HOME  Book一覧 前のページへ戻る

FACES いじめをこえて(NHK「FACES」プロジェクト)

いじめを受けている人たちにエールを

FACES
いじめをこえて
NHK「FACES」プロジェクト(著)
私がパーソナリティを担当している大阪府箕面市のコミュニティFMみのおエフエムの「デイライトタッキー」。その中の「図書館だより」では、箕面市立図書館の司書さんが選んだ本をご紹介しています。

今回ご紹介するのは、NHK「FACES」プロジェクトの『FACES いじめをこえて』。

この本は、過去にいじめで辛い思いをした人たちが、自分らしく生きていけるようになったきっかけを語り、今いじめを受けている人たちにエールを送る内容です。

元々はNHKと海外の放送機関が連携して、いじめを体験した人たちの体験談を2分間の動画にして配信していました。

2017年から2020年に放送した20人の語りを文字にしたのがこの本です。

いじめの内容や、それを乗り越えたきっかけなど、短くまとめられてはいるものの、アドバイスには重みがありました。

それぞれがいじめられるようになったきっかけは様々。

ただ、じっくり全体を読んでみると、いじめは「自分(自分たち)と違う」ことが原因で起きることが多いと感じました。

本当は一人として同じ人間はいないはずであり、違うことは悪いことではないはずなのに。

むしろ多様性を重んじることが、自分の可能性を広げることにもなると思います。

それを幼い頃から教えたほうがいいのかもしれません。

もう一つ共通していると感じたのは、いじめられている人はだんだん「自分が悪いからいじめられるのだ」と思い込んでしまいがちだということ。

この本で自身の体験を語っている人たちは皆、一旦はその穴に落ちてしまいますが、途中で気がつくのです。自分は悪くはない、と。

そしていじめられている場所に我慢してとどまり続ける必要はない、とも気がつきます。

その場から逃げること、学校や職場を辞めたって構わない、それは自分を守ることであって、なんら恥ずかしいことではないのです。

また、いじめから逃れるために自傷や、場合によっては死を考える人たちに対して、このようなアドバイスを語っている人がいました。
永遠ってないんですよ、嫌なことも、もちろんいいことも。

いつかは必ず終わる。つらいことがあれば逃げていけばいい、逃げた先でそれはきっとなくなっている。

楽しいことが見つかったなら、それがなくなるまで楽しみ倒せばいい。そしたら、いいことがまた降ってくる。

世界中に誰かひとりは、自分や自分の作品のことを認めてくれる人は必ずいます。その人に出会えるまではやめないで。

生きることも、何かを作ることも。
(『FACES いじめをこえて』 P94より引用)
今のつらさが永遠には続かないから絶望しないで。

そもそも今いる場所が辛いなら、逃げていいのだから。

もちろん周囲にSOSを言っていい。

そして何より、いじめている人間が刷り込んだ「自分には価値がない」という間違った思い込みを捨てよう。

体験者たちはみな、言葉は違えどそんな風にアドバイスしています。


最近、東京オリンピック開会式関連のニュースで多くの方が「いじめ」について改めて真剣に考えたのではないでしょうか。

この本を今日ご紹介することはもっと前から決まっていました。

このタイミングになったのは偶然ですが、今、いじめで苦しんでいる人にこの本が届くきっかけとなってくれれば。


なお、この本はいじめられる側に寄り添った本です。

しかし、いじめる側を放置しておいては解決にはなりません。

もし今 自分の不満解消のためや、面白半分で誰かをいじめている人がいるなら、伊坂幸太郎さんの小説『逆ソクラテス』を読んでみてください。

小説ですから架空の世界の話ではありますが、誰かをいじめることは自分の首を絞めるのと同じことだということがわかるでしょう。

『「いじめ」がなぜいけないのか、答えがここに 伊坂幸太郎『逆ソクラテス
FACES
いじめをこえて
NHK「FACES」プロジェクト(著)
KADOKAWA
いじめと向き合い、自分らしく生きる“きっかけ”を掴んだ人々の証言。世界中で大反響の動画配信サイト「FACES How I survived being bullied」(FACES Project/NHK)が待望の書籍化! 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

どんな人の中にも迷い揺れるカフカ的な…

カフカはなぜ自殺しなかったのか?(頭木弘樹)

千波留の本棚

人間の心に潜む「魔」の物語

許されようとは思いません(芦沢央)

千波留の本棚

新婚早々旦那さまがウツになってしまっ…

思ってたウツと違う!新型ウツ(池田暁子)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME