HOME  Book一覧 前のページへ戻る

愛しき駄文具(きだてたく)

不思議でダメな文房具たち

愛しき駄文具
きだてたく(著)
私は文房具が大好き。だから、ノート術や文房具に関する本は、ほぼ無条件で手に取ってしまいます。

しかし きだてたくさんの『愛しき駄文具』は少し風変わり。「駄文具」ってなんだろう?

数ページ読むうちにわかりました。

駄文具とは、一応文房具のジャンルに入っているものの、実用品という視点から見るといかがなものかと思うもののこと。

つまりダメな文具のことです。

たとえば、シュレッダーが内蔵されたペン、ネックレスになる携帯クレヨンセット、無駄に大きい骸骨型のステープラ、耳かき内蔵のペン、楽器になる定規(教則本付き)など、81もの駄文具が写真とともに紹介されています。

駄文具と文具の分かれ道はどこにあるのでしょう。

たとえば、印鑑とボールペンを合体させたネームペンは駄文具ではないことは、多くのかたに納得いただけると思います。

しかし、同じく多機能を目指しているのに、上に例としてあげた耳かき内蔵ペンときたら、ペン先から繰り出された耳かきが短すぎて、耳の穴に届かないというのだから、なんのために作られたのか意味がわからないではないですか。

まったく駄目なやつだなァ!

しかし、この本に掲載されている駄文具たちは、れっきとした商品なのです。値段が付けられて、売られているわけですよ。

そのことが信じられない作品も多々有ります。

その駄目さ加減に呆れつつ、「誰が買うねん!」と突っ込みながら、結局最後まで面白く読めてしまいました。

ああ、ケッサク。

私は文房具好きを自称していながら、著者である きだてたくさんのことをまったく存じ上げなかったのですが、途中で「この人、関西人やな」と確信しました。

それは、蝶々の形をしたピンを紹介したページでのこと。「押しピン」という単語が出てきたからです。

私はずっと「押しピン」は全国区だと思っていたのですが、関東では通じないと聞いて驚きました。

どうやら関西弁だったもよう。

では関東では「押しピン」をなんと呼ぶのか疑問を抱きました。

正解は「画鋲」らしいですね。

確かに画鋲という言葉も知っているけど、普段生活しているときにはほぼ100パーセント「押しピン」って言いますワ。

まぁ私のことはどうでも良くて、普通に文章の中に「押しピン」が出てきたので、きだてさんは関西人だなと思ったわけです。

きだてさんが駄文具との縁について語っておられる「おわりに」に、こんなことが書いてありました。
僕が通っていた関西の小学校では、クラス内のヒエラルキーが勉強できる順でも、運動できる順でもなく、「面白い順」で決まりました。
(きだてたく さん『愛しき駄文具』 P151より引用)
そうそう!!

私の通っていた小学校でも、モテる男子は「オモロイ子」でした。

中学高校と進むにつれ、イケメンの人気が上昇するのですが、小学校ぐらいのときは何よりも面白さが大事なんですよね。次に人気があるのは運動神経が良い子か、カシコか。

著者のきだてさんは、特別運動ができるわけでも、勉強ができるわけでもない、かと言ってオモロイことを言えるわけでもなく、だったら何かオモロイものを持っていれば良いのではと思ったのだそうです。

しかし、小学生は縛りがきつくて、おもちゃや漫画を持っていくことはできません。文房具だったら許されるはず……

ということで、誰もが思わず「なにこれ?!」「変なの!!」と反応してしまうオモシロ文房具を探し出すことになったのだそう。そしてそのまま駄文具を愛する大人になったのですって。

駄文具への愛が有り余って(?)「色物文具」というジャンルを確立されたのだそうで、何事も徹すれば道ができるのだなあ、と感心してしまいました。
愛しき駄文具
きだてたく(著)
飛鳥新社
おしゃれと紙一重?のジャンクでおかしな文房具「駄文具」。見るものを戸惑わせる謎の品々の鑑賞ポイントを解説します! 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

クスクス笑いながら、共感できるコミッ…

着ていく服が見つからない(曽根愛)

千波留の本棚

様々な人が避けて通れない問題

私が誰かわかりますか(谷川直子)

千波留の本棚

歳をとってもできることがある!楽しい…

傘寿まり子(おざわ ゆき)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME