HOME  Book一覧 前のページへ戻る

ママはかいぞく(カリーヌ・シュリュグ )

病と闘うママのお話

ママはかいぞく
カリーヌ・シュリュグ(著)
私がパーソナリティを担当している大阪府箕面市のコミュニティFMみのおエフエムの「デイライトタッキー」。その中の「図書館だより」では、箕面市立図書館の司書さんが選んだ本をご紹介しています。

今回ご紹介するのは、フランスの絵本『ママはかいぞく』
主人公の「ぼく」は4歳か5歳くらいの男の子。ママは「かいぞく」で、宝の島を探している。

ママが乗る船の名前は「カニなんてへっちゃら号」。木曜日の朝になると、ママは海に出て行ってしまい、パパとぼくはお留守番だ。

海から帰ってきたママは顔色が悪い。仲間と一緒に大きな海に立ち向かい、船酔いしたらしい……
(カリーヌ・シュリュグさん『ママはかいぞく』の出だしを私なりに紹介しました。)
このお話を文字通り受け取れば、海賊のママが、傷を受けながらも荒れ海に立ち向かい、最後に宝の島を見つけるお話と読むことができます。

でも「カニなんてへっちゃら号」なんて、海賊船にしては妙な名前です。

大人ならここで、気がつくと思います。

英語やフランス語のカニ「cancer」「crabe」が、病名でもあることを。

この絵本の作者カリーヌ・シュリュグさんには四人のお子さんがいます。

2016年の夏、カリーヌさんが乳がんを患った時、一番下のお子さんはまだ4歳半でした。

カリーヌさんは、まだ幼いからといって、お子さんを事実から遠ざけようとは思いませんでした。

とはいえ、それまでにあった「がん」について描かれた絵本は、深刻すぎるか、現実離れしたファンタスティックなものかの両極端。

そこで、カリーヌさんは医療チームや旦那様と話し合い、がん治療のいろいろな段階をきちんと説明しようと考えます。

そして、手術痕や、抗がん剤の副作用による吐き気、髪の毛が抜けることなどを、男の子が大好きな「海賊」のミッションになぞらえた絵本を作ったのでした。

一例を挙げると、頭髪が抜けた後、バンダナを巻くのは海賊のファッションである、といった具合に。

もしかしたら日本だったら、4歳半のお子さんには病気のことを説明しないかもしれません。

でも本当は、家族の大切なことを、理解できる形で教えてあげることは必要なことかもしれません。

男の子が好きなお話として作られた絵本ではありますが、実際に、病と闘い寛解を勝ち取ることは、海賊がいろいろな苦難を乗り越えた末に宝島を見つけることと似ているかもしれません。

芥川賞作家 又吉直樹さんはこの絵本を「親子で読みたい本」だとお勧めしておられるとか。私も全く同感です。
ママはかいぞく
カリーヌ・シュリュグ(著)
光文社
ぼくのママはかいぞくなんだ。ふねのなまえは“カニなんてへっちゃら”ごう。もうなんかげつもまえからママはたからのしまをめざして、かいぞくなかまとそのふねでたびをしている。たびからかえってくると、ママはいつもとてもつかれているみたい。 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

ハリネズミ乙女の悲喜こもごも

ハリネズミ乙女、はじめての恋(令丈ヒロ子)

千波留の本棚

そもそもこれは小説なんだろうか…風変…

注文の多い注文書 (小川洋子)

千波留の本棚

大変な作品を読んでしまった!

ボダ子(赤松利市)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME