写真でした。シルバーテツヤさんは2021年12月14日にお亡くなりになっていたのです。

Instagram:SLVR.TETSUYA シルバーテツヤ

この本が出版されたのは2020年の3月。一気に話題になったことで、音信が途絶えていたご友人、教え子さんたちからも反響があったり、全く知らないひとからのお声がけがあったりと、刺激的な晩年を過ごされたことになります。

そしてこのフォトブックやSNSで多くの人に共有された写真のおかげでシルバーテツヤさんは永遠に存在感を放つことになりました。

それが、お孫さんと一緒に起こしたムーブメントのおかげということを、シルバーテツヤさんは喜んでおられたのではないかしら。

シルバーテツヤさん、本当にイケてました!

今もイケています!!
テツヤ85歳、孫の服を着てみたら思ったよりイケてた。
シルバー テツヤ(著)
KADOKAWA
孫のハイファッション×田舎のおじいちゃんの化学反応。“エモ尊い”と話題の令和のヒップスター!一夜にして世界的ファッションアイコンになってしまった秋田の元教師の遅咲きすぎるシンデレラストーリー! 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

提供する側の人々の物語

最高のアフタヌーンティーの作り方(古内一絵)

千波留の本棚

その結果に満足できるのか

後悔病棟(垣谷美雨)

千波留の本棚

あの優しい言葉遣いで、人生で得た知恵…

あなただけの、咲き方で(八千草薫)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
絵本専門士 谷津いくこの
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME