HOME  Book一覧 前のページへ戻る

思ってたウツと違う!新型ウツ(池田暁子)

思ってたウツとちがう!
「新型ウツ」うちの夫の場合 
池田暁子(著)
出版社: 秋田書店(2013)【内容情報】「いい人」だった夫が「1ミリも尊敬できない」人間に。新婚なのに離婚やむなし? 自分までおかしくなる? 病気? 性格? いつか治るの!? 夫とウツと私の2年間を綴った赤裸々エッセイコミック。(出典:秋田書店
昨日、池田暁子さんのコミックエッセイ
『うっかり結婚生活』を読んだあとで、
その後の池田さんのお仕事を検索してビックリ。

暁子さんご夫婦のその後を見届けずにはいられず、
そのまま図書館へダッシュしたのでした。
(注文して届くまで待てなかった)

表紙が黒い…
怖い…。

新婚早々
旦那さまがウツになってしまった…という
実話です。

ウツにもいろいろあるようで、
暁子さんの旦那さまのウツは「新型ウツ」。

自分の好きなこと、やりたいことなら
普通にできる。
でも仕事などになるとダメ。
事情を知らない人から見ると
ただの怠け者に見えるのが特徴だとか。

しかも、うちにこもるのではなく、
攻撃的になったりすることもあるらしく、
暁子さんの仕事について、
執拗にダメ出しを行いプレッシャーをかけてくる…。

うううう。
読むのが辛い。

そりゃ、一番辛いのは暁子さんだろうけど、
読者も相当しんどいぞ。

まず私には、前作『うっかり結婚生活』を読んだときすでに
「本当に良いのか?こんな男の人と結婚しても!」
と、思う点が多々あったわけです。

とはいえ、お互いにわかりあい、
相手に愛情を持てばそれがベストカップル。
第三者が余計なことに口を挟むべきではないと、
そう思って納得したわけですよ。

ところがですね、
「私はあんまり好きじゃないけど、
暁子さんにとってはこういうところが好きなんだろうなあ」
と思えたポイントが、全てなくなってしまっているんです。

アバタもえくぼだったのが、
えくぼもアバタに。
いや、もっとひどい状態に。

ああ、しんどい。
こんなの読むのしんどいわ。
でもきっと、最後は治って、大団円が訪れるのだろう…。

そう希望を持って読み進めたのに、
なんと、旦那さまのウツは治ったわけでもなさそうで、
単に暁子さんが状況を飲み込み、
これからゆるゆる頑張ろうと
前向きに決意したところで終わっております。

ちょ、ちょっと!!
まだ旦那さまの精神状態が不安定な状態なのに
こんな暴露本に近いものを描いて
よかったんでしょうか?!

もう一つ気になることは、
こんなにも繊細な問題を、
専門家の監修なしで世に出してしまっていること。
もちろん、暁子さん自身は、
ウツに関するさまざまな本を読んでいるのですが、
それを読んで「自分なりにこうではないかと思ったこと」を
描いているんです。
ふーむ。

暁子さんはこれまで、
自分の体験談を面白おかしいコミックエッセイにして、
世に出し、多くの人の共感を得たり、
同じような境遇の人を励ましてきました。
それはとても素晴らしいことではありましたが、
今回のことは出してよかったのか、
疑問が残るところではないかと思います。

奇しくも、ウツで攻撃的になった旦那さまが
暁子さんに投げつけた言葉が、
正解なのではないかと思いました。

つまりは、いつまでも自分の身を切って
描いているだけじゃダメだ、ということ。

創作活動というのは大変なことです。
ゼロから何かを生み出すのは、
本当に本当に大変でしょうが、
暁子さんには今後、別の方向で頑張って欲しいと、
そう思わずにはいられなかったです。

この本が出版されて、もう数年経っています。
その後、良い方向に向かったことをお祈りしております。

最後に。
ご家族ご友人でウツになられたかたがいて、
藁にもすがるような思いで
いろいろな本を読んでおられる方に。
この本はあくまでも池田暁子さんが体験し
感じたことを描いておられるだけなので、
参考文献として手に取るには不向きではないかと、
老婆心ながらご注意申し上げます。

池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、
ナレーション、アナウンス、 そしてライターと、
さまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BLOG ⇒PROページ

著書:パーソナリティ千波留の読書ダイアリー
ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。
だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。

「千波留の本棚」50冊を機に出版された千波留さんの本。
『私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。』購入サイトはこちらAmazonでも購入できます


OtherBook

千波留の本棚

やっぱり本って良いなぁ。生きる勇気が…

あしたから出版社(島田潤一郎)

千波留の本棚

本にぬかずく使徒、芥川賞作家、又吉直…

第2図書係補佐(又吉直樹)

千波留の本棚

ものを書くことの最終目的は「幸せにな…

書くことについて(スティーブン・キング)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME