HOME  Book一覧 前のページへ戻る

希望病棟(垣谷美雨)

不思議な聴診器

希望病棟
垣谷 美雨(著)
ハズレのない作家さん 垣谷美雨さんの『希望病棟』を読み終えました。黒田摩周湖という風変わりな名前の女医さんとその患者さんのお話です。
女医の黒田摩周湖は、幼い頃から成績優秀だったが、コミュニケーション能力に問題があるのか、いつも「冷たい」「ひどいことを言う」「失礼だ」などと周囲から責められている。

この度も二人の末期がん患者を担当することになり、顔を合わせたところ、自覚せずに、医師として言ってはいけないことを言ってしまったようだ。

そんな時に、摩周湖は病院の中庭で、不思議な聴診器を拾った。その聴診器を患者の胸に当てると、患者の心の声が聞こえたり、回想が見えるのだ。

摩周湖が担当することになった末期がん患者の一人は児童養護施設で育った16歳の桜子。もう一人は代議士の妻貴子。

摩周湖は不思議な聴診器で二人の心の声を聞きながら治験を続ける。

まだ実験段階の遺伝子レベルのがん治療は幸いなことに二人には効果を発揮し、桜子も貴子も無事に退院していった。

一度、死と直面した桜子と貴子は、自分の生き方を真剣に考えるようになる。
(垣谷美雨さんの『希望病棟』の出だしを私なりにご紹介しました)
関西の人気ラジオパーソナリティに大津びわ子さんがいらっしゃいますが、摩周湖とはすごいですね。苗字が「霧野」だったら、完全にダジャレです。

摩周湖先生は、実はいい人なのだけれど、気持ちや状況を正確に伝えようとするあまり、うまく言葉を操ることができず、周囲に誤解されがち。それは見ていてかわいそうなぐらい。

ところが、不思議な聴診器のおかげで、相手の本心がわかるようになって、変わっていきます。

まだ高校生なのに末期がんを患うことになった桜子は、周囲に勧められるまま、一流進学校と呼ばれる高校に進学してしまったことを後悔していました。

なぜなら、高校卒業と同時に児童養護施設を出ていかねばならず、それまでに住む場所の確保や、経済的な自立の目処が立たなければ大学進学など全く夢物語。

しかし、進学校ゆえに「就職します」とも言えず、そのストレスで病気になったのではないかと疑うくらい、将来に希望が持てないでいました。

一方、代議士の妻の貴子は、代議士である夫のために尽くしてきたこれまでは、票欲しさのため、有権者を騙してきただけの日々だったと悟ります。

治験の成果があり、無事に元の生活に戻った桜子と貴子は、一度死に直面したことで、自分が本当にやりたいこと、自分らしく生きるにはどうしたらいいかを真剣に考え、実行していくように。

摩周湖先生がそのサポートができたのも、不思議な聴診器のおかげなのでした。

ファンタジーとも言える小説ですが、児童養護施設育ちの子供達が抱えている問題などを教えてもらえるリアルさもあり、読み応えがありました。垣谷美雨さんらしく、読後感もさわやかです。

ただ一つ、後悔していることがあります。それは、読む順番を間違ったこと。

この『希望病棟』には前編があり、どうやら不思議な聴診器も前作からの続きのよう。順番が逆になりましたが、これから『後悔病棟』を読もうと思います。

どちらもまだ読んでおられない方は、ぜひ『後悔病棟』『希望病棟』の順番に読んでくださいね。
希望病棟
垣谷 美雨(著)
小学館
神田川病院に赴任した女医の黒田摩周湖は、二人の末期癌の女性患者をみている。先輩のルミ子に促され、中庭で拾った聴診器を使うと患者の“心の声”が聞こえてきた。児童養護施設で育った桜子は、大人を信じていない。代議士の妻の貴子は、過去に子供を捨てたことがあるらしい。摩周湖の勧めで治験を受けた二人は快方に向かい、生き直すチャンスを得る。“従順な妻”として我慢を強いられてき 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

自分のお仕事に真面目に取り組んでいる…

ミュージアムの女(宇佐江みつこ)

千波留の本棚

やるべきことと捨てた方がいいことを教…

ゴミ人間 日本中から笑われた夢がある(西野亮廣)

千波留の本棚

こんなカフェなら行ってみたい

マカン・マラン 二十三時の夜食カフェ (古内一絵 )




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME