HOME  Book一覧 前のページへ戻る

新敬語「マジヤバイっす」(中村桃子 )

「マジっすか」が敬語ってマジっすか?! 

新敬語「マジヤバイっす」
社会言語学の視点から
中村 桃子(著)
私がパーソナリティを担当している大阪府箕面市のコミュニティFMみのおエフエムの「デイライトタッキー」。その中の「図書館だより」では、箕面市立図書館の司書さんが選んだ本をご紹介しています。

今回ご紹介するのは、中村桃子さんの『新敬語「マジヤバイっす」 社会言語学の視点から』

まずはタイトルがいかにも不審。

「マジヤバイっす」が新しい敬語?そんなことってアリっすか?!

「っす」は「です」を略したものであるから、それを敬語と呼ぶことに抵抗を感じつつ、読みました。

著者 中村桃子さんは関東学院大学の教授で、専攻は言語学。

お仕事がら若者言葉を日々お聞きになっているわけですが、1990年代になって男子学生たちが「〜っす」「〜っすね」という話し方をしだしたとおっしゃっています。

「っす」「っすね」は「です」「ですね」の略語。中村さんはこれを「ス体」と名付けられました。

中村さんの調べでは、最も古い「ス体」の出現は1954年(昭和29年)。

当時朝日新聞に連載されていた『サザエさん』で、左官屋さんが「仕事はすんだんすが(仕事は済んだのですが)」と言っています。

そういえばテレビで放送されている『サザエさん』でも三河屋に勤めているサブちゃんなんかがそんな話し方をしていたような気がします。

これは職人さんや御用聞きといった、職業人がお客様に向かってしゃべる「ス体」ですね。

では、学生(主に男子)は、誰に向かって「ス体」で話すかというと、主に先輩たちに対して。

運動部の学生が、先輩とすれ違うとき、「ウイーッス!」と大きな声で挨拶する、あのパターンです。

逆に先輩は後輩に対して「ウィーッス」とは言わないのだと、中村さんは指摘しておられ、それについて深く考えたことがない私は、なるほど、と思いました。

上の、職業人とお客様との関係でも、お客様がお店の人に「っす」とは言いませんから、「ス体」には敬意のニュアンスが含まれると考えても良いのかもしれません。

ではなぜ、敬意を表するのに、言葉を略すのか。

それには日本人らしい気配りがあるようです。

「慇懃無礼」という言葉があるように、あまりにも丁寧だと、逆に失礼な印象を与えるという考え方が一つ。

もう一つは丁寧な言葉づかいが、相手との間に壁を作るという考え方。

「いつまでたってもあの人は私に対して敬語を使う。私に親しみを持ってくれていないんだな」

そんな感情が生まれることは私も理解できます。

中村さんは、最近のテレビCMで「ス体」を使う場面が多くなっていることを指摘しておられます。

例えば、携帯電話の某キャリアのCMで、鬼に扮した菅田将暉さんが「あ、桃ちゃん(桃太郎)久しぶりッス」と言っていましたし、某カップ焼きそばのCMでは、賀来賢人さんが「こってりッス」と言っていますね。

イケメンがしゃべると「ス体」もなんだかおしゃれ。

おまけに、関西のガス会社のCMでは、好感度抜群の上戸彩さんが「さすがッス」と言っていて、もはや「ス体」は誰にも受け入れられるもののよう。

今後、普通の人の会話にもどんどん「ス体」が浸透していく予感がします。(私も、たまに「マジっすか!?」と口走ることあり)

うっすらとした敬意を入れつつ、相手との垣根を作らない、それが「ス体」。

だとしたら、これは新・敬語と認定しても構わない気がしてきました。

冒頭で「マジヤバイっす」が敬語だなんて、そんなことってアリっすか?と書きましたが、私の結論は「アリっす!」。

とは言え、実際のところは否定する人が多いよう。

それについて中村さんは、WEB掲示板に寄せられた投稿を実例として挙げておられます。

その内容は、敬語のつもりで上司に「マジやばいっす」と言ったら冷たい目で見られ気分が悪かった、というもの。

それに対する書込みの多くは「敬語のわけがない!」で、なかなか激しい口調のものも多く、プチ炎上の様相を呈していました。

言葉は時代によって変わるもの。

「ス体」は新敬語として生き残るのかどうか、興味深く見守りましょう。
新敬語「マジヤバイっす」
社会言語学の視点から
中村 桃子(著)
白澤社
「そうっすね」「マジっすか」など、ヤンキー、ガテン系、体育会系の若者ことばと言われる「っす」言葉。日常会話からメディアまで、この言葉の使われ方を分析し、その形成過程と変化していく社会的意味づけを探る。 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

運命の24時間に何があったのか

ヴァレンヌ逃亡(中野京子)

千波留の本棚

なぜ大阪で始まったのか、そこにどんな…

はじまりは大阪にあり!(井上理津子)

千波留の本棚

心のモヤモヤを晴らすにはお掃除が一番

殺人鬼の献立表 Team・HK(あさのあつこ)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME