HOME  前のページへ戻る

藤田 由布 婦人科医 大阪なんばクリニック
大阪なんばクリニックで「気軽にだれでも来れる敷居の低い婦人科」を目指し、心込めて日々の診療に邁進しています。生理痛は我慢しないでほしいこと、更年期は保険適応でいろんな安価な治療が存在すること、婦人科がん検診のこと、女性にとって大事なこと&役に立つことを中心にお伝えします。
婦人科医が言いたいこと 医療・ヘルシーライフ 2020-07-23
笑えない性病 「クラミジア」 のはなし
性感染症いわゆる「性病」にはクラミジア、淋菌、性器ヘルペス、コンジローマ、梅毒、HIVエイズなどがあります。

その中でも、婦人科の診察室で最も頻繁にみられるのがクラミジア感染症です。

クラミジアは性行為で感染します。1回の性行為でもうつります。大衆浴場やサウナなど、性行為以外の場で感染することはありません。

感染してから発症するまでの潜伏期間は1〜3週間です。ここで怖いのが、潜伏期間でも相手にうつしてしまうことです。

クラミジアとは直径約300nm(ナノメートル)の球形の細菌の一種で、ヒトをはじめとする動物細胞の中に寄生し、代謝物を栄養にして増殖を広げる厄介なヤツなのです。

ここで、nm(ナノメートル)ってピンとこない大きさだと思いませんか?

ブタクサの花粉で2万nm、よくあるバイ菌でも2千nmなので、この凶暴なクラミジアがいかに小さいか、ということです。
クラミジア検査も、あのPCRを使います
クラミジアの検査方法は、ウィルスのように顕微鏡では見ることの出来ない超極微小の病原体の有無を調べる「PCR検査」を使うことが多いです。

そうです、新型コロナウィルスの検査でも広く使われた、あのPCRです。

どうやって感染を検査するかというと、婦人科の場合は診察室で内診台にあがることから始まります。

お股を広げて、腟の奥の奥にある子宮の入口の子宮頸部という部分をしっかり出します。
そして、子宮頸管内(子宮の入口)に細い綿棒を挿入して同じ方向にそっと5回転させ、頸管の検体を採取します。それから、その綿棒ごと指定の容器にいれます。

この検体をPCR機器にかけてクラミジアのDNAを増幅させて病原体を検出します。

他にも、尿やうがい液を使って、これらを検体としてPCRをかける検査もあります。
クラミジアの男版と女版、症状が全然違います
男性がクラミジアに感染すると、軽い排尿痛があったり、睾丸が腫れたり、さらさらした尿道分泌物が現れます。女性の場合は、感染しても殆どが無症状です。

女性のクラミジアは、まずは頸管に感染して炎症を起こします。殆どの場合は無症状で進行していきますが、この時点で治療しないで放置してしまうと、卵管や腹腔内へ感染が進展していきます。
子宮外妊娠で夜間に救急搬送される患者さん
急な腹部の激痛で夜間に救急搬送でやってくる若い女性というのは、どの病院でもよくある光景なのですが、子宮外妊娠もその例外ではありません。

子宮の内腔以外の場所で妊娠することを子宮外妊娠(異所性妊娠)といいます。

その子宮外妊娠の約30%がクラミジアによる卵管障害が原因となっているといわれています。

クラミジアに感染すると、子宮の入り口から菌が入り込んで徐々に卵管の方まで炎症が波及して、卵管がベタっと癒着してしまいます。すると受精卵が子宮内まで運ばれずに卵管で着床してしまうというわけです。

卵管の窮屈な場所で胎芽が育ってしまい、ある程度大きくなって卵管破裂を起こし、お腹の中が大量の血の海となって緊急手術になる、なんてことも珍しくありません。

出血は時に2リットル以上におよび、人命に関わることもあります。
ブライダルチェックでもクラミジアをチェックするのは大事なことです。
子宮外妊娠で卵管が破裂するのは、だいたい妊娠7〜8週です。妊娠6週までに子宮内に胎嚢がちゃんとあることを超音波で確認するのは、子宮外妊娠でないことを確認するために大事なことなのです。

クラミジアは近年ではありふれた性病として周知されていますが、実は怖い感染症であることは意外と知られていません。
いつの間にか肝臓にまで達してしまうクラミジア
クラミジア感染によって子宮頸管炎になっても、ほとんどの女性は無症状のことが多く、知らない間に子宮頸部から更に上へ感染が広がり(上行感染といいます)、骨盤内に広く及び、肝臓周囲まで炎症が達することもあります。

肝臓まで炎症が及ぶと腹痛などの自覚症状が強くなります。これを肝周囲炎といい、知る人ぞ知る疾患「Fitz-Hugh Curtis症候群」です。

肝臓の表面からお腹の中にベッタリした膜が広がって臓器が癒着する状態になり、うずくまって立っていられない程に腹部に激痛が走ります。

ちなみに、この有名な「Fitz-Hugh Curtis症候群」ですが、発音は「フィッツ・ヒュー・カーティス」です。

3人の医師の名前ではなく、フィッツ・ヒュー医師とカーティス医師の2名がそれぞれこの病態を同時報告したのが最初で、このような病名になりました。若干発音しにくいし、長ったらしくて紛らわしい名前です。どうでもいいことですが。

クラミジアは無症状であっても、感染が確認されたら必ずすぐに治療しないといけません。クラミジアを早期に発見できれば、薬を服用するだけで完治できます。

婦人科医にすぐに抗生剤を処方してもらいましょう。また、コンドームなどで常日頃から性感染症を防ぐことも大事です。
オーラルセックスも要注意
「おりものが変なんです」と同時に、「喉がイガイガして違和感あるんです」と仰る患者さんも少なくありません。

オーラルセックスで咽頭にクラミジアが感染することもあります。クラミジア頸管炎が判明している患者さんの10%程度は咽頭からもクラミジアが検出されると言われています。
普通のよくある咽頭炎で処方されるセフェム系の抗生剤でなかなか治らない場合は、クラミジア感染が存在する可能性があります。性器感染よりも、咽頭の感染したクラミジアは治療に時間がかかります。
パートナーも治さなくちゃ!ピンポン感染!
カップルの片方が感染している場合、性行為によってパートナーにも病気をうつす可能性があります。ですから、本人が治療して治ってもパートナーが治療していなければ、その後の性行為によって再び感染してしまいます。

ピンポン玉のやりとりのような繰り返しで延々と感染してしまうことを防ぐためにも、どちらかが性感染症に罹った場合は、カップル2人同時に治療することが大事なのです。

ある報告によると20代前半の女性では15人に 1人がクラミジアを持っているというのが現状だそうです。

しかも、18~19歳の経験豊富な女性に限っては4~5人に1人が感染という結果も…。恐ろしいですが現実です。

多くの場合は症状がほとんどないか、症状があってもごくわずかのため自覚しにくい「クラミジア」。実はとても恐ろしい性感染症です。

おりものが少し増えたり、軽い生理痛のような痛み、不性器出血など心当たりのある方はお気軽に婦人科でご相談ください。身近な性病なので、全く恥ずかしく思う必要はありません!
profile
大阪なんばクリニックで「気軽にだれでも来れる敷居の低い婦人科」を目指し、心込めて日々の診療に邁進しています。生理痛は我慢しないでほしいこと、更年期は保険適応でいろんな安価な治療が存在すること、婦人科がん検診のこと、女性にとって大事なこと&役に立つことを中心にお伝えします。
藤田 由布
大阪なんばクリニック 婦人科医長

大学でメディア制作を学び、青年海外協力隊でアフリカのニジェールへ赴任。1997年からギニアワームという寄生虫感染症の活動でアフリカ未開の奥地などで約10年間活動。猿を肩に乗せて馬で通勤し、猿とはハウサ語で会話し、一夫多妻制のアフリカの文化で青春時代を過ごした。

飼ってた愛犬が狂犬病にかかり、仲良かったはずの飼ってた猿に最後はガブっと噛まれるフィナーレで日本に帰国し、アメリカ財団やJICA専門家などの仕事を経て、37歳でようやくヨーロッパで医師となり、日本でも医師免許を取得し、ようやく日本定住。

現在は、大阪なんばクリニックで「気軽にだれでも来れる敷居の低い婦人科」を目指し、心込めて日々の診療に邁進しています。日本人で一番ハウサ語を操ることができますが、日本でハウサ語が役に立ったことはまだ一度もない。

「大阪なんばクリニック」の婦人科は、女性医師のみで診療させて頂いております。おりもの異常、生理痛から更年期障害まで最先端の治療を取り入れながら、どんな些細なお悩みでも真摯に対応します。

⇒藤田由布さんのインタビュー記事はこちら
大阪なんばクリニック
大阪市中央区難波5-1-60 なんばスカイオ 9F
TEL:06-6648-8930
HP:https://osakanamba-cl.com/department/gynecology.php
FB:https://www.facebook.com/fujitayu

藤田 由布  婦人科医が言いたいこと  コラム一覧>>
医療・ヘルシーライフ new
笑えない性病 「クラミジア」 のはなし
おすすめのコラム
医療・ヘルシーライフ
オーラルフレイルを予防しよう
阿部 純子
歯科医師
じゅん矯正歯科クリニ…
医療・ヘルシーライフ
歯石は自分で取れる?
阿部 純子
歯科医師
じゅん矯正歯科クリニ…
医療・ヘルシーライフ
歯がキーンとしみたら
阿部 純子
歯科医師
じゅん矯正歯科クリニ…
コラムのジャンル一覧



@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME