HOME  Book一覧 前のページへ戻る

永遠のおでかけ(益田ミリ)

泣けない自分を肯定する気持ちになれました

永遠のおでかけ
益田ミリ(著)
ああ 卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう
(作詞:松本隆 作曲:筒美京平 『卒業』より引用)
そう歌ったのは、斉藤由貴さん。

私はここ何年も、お葬式で泣いたことがありません。

とても親しくしていた人だったとしても、涙が出ないのです。

その度に、この歌詞を思い浮かべては、ああ、私って冷たい人と思われているかも、と思っていました。

だけど、涙が出ないのに泣きまねをするわけにもいきません。

いつ頃から葬儀で泣かなくなったのか、考えてみると、一年のうち、結婚式に参加するよりも、お葬式に参列する数が多くなった頃からだと思います。

慣れてしまって涙が出ないのではありません。

お別れの場面、お葬式は悲しいし、寂しいのですが、それよりも私の心をよぎるのは「ああ、人間って一人の例外もなく、いつかは亡くなるんだな」という思いです。

そう思うと、私より先に人生の幕を閉じた方々に手を合わせ「お疲れ様でしたね。今は苦しみや悲しみから解き放たれて、安らかに眠っておられますよね」と、しみじみと語りかけたい気持ちになります。

私もいつか、このように永遠の眠りにつくのだな、と噛み締めるような気持ちといえばいいでしょうか。

益田ミリさんの『永遠のおでかけ』は、永遠に旅立たれたお父様とミリさんが最後に過ごした日々のエッセイです。

急激に体調が悪化し、救急搬送されたミリさんのお父様に下された診断は「がんで余命半年」というもの。病院でそれを聞いたのはミリさんとお母様。

病名をお父様本人に告知すべきかどうか、ミリさんとお母様はその場で決めかね、妹さんと相談します。

ご家族の気持ちをお察しするだけで胸が詰まる気になります。ミリさんも、肉親3人が家で話したら感情的になってしまうと判断し、外で話そう、ということに。そしてデパートのレストラン街の甘味どころで話し合ったのでした。
これこれこうで、お父さんに告知する?
主治医とのやりとりを説明したのは、わたしである。3人でしんみりしつつも、わたしと母は甘みをパクついているのだった。
(益田ミリさん『永遠のおでかけ』 P26-27より引用)
深刻さや悲しさと、食欲やおかしみがないまぜになっているのがリアルな生活であり人生であることを、益田ミリさんは繰り返し書かれています。

最もそれが顕著なのは、お父様の葬儀後、火葬場に送り出したお父様を待つ間のこのシーン。
『ポケモンGO』のモンスターは葬儀場にも出てくるのか、という話題になり、みなでやってみたら何匹か出てきてゲット。父が生きていたら、こういう私たちを絶対におもしろがってくれていたと思う。そういう人だった。
(益田ミリさん『永遠のお出かけ』P78)
私は『永遠のおでかけ』を読んで、お葬式で泣けない自分を肯定する気持ちになれました。

これからも私は私なりに故人を偲び、お別れすればいいんだわ。

それにしても、お父様の死を「永遠のおでかけ」と表現された益田ミリさん、素晴らしいです。
永遠のおでかけ
益田ミリ(著)
毎日新聞出版
がんにかかり余命幾ばくもないと言われた父。普段どおりの生活を送りながら、気負わず、でも、かけがえのない時間を父と過ごしたいと願う私。やがて父はこの世界から旅立っていき、ささやかなお葬式が執り行われた。悲しみは波のように現れては消える。私の感情は、どこへ向かうのか? 著者渾身の書き下ろしエッセイ。 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

自分に悩んで袋小路にいる若者に読んで…

ちょっと今から仕事やめてくる(北川恵海)

千波留の本棚

優しい人たちの物語

そのときは彼によろしく(市川拓司)

千波留の本棚

ここで最期を迎えたい

ライオンのおやつ (小川糸 )




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
絵本専門士 谷津いくこの
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME