HOME  Book一覧 前のページへ戻る

田舎のポルシェ(篠田節子)

じんわり味わい深い

田舎のポルシェ
篠田 節子(著)
この本は3つの中編小説からなっています。

「田舎のポルシェ」
「ボルボ」
「ロケバスアリア」

三作それぞれ小説の舞台や登場人物は無関係ですが、どれも車が登場することが共通点です。

どれも皆面白かったのですが、ここでは「ロケバスアリア」に焦点を当ててみます。
春江は今年古希を迎えた。これまでの人生いろいろあったが、いつも歌を歌って気持ちを晴らしてきた。今勤めている介護施設でも、春江の歌は入所者に人気がある。生まれつき声が大きくて張りがあるのだ。

夫と死に別れてから、一生懸命働いて生きてきた春江だったが、思いがけず、近々まとまったお金が手に入ることになった。そんな時、ある有名ホールが、コロナ禍で公演を行えない期間、一般人に貸し出ししていることを知った。

春江はそのホールを貸し切ってオペラを歌い、自分のDVDを作ることにお金を使うことにした。もちろん無観客だが、自分のためだけの記念だ。この計画に協力してくれたのは孫の大輝。大輝は、ホールを借りること、DVD制作の段取り、衣装の調達、ホールまでの送迎を全部引き受けてくれた。

大輝はかつて警察のお世話になったことがある。その時、春江は大輝を預かり、何も問いたださず一緒に暮らした。そのおかげだろうか、大輝は立ち直り自分に合った職業を見つけて、今は一生懸命働いている。

その仕事とは、ロケバスの運転手。細かいところに気がつく大輝は、ロケのスタッフにも、送迎するタレントにも評判が良いらしい。春江は、孫が運転するロケバスに乗って、晴れ舞台となるホールに向かうのだった…。
(篠田節子さんの『田舎のポルシェ』 「ロケバスアリア」の冒頭を私なりにまとめました)
おばあちゃんと孫のほんわか物語かと思ったら大間違い。

春江と同じ古希のエンジニアが加わり、予想と違う展開に。

素人が記念に作るDVDであっても、妥協しないのがプロなのでしょうが、素人のおばあちゃん相手に、ああでもない、こうでもないとダメだしの嵐。

読んでいる私もつい力が入り、「良いDVDができると良いね」と、一生懸命になってしまいます。

小説だというのに。

一度道を踏み外しかけた大輝が、今は立派に働いているのも頼もしく、嬉しい。

春江さんは良いおばあちゃんだなぁ。

そしてこんな孫がいたら、可愛くて仕方ないだろうなぁ。

いろんなハプニングを乗り越えて、収録は終わり、帰路に着くロケバス。

最後の最後に、春江さんがなぜDVDを作ることにしたのかがサラッと明かされ、読者は驚かされます。

そして、再度、春江さんを見直すのです。

「春江さん、アナタ、すごい人だね!」

本を閉じてからもしばらくは、春江さんのこれからに思いを馳せ、幸せな老後を過ごしてほしいと願ってしまいました。

小説の中の架空の人物なのに、そこまで思わせる篠田節子さんは素晴らしい。

「田舎のポルシェ」は、″田舎″における女性の現状に、ため息をつかされました。

「ボルボ」では、20年にわたって愛してきた車(ボルボ)との「お別れ」が描かれています。

大泣きする主人公には悪いけど、私は大笑いしてしまいました。

車への思い入れが強すぎて、オカシイ。

3作とも面白さの種類は違えどもどれも、じわーっとした後味でしたよ。
田舎のポルシェ
篠田 節子(著)
文藝春秋
実家の米を引き取るため大型台風が迫る中、強面ヤンキーの運転する軽トラで東京を目指す女性。波乱だらけの強行軍(『田舎のポルシェ』)。不本意な形で大企業勤務の肩書を失った二人の男性が意気投合、廃車寸前のボルボで北海道へ旅行することになったがー(『ボルボ』)。「憧れの歌手が歌った会場に立ちたい」。女性の願いを叶えるため、コロナで一変した日本をロケバスが走る(『ロケバスアリア』)。 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

そんなことが可能なの?!

南極ではたらく(渡貫淳子 )

千波留の本棚

この言葉の意味がわかるのは関西人だけ

関西人はなぜ阪急を別格だと思うのか(伊原薫)

千波留の本棚

戦争の悲惨さが際立つ

スウィングしなけりゃ意味がない(佐藤亜紀 )




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
絵本専門士 谷津いくこの
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME