HOME  前のページへ戻る

小森 利絵 フリーライター えんを描く
レターセットや絵葉書、季節の切手を見つけるたび、「誰に書こうかな?」「あの人は元気にしているかな?」などアレコレ想像してはトキメク…自称・お手紙オトメです。「お手紙がある暮らし」について書き綴ります。
おてがみじかん ライフスタイル 2020-06-17
誰宛てでもないお手紙「ある雨の日」
2020年2月末に、小さな作品展に出展しました。

「お手紙のある時間」を楽しんでいただこうと考え、誰かに宛てたお手紙と、その場でお手紙を書いていただけるようにレターセットとペンを置きました。

知っている誰かだから書けることがありますが、具体的な誰かではないから、その時々に感じたり思ったり考えたりしたことを気ままに書けるということもあります。

そんなふうに、誰宛てでもなく、気ままに書いたお手紙を、時々掲載していきたいと思います。

第1回目は、冒頭の小さな作品展に出展した「ある雨の日」のお手紙です。
こんにちは! お元気ですか? 娘も、私も、元気にしています。

今、近所の喫茶店でこのお手紙を書いています。今日は朝から雨が降っています。出かけるのは面倒くさいなあ……靴は底がすり減って内側に水が染み込むようになったから、長靴じゃないと無理そうだなあ……でも、あの長靴は足幅に合っていなくて足がすぐに痛くなるんだよなあ……なんて、ベランダの窓越しに雨の様子を見ながら思いました。

そういえば、娘が9歳の時に「雨が好き」と言っていたことも思い出します。「どうして、お母さんは雨、イヤなん?」と言われたのでした。傘にあたる音がいい、水たまりがキレイ、枯れた草にも水やりができるから好きみたいです。

同じ雨空を見ていても、人それぞれ違うのだなあ。雨が降らないのも困るからなあ。などぼんやりと思ううち、「やっぱり、出かけよう」と出かけて、今こうしてお手紙を書いているんです。雨を見て、どんなことを思いますか? どんな気持ちになりますか?
実は昨日も喫茶店でお手紙を書いていたのでした。家では心がドタバタするので、喫茶店でお手紙を書くのを楽しみの一つに。用事が終わった帰り道、小さな商店街にある喫茶店に立ち寄り、幼稚園の時からの友だちと小学校の時からの友だち、それぞれに、お誕生日のプレゼントと一緒に贈るお手紙を書きました。

毎年「遅くなったけど」と書き添えていると反省するくらい、お誕生日に間に合ったことがほぼありません(笑)。「来年こそは」と思いながら、毎年恒例になっています。

この2人の友だちとは、出会って30年ほどの長いつきあい。1人は遠くに暮らしているので、もう10年くらい会っていないけれど、こうしてつながっていられることが、本当にありがたいなあって。いとおしいなあって。

30年……友だちも、私も、それだけ年齢を重ねたということで。家族も年齢を重ねているということだから、「ご家族は元気?」といつ頃からか、お互いに聞き合うようになっていました。

私の父も年末、病気が見つかって入院していました。
退院した時には、お祝いに花を。家に花を飾ると、家族の気持ちも明るくなって、花を飾るのっていいものだなあーと思った……など、お手紙を書きながら、思い返していたら!

喫茶店を出ようと、コーヒー代を支払っていたら、店主さんから「まちに花をたくさん咲かせようという活動をしているんです」というお話が。

さらには「なんで、こんなことを話しているんだろう?」と店主さん自身も不思議そうで。その喫茶店の前には、かわいいお花が咲いていました。公園にお花を植える活動をしているとのこと。

帰り道、自転車を漕ぎながら、「お花っていいなあ」と思っていたことが、ほんのり伝わっていたのかなあと思い、不思議な出来事だなあって。そんなことってありますよね。そんなことをまた話しに、その喫茶店に行きたくなっています。

最近、どんなことがありましたか? 今回はこのへんで。それでは、また!!

小森利絵
このお手紙を書いたのは、2月中旬のことでした。

新型コロナウイルス感染症が大きく拡大する、少し前のこと。今はまだ、こんなお手紙を書くことができないなあと、読み返しながら思いました。

その時だからこそ、書けることがあるのだと思います。

★「バースデーカード」を募集!★

思い思いに書いたお手紙には「その人らしさ」が表れるものだと思います。

何に書くか? どんな内容を書くか? どんな方法で表現するか? など、人それぞれです。いろいろな人の表現を見てみたいと、これまで「旅先からのお手紙」「年賀状」といったテーマでお手紙を募集してきました。

今回は「バースデーカード」を募集します。

①今を生きている誰かの誕生日を想ってバースデーカードを書いてください。 ※もし掲載OKでしたら、お送りいただいたバースデーカード(メッセージを含む)を、このコラムで紹介させていただきたいと思っております。

②「①」で届いたバースデーカードをプレゼント交換みたいにシャッフルして、それぞれの方に「誰かからのバースデーカード」を贈ります。届いてすぐに読んでもいいし、自分のお誕生日まで大切にとっておくのもいいですね。

ご参加してくださる方は「loopdraw☆yahoo.co.jp(小森)(☆を@に変更してください)」までご連絡ください。バースデーカードは7月31日(金)到着でお願いいたします。
profile
レターセットや絵葉書、季節の切手を見つけるたび、「誰に書こうかな?」「あの人は元気にしているかな?」などアレコレ想像してはトキメク…自称・お手紙オトメです。「お手紙がある暮らし」について書き綴ります。
小森 利絵
フリーライター
お手紙イベント『おてがみぃと』主宰

編集プロダクションや広告代理店などで、編集・ライティングの経験を積む。現在はフリーライターとして、人物インタビューをメインに活動。読者のココロに届く原稿作成、取材相手にとってもご自身を見つめ直す機会になるようなインタビューを心がけている。
HP:『えんを描く』
 
『おてがみぃと』
『関西ウーマン』とのコラボ企画で、一緒にお手紙を書く会『おてがみぃと』を2ヵ月に1度開催しています。開催告知は『関西ウーマン』をはじめ、Facebookページで行なっています。『おてがみぃと』FBページ

小森 利絵  おてがみじかん  コラム一覧>>
おすすめのコラム
ライフスタイル
なにもないけど、なんでもある
上野 美穂
小豆島 空き樹バンク
プロジェクト主宰
ライフスタイル
ニューノーマル、新しくやってくる「普通」
バックスター ルミ
バイリンガルライフコ…
RumiBaxter
ライフスタイル
再会のハグを楽しみに
上野 美穂
小豆島 空き樹バンク
プロジェクト主宰
コラムのジャンル一覧



@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME