HOME  Book一覧 前のページへ戻る

果鋭 ( 黒川博行 )

舞台は大阪。強面中年男子の食べ歩き?

果鋭
黒川博行(著)
黒川博行さんの『果鋭』を読みました。最後までドキドキした〜!!
主役二人は元マル暴。マル暴とは、暴力団捜査担当の刑事のことだ。堀やんこと堀内信也はヤクザとの癒着や情報漏洩が、誠やんこと伊達誠一は愛人のヒモにさされたことが監察にばれて、二人とも警察を追われる。堀やんは退職後にも暴力団ともめて刺され、脚に障害が残ってしまった。

互いに四十そこそこで道を誤った感がある。ところが二人は懲りない。今度はパチンコ企業を相手に、儲けようという算段。もともとコンビだった二人は息がぴったり合い、刑事時代に培った勘や捜査能力、人脈、機動力を生かして、やくざ顔負けの金儲けをやってのける。

出玉の遠隔操作や出玉の計数のごまかし、警察との癒着など、パチンコ企業は叩けばどんどん埃が出てきて、儲けのネタがいっぱいなのだ。しかし、やくざが絡んできて、ことはそう簡単ではない……二人は最後までしのぎきれるのか?!
(ざっくりとまとめました。ネタバレはしていないつもりです)

舞台は大阪。黒川博行さんの特徴とも言えるのですが、主役二人の関西弁の会話はテンポが良く、漫才のように面白いです。

パチンコ企業の内幕や、警察内部の話も興味深いし、最後まで「どうなるんだろ、この二人、どうなるんだろ」とハラハラさせてもらえます。

でも、筋立て以上に興味が尽きないのは、二人の食べっぷりです。

暴力団相手のマル暴は、パッと見た感じはヤクザそのもの。体が大きくて、力も強いのです。だから、食べる食べる。そして飲む。

朝昼夜お構いなく交わされることばは「めしでも食お」「なんか食お」。(食お=食べよう、食べましょう、の意味)

心斎橋宗右衛門町で鰻や焼肉を、今里筋で蕎麦を、神戸中華街で北京ダックを、東住吉の駒川商店街でお好み焼きを、阪急東通り商店街ではラーメンを……といった具合。

二人とも実においしそうに食べるんですよ。さすが食い倒れの街大阪。糖質オフダイエット中の身には読んでいて つらいものがありました。

真面目な話、場所を特定して、『果鋭』食べ歩きツアーをするのも面白いのではないかと思います。

黒川作品お馴染みの内藤医院は今回も出てきます。

内藤医院では警察沙汰にしたくない怪我を、黙って診療してくれるのです。治療費は医師の言い値。保険などは効きません。変わり者だけど腕は確かな内藤医師。

先に読み終わっていた夫に「ドラマ化するとしたら、この先生(医師)を誰にキャスティングする?」と質問したら「柄本明」と答えました。

ふーん、私は小林薫だと思ったんだけど。あなたなら誰をイメージされるかしらん。
果鋭
黒川博行(著)
幻冬舎
堀内信也、40歳。元々は大阪府警の刑事だが、恐喝が監察にばれて依願退職。不動産業界に拾われるも、暴力団と揉めて腹と尻を刺され、生死の境をさまよった。左下肢の障害が残り、歩行に杖が欠かせなくなる。シノギはなくなり、女にも逃げられる…。救ったのは府警時代の相棒、伊達誠一。伊達は脅迫を受けたパチンコホールのオーナーを助けるため、堀内に協力を求めてきた。パチンコ業界ー。そこには暴力団、警察も入り乱れ、私腹を肥やそうとする輩がうごめいていた。堀内は己の再生も賭け、伊達とともに危険に身をさらしながら切り込んでいく。ワルでタフなふたりがクズどもを蹴散らす痛快悪漢小説! 出典:楽天

池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の『読書ダイアリー』
ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon



OtherBook

千波留の本棚

じんわりと心に湧き上がるあんなこと、…

夏の庭(湯本香樹実)

千波留の本棚

新婚早々旦那さまがウツになってしまっ…

思ってたウツと違う!新型ウツ(池田暁子)

千波留の本棚

時は金なり。与えられた時間を大切にし…

聖の青春(大崎善生)


 

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
お手紙で「私」と「あなた」とmeet!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
シネマトークの会
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド





HOME