HOME  前のページへ戻る

バックスター ルミ バイリンガルライフコーチ RumiBaxter
私たちが「生きる」中で、たくさんの選択をしています。 その選択は、意識したものから無意識に選んでいるもの、とるに足らない小さな選択から人生の岐路に立たされた大きな選択まで、その種類も様々。「丁寧に生きる選択」というライフスタイルは、未来へのキーワードでもあります。
丁寧に生きるという選択 ライフスタイル 2017-11-10
パーソナルベストを目指そう
今年も「もう11月なんて早すぎる」と、多くの方が感じているのではないでしょうか。

職業柄、「どうやったら英語が上手くなりますか」という質問をよくされます。この質問への良い答えは、考えれば考えるほどすぐには見つかりません。

巷には、「これだけ覚えれば話せる」、やら、「最短でマスターできる英語」、等、英語学習者の弱みにつけ込むようなフレーズがあふれているように感じます。残念ながら、本物に、近道はないのです。

もちろん、いくつかのフレーズや単語を覚える必要はあるでしょうが、英語に限らず、習い事があるレベルに到達するには、「知識」をインプットしながら「理解」し、それを何度も繰り返し「修練、練習」し、それを繰り返す事でやっと「応用、解釈」できる域に達するという、古典的なやり方しかないのだと思います。そしてそれには時間がかかるのです。

初めの、知識をインプットし理解するプロセスでは、理解したと思ったことが実はそうではなかったということが、「失敗」によって明らかになることが多々あります。だから繰り返し修練するのです。

修練こそが大切とされる日本の「道ーどうー」は非常に興味深いと思っています。仕草が自分のものとなる、自然になり仕草と体とが一体となるまで修練するという日本の伝統道には、失敗や未熟さの中に、謙虚さを教える要素が散りばめられているように感じます。私はこの謙虚さこそが、上達につながるような気がします。

謙虚であることとは、今の状況、今までの成長や進歩を感謝しながら、まだまだ、いやこれから、と常に次へのチャレンジ、マスターを目指し、努力を惜しまない姿勢だと思うからです。

上級者になればなるほど、学習にも謙虚です。謙虚である人はその道を極めようと「まだまだ」と努力されています。知らないことを知っているのです。だからこそますます知ることができるように思います。

なぜ極めるか、という目的が明確な場合もありますが、追求するということに目的は必ずも必要でない気がします。

追求すること自体が目的で、それが楽しいからやっている、楽しいことに理由なんて必要ない、それは「オタク」の境地なのかもしれません。自分のためにやる、自己研磨、それも、「道ーどうー」、の根本的な考え方だと思います。

楽しいから、そのことを考えている、何をしてもそのこととの関連で考えているうちに、そんな習慣が生活の一部分になります。オンもオフもない状態、始終そのことに関連して考えているのです。

例をあげると、好きな人のことを考えるのにオンもオフもないということでしょうか。そして上級者は確実にそんなタイプの人ばかりです。

でも私たちには残念ながら才能の有無というものがあります。そこで、いつも皆さんにお伝えしているのが、「パーソナルベスト」を目指そう。ということです。

才能や環境の違う人たちと自分を比べるのではなく、今の自分に何ができるのか、自分のベストを絞り出すために何ができるのか、を考えてみようということです。

そしてパーソナルベストを目指すためには最短法はありません。それどころか、パーソナルベストを目指すということはじっくり時間と暇、手間をかけて取り組む作業なのだと思います。

「これだけ覚えよう」、や「最短ハウツー本」は、パーソナルベストを目指す者にとっては逆行のコンセプトなのではないでしょうか。

じっくり時間をかけ、知識が理解、応用へと変わるプロセスをじっくり楽しみ、誰と比較するのでもなく焦らず、自己ベストに挑戦しながら自己研磨に丁寧に取り組む事で、必ず課題をマスターできると信じています。

自己ベストを目指す、そんな地道な努力は、知らず知らずのうちに、私たちの前のドアを開けてくれるはずです。
私たちが「生きる」中で、たくさんの選択をしています。 その選択は、意識したものから無意識に選んでいるもの、とるに足らない小さな選択から人生の岐路に立たされた大きな選択まで、その種類も様々。「丁寧に生きる選択」というライフスタイルは、未来へのキーワードでもあります。
バックスター ルミ
バイリンガルライフコーチ

心理カウンセラーのバックグラウンドをいかし、英会話講師として「コミニケーションレッスン」を展開中。 半生を英国、ヨーロッパのライフスタイルに関わってきたことから、それらの経験をもとに独自のレッスンを提供している。「五感+plus」を使ってコミュニケーション能力を磨くレッスンは、本格的英国サロンで行われている。
RumiBaxter
BROG:http://ameblo.jp/rumi-b/

バックスター ルミ  丁寧に生きるという選択  コラム一覧>>
ライフスタイル
余韻とは
ライフスタイル
未来へ向かおう
おすすめのコラム
ライフスタイル
お手紙にも、絵ゴコロを
小森 利絵
フリーライター
えんを描く
ライフスタイル
お花は人を幸せにする魔法
岡田 真結子
フラワーデザイナー/…
flower & b…
ライフスタイル
When the student is ready the teacher wi…
ガードナー 瑞穂
英会話講師エージェン…
英会話アルテミス
コラムのジャンル一覧

 


参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
お手紙で「私」と「あなた」とmeet!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
映画好きトークの会
『シネマカフェ』
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド





HOME