HOME  Book一覧 前のページへ戻る

夫の後始末(曽野綾子)

冷静な自己分析と文章で、湿り気なしで現実に向き合える

夫の後始末
曽野 綾子(著)
昭和の女性作家で、私が好きだったのは、有吉佐和子さん、田辺聖子さん、そして曽野綾子さん。

おせいさんこと、田辺聖子さんはふんわりしたかたですが、他のお二人、有吉さんと曽野さんは、才気煥発、打てば響く、お愛想笑いなんかしなさそう…

もちろん、私はお二人を存じ上げているわけではなく、勝手に抱いていたイメージです。

十代の頃の私は、理知的でかっこいい女性になりたかったんです。有吉佐和子さんと曽野綾子さんはその代表のようなかたでした。

私が初めて読んだ曽野さんの作品は『太郎物語』。最も好きなのは『天上の青』。そして、怖いなぁと思ったのは『一枚の写真』です。

曽野さんは小説も良いのですが、小気味いい切れ味のエッセイも素敵。今も全く衰えを知らない切り口ですが曽野綾子さんは現在86歳なんですって。

そして、人生の伴侶であった作家の三浦朱門さんを、今年(2017年)2月3日に見送られたそうです。

その時点で夫 90歳、妻85歳。本の帯に書かれた「あなたにもその日はやってくる」という言葉通り、高齢化日本では今後当たり前になるであろう、老老介護です。

三浦朱門さんは2015年春頃から、体調不良を訴え始めます。しかし検査をしても悪いところは見つかりません。癌ではない、高血圧も糖尿病も大丈夫。もしかしたら高齢による機能障害だったのかもしれません。

2015年の秋には検査入院をしますが、病院ですごす三浦朱門さんの精神活動が、日々刻々と衰えるのがわかったそう。

その衰えの速度は恐ろしいほどで、病院には何の不満もなかったそうですが、曽野さんは三浦さんを退院させ、家で介護する決意をするのでした。

三浦朱門、曽野綾子ご夫妻にはお子さんがいらっしゃいますが(『太郎物語』のモデル)、早くに独立。結婚後も別居しておられます。

その代わりと言うのはおかしいけれど、三浦さんのご両親と、曽野さんのお母様とは同居し、全員見送られたのだそう。親世代の介護のために工夫しておいた家の作りが、三浦さんの介護に随分役だったそうです。

介護に必要なのはハードウェアだけではありません。ご老人と暮らす生活のルールや、肌着や布団の扱い、食事・入浴・睡眠など生活リズム、介護へのお金のかけ方など、曽野さんのご体験は、参考になります。

特に、これは書き留めておかねばと思ったのは、「人間の最後に臨んでやってはいけないこと」三か条です。それは
胃瘻、気管切開、多量の点滴による延命
(『夫の後始末』P149より引用)
曽野さんにそれを教えてくださったのは、聖路加病院の名誉院長だった日野原重明先生で、 なぜやってはいけないのかも、書かれています。我が家でも元気な時に、夫婦で話し合っておかなくてはいけないと思いました。

三浦朱門さんはユーモア精神があり、ちょっと毒舌な方だったようで、思い出すと おかしくて明るい気持ちになる人だったのですって。そんなかたと六十三年連れ添った末のお別れが、寂しくないはずはありません。(曽野さんは「寂しい」とは一言も書いておられませんが)

三浦朱門さんの死後、思いがけない経緯で曽野さんのお宅に迎え入れられるものがあります。それが曽野綾子さんの生活の光となったことで、読後感はとても優しい。

『夫の後始末』というタイトルはぶっきらぼう、あるいは物騒です。でも、曽野綾子さんの冷静な自己分析と文章のおかげで、読み手も湿り気なしで現実に向き合えるのだと思います。
夫の後始末
曽野 綾子(著)
講談社
夫・三浦朱門はある日、崩れるように倒れた。短い検査入院の間に、私は日々刻々と夫の精神活動が衰えるのを感じた。その時から、一応覚悟を決めたのである。夫にはできれば死ぬまで自宅で普通の暮らしをしてもらう。そのために私が介護人になるーー。 作家・曽野綾子が80代なかばにして直面した、90歳になる夫の在宅介護。工夫と試行錯誤を重ねながら、「介護とは」「看取りとは」そして「老いとは何か」を自問自答する日々が始まった。 家族の介護をしている人も、これからするかもしれない人も、超高齢社会を迎えるすべての日本人に知ってほしい「夫婦の愛のかたち」がここにある。 出典:楽天

池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の『読書ダイアリー』
ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon



OtherBook

千波留の本棚

酒で破滅に向かった亡き妻との愛憎を赤…

グッバイ艶(南川泰三)

千波留の本棚

ごく普通に見える人が実は一番怖いのか…

満願(米澤穂信)

千波留の本棚

もっともっと本を読みたい!そう思わせ…

太宰治の辞書(北村薫)


 

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
お手紙で「私」と「あなた」とmeet!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
シネマトークの会
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド





HOME