HOME コラム 前のページへ戻る

小森 利絵
フリーライター えんを描く

おてがみじかん ライフスタイル 2017-07-28
旅先でもお手紙

8月になると、「夏休みだー」とうきうきした気持ちになります。子どもの頃のように長い休みはなくとも、夏というだけで、「旅に出たい!」とうずうずしてしまう、私です。が、今のところ、この夏は旅に出る予定がありません・・・

みなさんはいかがですか? この夏、どこかに出かける予定はありますか?

『おてがみぃと』(ゆるやかにお手紙を書く時間を楽しむ会)を始めてから、「ご当地お手紙アイテム」が気になるようになりました。旅先では必ず、お手紙アイテムを探すように。今では楽しみの一つになっています。

昔からよくある「いかにもお土産!」みたいな観光地の写真や絵を使った葉書だけではなく、最近はクリエイターがつくったご当地ならではの紙モノやレターセットも! お土産、旅のおすそわけお手紙にはもちろん、普段使いもできるおしゃれなデザインに胸キュンです。

今回は、私が旅先で見つけたお手紙アイテムをいくつか紹介します。

◆旅先で見つけたお手紙アイテム

<高知>
印刷と紙製品の専門店『PAPER MESSAGE』で見つけた「土佐みやげ」シリーズ。便せん、シール、メモ、レターセットがありました。カツオにクジラ、土佐犬、土佐電、芋けんぴ、アイスクリーン・・・など土佐にちなんだイラストがちりばめられています。イラストは高知在住のイラストレーターであるシバタケイコさんによるもの。ほのぼの、味わいがあって、かわいらしい。
<金沢>
元金物屋さんをリノベーションした “いしかわのモノ”セレクトショップ『八百萬本舗』で見つけた3色ポストカード。封筒としても使える紙袋(写真2枚目)もありました。「土佐みやげ」シリーズ同様、「石川に行ってきました!」感を主張し過ぎない、さりげなさがいい。第一印象「なんかよさげ」「かっこいい」からの「あれ、よく見ると・・・」と2段階で楽しめます。

ほのぼのするイラストに木のいい香り・・・癒し系葉書です。こちらは株式会社クリエイターズによる木の葉書シリーズ。『八百萬本舗』、文化財指定庭園『兼六園』内のお土産店で見つけました。
こちらの『金沢21世紀美術館』で見つけた「ひめだるまカード」(120円で郵送可)。調べてみると、『乙女の金沢展』のシンボルのようです。このカードを見ていると、思わずニコッとしてしまいませんか? 
<神戸>
六甲山のマスキングテープ。白色は桜や雨、紅葉、鳥など六甲山の四季とともに「六甲ケーブル」が描かれているタイプ、青色は「六甲ガーデンテラス」周辺の建物や植物が描かれているタイプ。六甲山では以前、マスキングテープでおなじみ「mt」(カモ井加工紙株式会社)によるイベント『mt ex ROKKO』が開催されていたためか、ほかにも六甲山デザインのものが多数ありました。
<大分>
雑貨店『ZAKKA&OYATSU CochoCocho(こちょこちょ)』で見つけた温泉マスキングテープ。イラストレーターのasamiさんの作品です。サルやリス、クマ、キツネ、タヌキ、ネズミ、シロクマ、ペンギン、トリ、アザラシ、カッパ、天狗まで! 気持ちよさそうに温泉に浸かる姿にほっこりします。「おんせん県おおいた」らしい!
◆ご当地ポストにも注目!

「えぇ!こんなポストが」「こんなカタチもありなんだ」とびっくりする郵便ポストがあります。

奈良県の近鉄橿原神宮前駅で見つけた『幸せを願う黄色いポスト』。宮崎市との姉妹都市盟約締結50周年記念として設置されたものとのこと。もともとは宮崎市発のポストで、青島地区に伝わる「豊玉姫と山幸彦の神話」(古事記)で2人が恋文をやりとりしていたことにちなみ、観光プロモーションの一環として設置されたようです。
・・・で、一番びっくりしたのは、石川県のJR金沢駅構内で見つけた『郵太郎ポスト』。
金沢の伝統工芸である加賀人形『郵太郎』が上にのっています。昭和29年の日本国有鉄道金沢駅舎の落成を記念して設置された特殊タイプとのこと。平成27年の北陸新幹線開業の際には、ゆるキャラ化され、郵便局のPR活動も行なっているそう。口癖は「手紙書きまっしー」、好きな場所は「ポストの上」、夢は「新幹線で全国の郵便局に遊びに行くこと」・・・などの設定も!

旅先で見つけたお手紙アイテムを使って、旅先からお手紙を。ポストに投函すれば、旅先の消印が。旅のおすそわけができます。誰かに向けてはもちろん、自分に向けて書くのもおもしろいかもしれません。アルバムなどに入れておけば、旅のいい記録に。

よい夏をお過ごしくださいね!
レターセットや絵葉書、季節の切手を見つけるたび、「誰に書こうかな?」「あの人は元気にしているかな?」などアレコレ想像してはトキメク…自称・お手紙オトメです。「お手紙がある暮らし」について書き綴ります。
小森 利絵
フリーライター/お手紙イベント『おてがみぃと』主宰
編集プロダクションや広告代理店などで、編集・ライティングの経験を積む。現在はフリーライターとして、人物インタビューをメインに活動。読者のココロに届く原稿作成、取材相手にとってもご自身を見つめ直す機会になるようなインタビューを心がけている。HP:『えんを描く』

 『おてがみぃと』
『関西ウーマン』とのコラボ企画で、一緒にお手紙を書く会『おてがみぃと』を2ヵ月に1度開催しています。開催告知は『関西ウーマン』をはじめ、Facebookページで行なっています。『おてがみぃと』FBページ

1通1通、積み重ねながら、知り合っていく ライフスタイル 小森 利絵フリーライター
旅先でもお手紙 ライフスタイル 小森 利絵フリーライター
いろんな「私は」を思い出す ライフスタイル 小森 利絵フリーライター
おすすめのコラム
浄化とクラッシュ ライフスタイル バックスター ルミバイリンガルライフコーチ
映画「オッペンハイマー」 ライフスタイル バックスター ルミバイリンガルライフコーチ
新芽 ライフスタイル バックスター ルミバイリンガルライフコーチ
コラムのジャンル一覧