HOME  Book一覧 前のページへ戻る

友よ(執行草舟)

何かに遠慮して生きるのではなく、跳ぶ

友よ
執行 草舟 (著)

『見るまえに跳べ』
W・H・オーデン

危険の感覚を失わせてはならない
道は、かくもか細く、また険しい
今、見れば、いかにも平穏に見えよう
見たければ見るがよい、しかし君は跳ばなければならない。

ひとたび床(とこ)につけば、いかなる堅物とても
赤子のごとく成り、誰もが守る掟すら破るのだ
消え失せて行くものは
慣習にあらずして、恐怖である。

せこい者ども、無能な小人、酔いどれどもも
懸命ならば、それらしき
評論ぐらいは言うだろう
笑いたければ笑うもよい、しかし君は跳ばなければならない。

着やすさ本位の衣装とは
趣味が悪くて値が高い
羊のような従順な人生を送る限りは
消えゆく者たちに遠慮する限りは。

社交辞令も悪くはない
しかし、泣くことよりもさらに難しいのは
ただひとりの孤独を知ることである
もはや誰も見てはいない、しかし君は跳ばなければならない。

人生行路を共にする、私達を支えるのは
一万尋(ひろ)の海底の孤独である
私は君を愛するが、だからこそ君は跳ばなければならない
安穏の夢は、うち滅ぼさなければならない。
この度、初めてCDをリリースすることになりました。

新たな挑戦に不安な気持ちに襲われた時、大きな支えとなったのがオーデンの詩で、ここ最近、枕元にはずっとこの本があります。

訳者である執行さんは、冒頭にある「危険の感覚」についてこう述べます。

(本文よりp.60)
まさに人間にとって一番大切なものは何かを問うている。…
危険の感覚なくして、何の学問か、何の修行か。それどころか何の善行なのか、何の愛であるのか。この感覚なきすべての行為こそ、枚挙にいとまのない虚飾の温床となる。危険の感覚の欠如は、どうしようもない凡庸さを生み出し、自覚なき悪徳に人間をして至らしめる。人間の生命は、危険の感覚ゆえに保たれている。なぜ人間が生きているのかを深く自覚し、危険の感覚に目覚めなければならない。
危険の感覚を掴んで、跳ぶ。

以前、恩師が詩集出版の際に言っていた言葉を思い出します。

「皆に詩集出すことを先に言ったんや。公言したら後戻りできないからな」

何かに挑戦する時、自分自身と対峙する勇気が求められます。

世間の声や評価もあるでしょう。

しかし、何かに遠慮して生きるのではなく、跳ぶ。

孤独を胸に、跳ぶ。

自分の音楽に向って、しなやかに跳びたいと思います。
友よ
執行 草舟 (著)
講談社
若き日に三島由紀夫や小林秀雄の知遇を得た著者が、共に語り合い、魂の友、心の糧とするに至った45篇の詩歌を自らの思い出と共に綴る。 出典:amazon
profile
植木 美帆
チェリスト

兵庫県出身。チェリスト。大阪音楽大学音楽学部卒業。同大学教育助手を経てドイツ、ミュンヘンに留学。帰国後は演奏活動と共に、大阪音楽大学音楽院の講師として後進の指導にあたっている。「クラシックをより身近に!」との思いより、自らの言葉で語りかけるコンサートは多くの反響を呼んでいる。
Ave Maria
Favorite Cello Collection

チェリスト植木美帆のファーストアルバム。 クラッシックの名曲からジャズのスタンダードナンバーまで全10曲を収録。 深く響くチェロの音色がひとつの物語を紡ぎ出す。 これまでにないジャンルの枠を超えた魅力あふれる1枚。 ⇒Amazon
HP:http://www.mihoueki.com
BLOG:http://ameblo.jp/uekimiho/
⇒PROページ
⇒関西ウーマンインタビュー記事

OtherBook

チェリスト植木美帆の「心に響く本」

『三国志』の面白さは、この軍師(諸葛…

英雄三国志〈4〉出師の表(柴田錬三郎)

チェリスト植木美帆の「心に響く本」

「生きる」ことは魂を揺さぶること。ず…

地の糧(アンドレ・ジイド)

チェリスト植木美帆の「心に響く本」

全ては、明るい未来のために

人工知能時代を生き抜く子どもの育て方(神野元基)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME