HOME  前のページへ戻る

小森 利絵 フリーライター えんを描く
レターセットや絵葉書、季節の切手を見つけるたび、「誰に書こうかな?」「あの人は元気にしているかな?」などアレコレ想像してはトキメク…自称・お手紙オトメです。「お手紙がある暮らし」について書き綴ります。
おてがみじかん ライフスタイル 2018-11-23
お手紙とわたし~楢村久子さん編③~
私のまわりにいる「日常の中でおてがみじかんを楽しんでいる人」にインタビュー。2人目は楢村久子さんです。お手紙の思い出や楽しみ方、お気に入りアイテムなどについてうかがったインタビューを3回に分けて紹介しています。

前々回は「日常で楽しむお手紙編」として日常でどのようにお手紙を楽しんでいるのかというお話を、前回は「多彩なツールで楽しむ編」としてお手紙、メール、ライン、メッセンジャーというツールの使い分けや多様な方法でやりとりするおもしろさについてお話をうかがいました。

第3回目は「お気に入り編」です。楢村さんにお気に入りのレターセットやハガキ、切手などを教えてもらいました。
お手紙を書く時間帯はいつが多いですか?
楢村さん:ゆっくり落ち着いてから、家で書きます。家族がいない時間帯もしくはみんなが寝てからが多いかもしれません。

「あの人に書きたいなあ」と思っても、「また後で」とずるずると先延ばしにしてしまうから、書きたいと思ったら先に宛先だけ書いておきます。

宛名を書いておくと、そのレターセットやハガキはその人専用になるので、もう書くしかないと背を押してくれるからです。
「おてがみ部」ではいつもお手紙袋を持ってこられていますが、その中には何が入っているのですか?
楢村さん:レターセットやハガキをいくつか入れています。ハガキは缶ケースの中に複数枚入れています。
あと切手入れです。100均で見つけた写真フォルダーを活用しています。

これまでは郵便局で切手を購入した際にもらう透明の袋に入れていたのですが、どこに入れていたかがわからなくなってしまうし、1枚、2枚ほどになると袋ごとくしゃくしゃになってしまうこともありました。

季節ものの切手は来年に持ち越すこともあるので、こうして保管しておくと、うっかり失くすこともありませんし、使いたい時に探しやすいんです。
最近はかわいい切手がたくさんあります。フェイスブックなどで誰かが「こんな切手を買いました」と投稿しているのを見たら、「ほしい」となって郵便局へ。目当ての切手を購入したり、今度はどんな切手が発売されるのかチェックしたりします。

あと切手シートの枠は残します。花や魚、貝殻などかわいいなあと思う絵柄があって、封を綴じたり、少し飾りつけたり、ちょっとしたシール代わりになるんです。
お気に入りのお手紙アイテムを教えてください。
楢村さん:デコテープやプチハンコは、ポストカードや便箋でラインを引きたい時や空間がさみしいなあと感じた時に使います。
似顔絵の消しゴムはんこは、友だちがつくってくれたもので、封筒で差出人名を書くところなどに押します。
マスキングテープも愛用していて、たとえばお祝い用の絵柄ならお誕生日のメッセージを書く時に活躍してくれます。1枚ずつ剥して使えるマスキングテープは、封を綴じる時に貼ったり、便箋を飾る時に使ったり。
「kakuno」の万年筆を愛用しています。書きやすい上に、日常使いしやすいんです。

あと「デコレーゼ」はガラスや陶器にも書けちゃうペンで、紙にもぷくっと立体的に書けるので、マークを描きたい時に使っています。
手紙って不思議な力があるなあと改めて思います。

同じ文章だったら、メールでもらうのと、手紙でもらうのだったら、手紙のほうが残るような気がするんです。メールの場合はザァーッと一読して「了解」という感じだけど、お手紙の場合はもう1回最初から読み返すこともあります。内容によってはメールでもそうするかもしれませんが。

手紙ってこう、本のページをめくるのと同じで、紙の手触り感なども読み心地に影響を与えてくれるのでしょうね。電子ブックと紙の本がうまく共存しているのと同じで、どんなにデジタル化が進んでもお手紙もなくならないのだと思っています。
(2018年6月取材)
お手紙は「書く」だけではなく、それに付随して、さまざまな楽しみがあります。「このスペースがさみしいなあ」とちょこっと絵を描いてみたり、「このパッケージ、かわいいな」とそこを切り取って定型外のハガキにしてみたり。

楢村さんの切手シートの切れ端をシールにするアイデアは「なるほど!」と思いました。私はこれまで捨ててしまっていたのですが、よーく見るとかわいい絵柄もありますし、封を綴じるのにも便利。いろんな使い方ができそうです。

そういうふうにお手紙を書くことで、自分の中で「こうしたら、かわいくなりそう」「次はこうしてみるのもいいなあ」とアイデアや工夫が生まれてくるのを感じます。

それをカタチにしてみる楽しさを知ると、日常の中にちいさなクリエイティブなことがいろいろと生まれてきて、わくわく・ウキウキさせてくれますね。
profile
レターセットや絵葉書、季節の切手を見つけるたび、「誰に書こうかな?」「あの人は元気にしているかな?」などアレコレ想像してはトキメク…自称・お手紙オトメです。「お手紙がある暮らし」について書き綴ります。
小森 利絵
フリーライター
お手紙イベント『おてがみぃと』主宰
編集プロダクションや広告代理店などで、編集・ライティングの経験を積む。現在はフリーライターとして、人物インタビューをメインに活動。読者のココロに届く原稿作成、取材相手にとってもご自身を見つめ直す機会になるようなインタビューを心がけている。
HP:『えんを描く』
 
『おてがみぃと』
『関西ウーマン』とのコラボ企画で、一緒にお手紙を書く会『おてがみぃと』を2ヵ月に1度開催しています。開催告知は『関西ウーマン』をはじめ、Facebookページで行なっています。『おてがみぃと』FBページ

小森 利絵  おてがみじかん  コラム一覧>>
おすすめのコラム
ライフスタイル
お祝いの年月と赤いバラ
岡田 真結子
フラワーデザイナー/…
flower & b…
ライフスタイル
Simple life
真箏 まこと
元祇園芸妓/JAZZ…
真箏の部屋
ライフスタイル
誠とは
バックスター ルミ
バイリンガルライフコ…
RumiBaxter
コラムのジャンル一覧



@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME