HOME  Book一覧 前のページへ戻る

1日10分のごほうび(赤川次郎 他)

読んでいる時間が「ごほうび」

1日10分のごほうび
NHK国際放送が選んだ日本の名作
赤川次郎 他(著)
「ごほうび」という言葉に惹かれて読みました。様々な作家さんの短編が収められた『1日10分のごほうび』。

NHK WORLD-JAPANでは、小説を世界17言語に訳して朗読する番組があるようです。

その中から、8人の作家による12作の短編を集めたのが『1日10分のごほうび』。

ストップウォッチ片手に読んでみると、一人の作家さんの作品を読み終えるのに、かかった時間がだいたい10分。

勢いに乗って1日で全員分読むもよし、毎日お一人ずつの作品を読むもよし。

さすがに選りすぐりだけあって、読んでいる時間が「ごほうび」だと感じられる作品ばかりでした。

まずは収められている作家さんと作品のタイトルをご紹介しましょう。(敬称略で失礼します)
『仕事始め』『便利な結婚』『代筆』赤川次郎
『晴れた空の下で』『南ヶ原団地A号棟』江國香織
『旅する本』角田光代
『海酒』『綿雲堂』田丸雅智
『妻が椎茸だったころ』中島京子
『誕生日の夜』原田マハ
『最後のお便り』森浩美
『みどりのゆび』吉本ばなな
(『1日10分のごほうび』目次から引用)
角田光代さんの『旅する本』は読んだことがありますが、それ以外は初めて読むものばかり。

トップバッターの赤川次郎さんの作品は軽いタッチでサラッと読めます。どれも明るい結末で、赤川次郎さんらしいなと思いました。

江國香織さんの『晴れた空の下で』は、ちょっと不器用そうなお爺さんと、そんなお爺さんを優しく見守るお婆さんのお話……

と思っていたら、ちょっと様子が違ってきて、最後はうっすら涙ぐんでしまいました。こんな短い文字数で、人生の終末を描き切る、作家さんってすごい。

田丸雅智さんの作品はどちらも、強いてジャンル分けするならファンタジーだと思います。

現実世界ではありえないようなものや出来事がごくごく自然に、生活の中に存在するかのように描かれていて、作家のイマジネーションと筆の力に感服。

吉本ばななさんの『みどりのゆび』。

植物を育てるのが上手な人を「みどりのゆび」または「グリーンハンド」と言います。

主人公の「私」が、大好きだったおばあちゃんは、植物を愛し、育てるのがとても上手だった。

そのおばあちゃんから「みどりのゆび」を受け継ぐことになった経緯が描かれています。

このお話は、ファンタジックではあるけれど、もしかしたら現実にこういうことがあるかも、いや、あって欲しいなぁと思う作品でした。

どなたの短編も、読み終わってからジワっと余韻がわく素晴らしい作品ばかり。

そんな中、私が最も自分のことのようにして読んだのは森浩美さんの『最後のお便り』です。
主人公は全国に系列局を持つキー局に入社して30年のベテラン アナウンサー。若い頃はニュースアナウンサーとして活躍、40歳代の時には深夜のニュース番組のメインキャスターを務めたことも。

しかしベテランになると、テレビからラジオに異動となり、現在は平日夜の1時間の生放送を担当している。

4年と7ヶ月続いたそのラジオ番組も今日で終わり。

期待されずに始まったものの、熱心なリスナーに支えられ今日まで続けてこられたこの番組。

感謝しつつ、最後の放送のため、スタジオ入りしようとした時に、胸ポケットのスマホが振動した。誰かが電話をかけてきているのだ……
(森浩美さん『最後のお便り』の出だしを私なりに紹介しました)
主人公が務めているのは大きなラジオ局です。

私が番組を持たせていただいているコミュニティFMとは規模が違います。

とはいえ、スタジオにいるときの気持ちや、リスナーさんに対する思いは共通のものがあり、すぐに感情移入することができました。

しかも、主人公の担当している番組『こころの焚き火』はリスナーさんから寄せられた心温まる「ちょっと良い話」の合間に、昭和のヒット曲をかけるのがコンセプト。

私が担当させていただいている、エフエムあまがさきの『昭和通二丁目ラジオ』そっくりではありませんか!

ということで『最後のお便り』を口にする主人公の気持ちがよくわかる気がして、他のどの作品より印象に残りました。

目先の変わった作品を短い時間で読み切れるアンソロジー。まとまった読書時間が持てない人にもお勧めします。

ところでこの作品集は第二弾なのですって。第一弾は『毎日10分のしあわせ』。これも読んでみなくては!
1日10分のごほうび
NHK国際放送が選んだ日本の名作
赤川次郎 他(著)
双葉文庫
NHK WORLD-JAPANのラジオ番組で、世界17言語に訳して朗読された小説のなかから、豪華作家陣の作品を収録。亡き妻のレシピ帳をもとに料理を始めた夫の胸に去来する想い。対照的な人生を過ごす女友達からの意外なプレゼント。ラジオ番組の最終日、ある人へ贈られた感謝のメッセージ…。小さな物語が私たちの日常にもたらす、至福のひととき。好評アンソロジー、シリーズ第二弾! 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

神は自ら助くる者を助く

大名倒産(浅田次郎)

千波留の本棚

まるで映画『アベンジャーズ』のよう

The SIX(井上夢人)

千波留の本棚

昭和の日常を描いている

いもうと物語(氷室冴子)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME