HOME  前のページへ戻る

ガードナー 瑞穂 英会話講師エージェント 英会話アルテミス
アメリカ人の夫と今年で国際結婚生活11年目。2児の母。フロリダ ディズニーワールドにて勤務4年。日本へ帰国後、生まれ育った関西北摂地域で英会話講師のエージェントの仕事の傍らイラストレーターとして活動中。母として、働く女性として、アーティストとして3つの視線から書き綴る心のコラム。
いつも心に太陽を ライフスタイル 2017-03-15
Like sunlight on water
昨年の年末から先月にかけて、私の周りで身近で2人の死の知らせが続き、最近私は自分の残り時間について考えています。

身近な人の死というものは、もう相手がいなくなってしまったということを頭では理解できても、心がどう頑張っても全くそれに追いつけないような、まるで人の頭と心は全く違うスピードで動いていて、その間には長い時差があるような気持ちになります。

先月、本人の要望でお葬式ではなく、彼の人生を祝してパーティを開きますので是非お越しくださいとの案内が届き、息子と二人で友人のメモリアルパーティーに参加しました、

そしてそのパーティは、私の人生の中で参加したパーティの中で一番美しい集まりでした。

行く道の電車の中で4歳の息子は、「ねえママ、それで今日は誰が結婚するの?」と何回も耳打ちをして聞いてきました。

何度説明しても人の死をまだ理解できません。そんな子に死というものを電車の中で説明しながら、大人である私も、実は死というものを上手くは説明できないことに気がつきました。

しかし、ある意味で言えば、死とは大きな故郷のソールへの帰化、もう一度結びつくという意味で結婚なのかもしれません。

そんな深く考えてしまうと、子供に何も説明できなくなってしまうので、結局「彼の体が疲れて動かなくなってしまったから、魂は体から抜け出して目には見えない天使になったんだよ、それを私たちは死と呼ぶんだよ」と話しました。

60名以上の沢山の人たちが集まる盛大なパーティでした。故人の生まれた頃から亡くなる前までの写真が大きなスクリーンにスライドでながれ、写真のストーリの説明、家族や友人たちのスピーチや美しい詩の朗読があり、会場では涙と笑いが海のさざ波のように繰り返されていました。

突然私の隣で笑顔で座っていた女性が、「もうあと一時間でパーティーが終わってしまう」と言って涙をポロポロこぼし泣き始めました。

そんな彼女を見ながら、私はこんなに沢山の人に関わり愛され、慕われ、インスピレーションを与えて生きた彼、多くの人に別れを惜しまれている彼の人生をとても美しくとても眩しく感じました。

そして自分が死んだ私に時こんな風に泣いてくれる人はいるのだりうかと、不安に襲われました。

それは今を、そしてこれからを、私はいかに生きてゆくべきか、他の人たちにどう関わってゆくべきか、この機会にじっくり考えてみなさい!と天使になった彼からラストメッセージを受け取ったかのようでした。

その会場は川の真横に建てられていて、パーティーの途中に少しの間、息子と2人で川を眺めに外へ出ました。

人生は流れる川の水面に反射する太陽の光のようなもの。止めどない川の流れと太陽の光により、新しい光は常に生み出され続け、そして一瞬にして消え続ける。沢山の眩しい光のその一つ一つが一人の人間の一生なのである。それが一つの同じ水面の上で皆つながりながら絶え間なく沢山の光が輝き続けている。

水面を実際に眺めていると、水面の太陽の光の反射はまるでクリスマスツリーのついては消える小さいライトのように忙しく、目をつぶってもまだ沢山の光が残像として残るほど強い光を放っていました。

私は「彼みたいに、ピカッと美しい強い光りを放って生きなあかんな!」と、川の上を飛んでいる鳥に夢中の息子に話しかけるように、自分に大きなな独り言を言い、今日のこの想いを忘れないようにと水面の光をしばしの間みつめていました。

全ての生き物、出来事、人間関係には必ずいつか終わりが来る。だからこそ愛おしく美しい。時に永久に続いてゆくのではないだろうかと思える私の人生も、終わる日がいつかやって来る。

子供達に追われハモスターの車輪の中ような子育ても、ふと気がつけばソプラノの声で「ママーおいで!」と私を呼ぶ声も聞こえなくなくなり、子供達は巣立ち家は静まり帰り、その静けさの中で自分の身の置き場に困惑するそんな日はいつか来る。

ずっと周りにいるのが当たり前に思う家族とも別れの日はいつか必ず訪れる。

そんな日が来た時に一つでも後悔がないように、精一杯私の残り時間を大切に、時間を無駄にせず生きてゆきたいと思います。
ガードナー 瑞穂
アメリカ人の夫と今年で国際結婚生活11年目。2児の母。 フロリダ ディズニーワールドにて勤務4年。 日本へ帰国後、生まれ育った関西北摂地域で、英会話講師のエージェントの仕事の傍ら、 イラストレーターとして活動しています。コラムに掲載しているイラストのサイトはこちら
英会話アルテミス
豊中と箕面のカフェで習うマンツーマン英会話。お洒落なカフェレッスン。レッスンは毎回払い。
HP:http://www.eikaiwa-artemis.com/

ガードナー 瑞穂  いつも心に太陽を  コラム一覧>>
ライフスタイル
天使
ライフスタイル
Like sunlight on water
ライフスタイル
A taste of home
おすすめのコラム
ライフスタイル
落ち葉で秋のお手紙づくり
小森 利絵
フリーライター
えんを描く
ライフスタイル
パーソナルベストを目指そう
バックスター ルミ
バイリンガルライフコ…
RumiBaxter
ライフスタイル
お手紙にも、絵ゴコロを
小森 利絵
フリーライター
えんを描く
コラムのジャンル一覧

 


参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
お手紙で「私」と「あなた」とmeet!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
映画好きトークの会
『シネマカフェ』
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド





HOME