HOME  Book一覧 前のページへ戻る

ひこばえ(重松清)

老いや親子関係について考える

ひこばえ
重松清(著)
「ひこばえ」とは樹木の切り株や根元から生えてくる若芽のことです。
洋一郎は55才にして「おじいちゃん」になろうとしている。嫁いだ娘 美菜の出産が迫っているのだ。今日なのか、明日なのか、いつ生まれるかわからないので、仕事中もスマートフォンを手元に置いている。

妻の夏子は、美菜のサポートに余念がない。長男の航太は高校教師で今年から担任を持ち、忙しそうだ。家族の仲も良く、まずまず幸せな一家ではないかと思っている。

そんな時、洋一郎に思いもかけない知らせが入る。洋一郎が小学校2年生の時に家を出て、その後一度も会っていない父親が死亡、遺骨の引き取り手がないというのだ。

父は再婚することなく、ずっと一人暮らしだったらしい。親切な大家さんが死後のことを取り仕切ってくれ、大家さんが親しくしているお寺で遺骨を預かってくれているという。

そもそも家族を捨てるように出ていった父親だ。今頃そんなことを言われても、と当惑する洋一郎。しかし実の子として知らぬ顔もできず、洋一郎は大家さんを訪ねる。驚いたことに、父が住んでいたのは、洋一郎の家からさほど遠くない街だった。

父は町の図書コーナーに頻繁に通っていて、近所の子どもたちからは「カロリーヌ爺さん」と呼ばれていたらしい。そして生前、たった1冊だけの「自分史」を作ろうとしていた…

40年以上会った事がなく、ほとんど思い出がない父のことが、少しずつわかってくるのだった。
(重松清さん『ひこばえ』上下巻の出だしを私なりにまとめました)
私は読み始めてすぐにストーリーに没頭する事ができました。

というのも、主人公の洋一郎と同じ時代を生きているからです。

洋一郎は1963年3月生まれ。学年は違うけれど同じ年なのです。

小説の最初に出てくる1970年の大阪万博について、洋一郎の思い出話だけでも懐かしくて胸がいっぱいに。

それ以上に、声をあげそうになるくらい嬉しかったのは、洋一郎と姉が、子どもの頃大好きだった本についてのくだり。

”カロリーヌちゃんシリーズ”が大好きだったというのです。

『カロリーヌとおともだち』
『カロリーヌのつきりょこう』
『カロリーヌのせかいのたび』

どれもこれも、懐かしい!!

私もカロリーヌちゃんシリーズの童話が大好きでした。

カロリーヌちゃんと一緒に冒険する「おともだち」は犬や猫などの動物。

幼い頃から動物好きだった私にとって、それはもう楽しく嬉しい絵本童話でした。

特に、白ねこのプフと黒猫のノアローが大好きでした。

大学に入学してフランス語の授業で黒色がnoir(ノワール)だと習った瞬間、私の頭の中でリンゴンリンゴン鐘が鳴りました。

「そうか!黒猫のノアローは”クロ” ”クロベエ”って意味だったんだ!」と。

大きくなってもそんなふうに覚えていたカロリーヌちゃんシリーズとまさか小説の中で再会できるなんて!

しかも主人公姉弟もカロリーヌちゃんよりむしろプフとノワローが好きだったとは!

小説の世界がぐっと自分に迫ってきましたよ。

ちゃらんぽらんだった父親。

小学2年生の時に、別れて以来、生死も意識していなかった父親。

当然、洋一郎には反発心があるわけですが、孫が生まれたことで、気持ちが変わっていきます。

洋一郎の気持ちを変えたのは孫の存在だけではありません。

洋一郎の職場で巻き起こる問題が、「老い」や親子関係について考えるきっかけになるのです。

主人公と同年代の私には非常に面白く読めました。

他の世代の方だったら、どんなふうに感じるのか、とても興味があります。

ところで私は、重松清さんの小説は他に『流星ワゴン』、『とんび』を読んだことがあります。

どちらも家族や親子(父子)関係が主題だったように思います。それが重松さんのテーマなのか、そうでないのか、他の作品も読んでみたいと思います。
ひこばえ
重松清(著)
朝日新聞出版
世間が万博に沸き返る1970年、洋一郎が小学校2年生の時に家を出て行った父親の記憶は淡い。郊外の小さな街で一人暮らしを続けたすえに亡くなった父親は、生前に1冊だけの「自分史」をのこそうとしていた。なぜ?誰に向けて?洋一郎は、父親の人生に向き合うことを決意したのだが…。 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

希望とは光だ

きぼう(コーリン・アーヴェリス)

千波留の本棚

とてつもない小学生文具王がいる! 

文房具図鑑(山本健太郎)

千波留の本棚

ありそうでなかった介護家族のための入…

親の介護をする前に読む本 (東田 勉)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME