HOME  前のページへ戻る

あみ りょうこ 版画家 ninjacco
1982年大阪生まれ、兵庫育ち。メキシコのオアハカ州での暮らしを経て、2020年から日本に。 ものつくりが好きで、オアハカで版画に出会い制作を続けている。
AMIのAMIGO アート・芸術 2024-01-22
Vol.36 メヒコ人と時間を共にするの巻、その① [Sin planes (ノープラン)]
オラー、こんにちは。あみりょうこです。前回の投稿から2年半以上も経ってしまいました。そして、新しい年が明けました。

2023年を振り返ると、「メヒコ」というキーワードを見たり聞いたりする機会が本当に多くあったなという気がします。

メキシコ関連の展示でパッと思いつくものだけでも、東京の国立博物館では「古代メキシコ」という展覧会(巡回展で2024年には大阪にも来るそうです! (「古代メキシコ -マヤ、アステカ、テオティワカン 」) 大阪のみんぱくでは「ラテンアメリカの民衆芸術」、姫路にある日本玩具博物館でも「メキシコと中南米の民芸玩具」という特別展が開催されていました。

出身地でもある姫路の日本玩具博物館の展示のことを知った際には思わず博物館でワークショップをさせていただけないかと連絡を取ってしまったほど興奮しました。

姫路の田舎の方にある小さな博物館にも「メキシコ」がフィーチャーされるようになったのか、という驚きと感慨深さのようなものを同時に感じてしまいました。

玩具博物館では日本の玩具のみならず世界中の玩具をコレクションして取り扱っているそうなのですが、学芸員さんと話をしていた時に「なにかこう、元気やパワーが欲しいな、と思ったときにはメキシコのおもちゃを飾ってしまいます」とおっしゃっていたのがとても印象的でした。

また私のまわりの友達も「メヒコに行く!」という人が多くいたので「いいな〜」と思いながらその話を聞いていたりUPされる写真をながめていたりしたわけですが、10月にはなんとオアハカから友達が遊びに来てくれました。

2週間ほどの訪問だったのですが、彼らと一緒に時間を過ごしながらびゅーびゅーとメヒコの風を感じました。

それを「このコラムを書きませんか?」と声をかけていただいたまきさんとお会いした時に話すと「久しぶりになにか書いてみて!」と言われて、もしかすると私の備忘録のようになってしまうかもしれませんが寄稿させていただきたいと思います。
ノープランでメヒコ人がやってきた!
新幹線の駅に迎えに行くと、2人がにこにことしながら改札を出てきて久しぶりに見る笑顔に安堵し、それだけでオアハカの風がやってきたような何とも言えないうれしさがこみ上げてきました。

友だち(エディスとイヴァン)が日本に来る日が迫っていましたが、具体的なプランを全く立てられないまま日々が過ぎていきました。

行きたいところやしたいこと、食べたいものとかあったら言うてね、というこちらの問いかけにも「おまえに会いに行くのが目的やから!」と「ユニクロに行ければいい!」という言葉が返ってくるだけで、具体的な返信がないままとうとう来日の日を迎えることになりました。

こんな2人なので日本についてからもどこでもいいし、何でも食べる!というスタンスを崩しませんでした。

目の前に現れた景色に感動し、調べずに訪れて全く活気のなかった魚市場を目の前に笑い、私のつたない説明を聞いて異国の食べ物をちゅうちょなく口に運ぶ姿は見ていてこちらがワクワクしました。

外国の得体のしれない謎の料理を口に運ぶって結構勇気がいると思うので、あんなに大きな一口を口に運べるのは本当にすごいと思いました。
日本人の友達に2人の様子を話すと、「きっと二人は特別調べてこなさすぎるタイプだと思う。私の友達(メヒコ人)は日本に来るってなったら、いろいろ調べてきてて、ここに行ってみたいという写真も見せてきたで」と言われたので、メヒコ人全員がそういうわけではないと思うですが、ありのままを偏見や先入観なく自分の五感を通じて見る様子にはハッとさせられるものがありました。

情報がものすごくあふれているし、インターネットには素敵な写真もたくさんあふれているので、旅の目的が「その景色を見に行く」ことが目的になってしまっていたりもする昨今なので、ここまで事前情報を入れることなく目の前のことを楽しむ様子はノープランとも言えますが、「今」に重きを置くメヒコ人ぽいなぁ、と感心してしまいました。

でも、事前情報があると例えば観光地とかに行っても「これこれ、この風景~!」と確認の作業のようになってしまいますが、あまり情報を持たずに行くとその情報に左右されずに自分が面白いと思うものや美しいと思う風景を切り取れるような気もしています。

次回に続く
profile
あみ りょうこ
版画家

1982年大阪生まれ、兵庫育ち。メキシコのオアハカ州での暮らしを経て、2020年から日本に。 ものつくりが好きで、オアハカで版画に出会い制作を続けている。
HP:https://amiryoko.wordpress.com/
instagram:ninjacco
メヒコTプロジェクト

あみ りょうこ  AMIのAMIGO  コラム一覧>>
おすすめのコラム
ライフスタイル new
ひろこちゃんと私のお手紙のやりとり~9通目~
小森 利絵
フリーライター
えんを描く
ライフスタイル
パーフェクトデイズ
バックスター ルミ
バイリンガルライフコ…
RumiBaxter
医療・ヘルシーライフ
女性だって薄毛が気になる!
藤田 由布
婦人科医
医療法人 大生會 さ…
コラムのジャンル一覧



@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
絵本専門士 谷津いくこの
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME