HOME コラム 前のページへ戻る

永木 恵美子
歯科矯正学博士 きょうばし矯正歯科クリニック院長

For Your Smile 医療・ヘルシーライフ 2018-03-20
一流アスリートは歯を大事にしている。

さて、先日のピョンチャンオリンピック、たくさんの日本人選手が活躍し本当に素晴らしい試合を見ることができました。4年に一度の大舞台、その日のために、努力し、当日に最大の力を発揮するように、計画を立ててきたのでしょう。感動する場面がたくさんありました。

さて、世界中のオリンピックの選手をみますと、みなさん、綺麗な歯をしていることに気が付きませんでしたか?

オリンピック選手を対象に虫歯の調査をした結果、虫歯のない選手は男性53.3%、女性は62.7%でした。日本人の25歳の一般人を対象にした虫歯のない男性26.3%、女性40.9%と比較しても明らかに、虫歯が少ないことがわかります。これは、一流アスリートは歯の健康にも注意を払っていることがうかがえます。

歯と運動能力は密接に関係します。歯並びやかみ合わせが悪いと体全体のバランスが崩れ、平衡感覚、重心移動などへの影響がでてパフォーマンスが低下したり、痛みや不快感によるストレスから集中力低下を招いたり、食事に制限がでて、栄養バランスが崩れる可能性があります。

また、人間は大きな力を振り絞るときに、しっかりと奥歯でくいしばって力を発揮したりします。この時に、奥歯が痛い!!ってことは、一流アスリートにはあり得ない話です。

一流アスリートは、虫歯ができてから治すわけではなく、虫歯ができないように予防し、歯をくいしばる力に耐えれるように普段からメンテナンスをしています。また、かみ合わせが悪くてで、しっかりと咬めない場合は矯正治療をして、よいかみ合わせを手に入れている方もたくさんいらっしゃいます。

また、スポーツ用のマウスピースをつくって、試合中に装着している選手もいます。ここ数年、ずっと矯正装置を付けたまま、演技しているフィギアスケートの選手も、オリンピックの本番には矯正治療が終了して、素晴らしい笑顔で演技されていましたよね!とても素晴らしい演技でした。

選手として最大のパフォーマンスができる時間は非常に短い期間です。その日の為にも、普段から歯の健康の維持、よいかみ合わせを得ることは、大事な下準備です。

次のオリンピックも楽しみですね!
自信に満ち溢れた笑顔でいっぱいになるよう一緒に歩みたい。
永木 恵美子
歯科矯正学博士
 
きょうばし矯正歯科クリニックは矯正治療専門のクリニックです。 矯正治療を専門にする歯科医師(日本矯正歯科学会指導医・認定医・日本舌側矯正学会認定医)が、確かな技術と女医ならではの細やかな施術で審美的にも機能的にも調和のとれた歯並びが得られるよう努力します。
きょうばし矯正歯科クリニック
大阪市都島区東野田2-3-19 MFKビル4F
TEL:06-4801-9055
HP:http://www.kyobashi-kyousei.com​

滑舌のよい話し方は相手によい印象を与える。 医療・ヘルシーライフ 永木 恵美子歯科矯正学博士
一流アスリートは歯を大事にしている。 医療・ヘルシーライフ 永木 恵美子歯科矯正学博士
「口が渇く、しゃべりにくい」のはなぜ?唾液の役割を見直してみよう。 医療・ヘルシーライフ 永木 恵美子歯科矯正学博士
おすすめのコラム
産婦人科の診察室って、どんなところ?! その2 医療・ヘルシーライフ 藤田 由布産婦人科医
産婦人科の診察室って、どんなところ?! その1 医療・ヘルシーライフ 藤田 由布産婦人科医
生理不順は放置しないで!! 医療・ヘルシーライフ 藤田 由布産婦人科医
コラムのジャンル一覧