HOME  Book一覧 前のページへ戻る

ドラえもん名言集 のび太くん、もう少しだけがんばって(藤子・F・ 不二雄 )

ドラえもんが人生を教えてくれる

ドラえもん名言集
「のび太くん、もう少しだけがんばって」
藤子・F・ 不二雄(著)
私がパーソナリティを務めさせていただいているエフエムあまがさきの番組「昭和通二丁目ラジオ」木曜日。昭和の歌をお送りする番組です。

毎月第1週目の16時台にお送りするのが「千波留Library」。私が選んだお勧めの一冊をご紹介する時間です。

今回ご紹介するのは、『ドラえもん名言集 のび太くん、もう少しだけがんばって』

1969年、小学館の学年誌『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』『小学二年生』『小学三年生』『小学四年生』で連載がスタートした『ドラえもん』。

昨年で50周年を迎えました。

ご存知のようにドラえもんは猫型ロボット。何をやってもドジばかりの のび太のために22世紀(誕生日は2112年9月3日)からやってきます。

22世紀ではドラえもんはのび太の孫・セワシの子分なのだそうで、過去に戻って先祖(?)を立ち直らさせるという話は、『バック・トゥー・ザ・フューチャー』と同じですが、1969年にそれを考えついているのが藤子不二雄さん(当時)のすごいところです。

1987年に二人で一人の「藤子不二雄」を解散。二人の合作であった『ドラえもん』の小学館少年雑誌への連載も1990年には完全に終了しました。

でも『ドラえもん』は1973年からテレビアニメ化され、映画も大ヒットし現在に至っています。

今や世界でも名高いドラえもん。彼の良いところは 愛嬌のあるところ。

どら焼きが好きだったり、自分自身もドジをしたり、「ロボット=完璧、冷静沈着」のイメージを大いに覆しています。

また、のび太に寄り添いながらも、甘やかさないところも素晴らしい。

のび太のためにならないことは拒むし、しかる。その言葉の深いこと!

選書家 幅允孝(はば よしたか)さんが、原作からピックアップしたドラえもんの名言に名場面(名コマ画)を添えたのが『ドラえもん名言集 のび太くん、もう少しだけがんばって』。

その中から特に私の心に響いた名言をご紹介しましょう。
「ほんとうに強い者はけっしていばらない。弱い者いじめなど とんでもない」

「悩んでる…?いや、悩んでなんかいないね、たんに甘ったれてるだけだ。

いっぺんでいいから本気で悩んでみろ!!

自分というものをしっかりみつめろ。悩んで悩んで悩みぬくのだ。そうすれば…そこに新しい道がひらけるだろう」

「うわべばっかりかざってる人間は、いつかはきっとぼろをだすさ。」

「障害があったらのりこえればいい!きみはかんちがいしてるんだ。

道をえらぶということは、かならずしも歩きやすい安全な道をえらぶってことじゃないんだぞ。

今の自分をふりかえってみろ。

たいした努力もしないである日突然えらい人になれると思う?

失敗しては反省し、また失敗して反省し…。そのくり返しの毎日さ。」
(「」内は全て小学館『ドラえもん名言集』より引用)
うーん、おとなの私でも思わず唸ってしまう言葉です。

読者を、小さくても人間性を持った相手とみなして、おとな(藤子不二雄さん)が本気で語りかけているのがわかります。

子どもに向けて描く漫画ではあっても、決して「子どもだまし」ではありません。

たとえ読んだ時に言葉の意味を100パーセント理解できなかったとしても、人生について本気で語りかけてくるから心を打たれるのだと思います。

ドラえもんは単なる「夢いっぱいのおもしろ漫画」ではないのですね。

読者を侮らず、誠実に向き合うこの姿勢は、鉄腕アトムを生んだ手塚治虫さん、アンパンマンの生みの親 やなせたかしさんにも通じると思います。

しかし耳の痛い言葉を言われる のび太は原作では小学4年生、アニメでは小学5年生の設定ですから、10歳か11歳。

なかなか厳しいですね。

でも、事あるごとにこんな言葉を言い聞かせてもらったら、きっと立派な人に成長することでしょう。

ああ、私もドラえもんが欲しかったよ!

ドラえもんファンはもちろん、そうでない人も、おとなもこどもも、一読の価値がある一冊です。
ドラえもん名言集
「のび太くん、もう少しだけがんばって」
藤子・F・ 不二雄(著)
小学館
不朽の名作ドラえもんから選びぬいた、あなたの人生を変える名台詞と名イラスト。 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

どの問題も、それぞれの人生にとって大…

本バスめぐりん。(大崎梢)

千波留の本棚

二人のこれからが気になる

すれ違う背中を(乃南アサ)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME