HOME  Book一覧 前のページへ戻る

あめつちのうた (朝倉宏景)

阪神甲子園球場の舞台裏

あめつちのうた
朝倉宏景(著)
最近マイブームが沈静化してきましたが、以前は野球が大好きでした。

基本的にチームはセ・リーグは阪神タイガース、パ・リーグは阪急ブレーブスを応援していて、時々は球場にも見に行っていました。

足しげく球場に通ったのは1990年代前半。野茂英雄選手が近鉄バッファローズに入団したのがきっかけです。

とにかく、野茂さんが好きで好きで、将来子供が生まれたら、女の子なら「のも美(のもみ)」、男の子ならそのまま「野茂」という名前をつけるぞと決めていたくらい。(子どもに恵まれなかったので、その野望は潰えました)

近鉄バッファローズ主催の試合が行われていたのは、藤井寺球場と日生球場。初めて行った時にはびっくり。阪神甲子園球場や西宮スタジアムに馴染んでいたため、球場の狭さや設備の簡素さにびっくりしたのです。

その後、神戸スタジアム(当時の名称)、福岡ドーム、大阪ドームで観戦し、「プロ野球」という同じ括りでありながら、試合環境は全く均一ではないのだと知りました。

そして改めて、阪神甲子園球場は別格の場所だと思ったのです。

太陽の光、風、そして時には雨を感じながら、応援できる場所。大声援もブーイングも、天井に遮られることなく、抜けていく感覚。

そして何より天然芝の緑と土の黒さのコントラストの美しさ!また、高校球児にとっての聖地という特別感もある。

前置きが長くなりました。

そんな阪神甲子園球場のグラウンド整備を任されている「阪神園芸」さんを実名で小説にしたのが朝倉宏景さんの『あめつちのうた 』です。

野球が好きなかた、特に阪神甲子園球場に特別な思いを持つ人にはたまらない小説だと思います。
主人公 雨宮大地。大地の父は元高校球児で、叶わなかった甲子園出場の夢を息子に託していた。

ところが、大地は喜劇的なまでの運動音痴だった。父親は大地が6歳の時に早くも見切り、弟の傑に期待することにした。

高校生になっても運動が苦手な大地だったが、野球部に入り、マネージャーとしてチームに貢献し、甲子園出場を果たす。

そしてチームが敗退し、甲子園を去る時に、トンボで土をならすグラウンドキーパーの人々を目にしたことが大地の運命を決めた。

周囲の意見を聞かず、高校卒業後すぐに阪神甲子園球場のグラウンド管理を任されている阪神園芸株式会社に入社したのだ。

新米グラウンドキーパー 雨宮大地の1年間を描いた小説。
(朝倉宏景さん『あめつちのうた』を私なりに紹介しました)
甲子園では、雨が降って試合が中断しても、お客さんはほとんど帰りません。

雨がやみさえすれば、阪神園芸の人たちが絶対になんとかしてくれるはず、と信じているから。時に「神整備」と言われる阪神園芸さんだもの、と。

もちろん私もそう信じています。

でも、阪神園芸さんの仕事の内容を詳しく知っているわけではありませんでした。

試合中のグラウンド整備だけではなく、普段の土や芝の手入れなど、一年中、きめ細かくコンディションを整えているのですね。

また、甲子園球場の設備についても知らないことが多数あることがわかりました。

一例を挙げると、グラウンドに散水する時、ホースをどこにつないで水を出しているのか、といったことです。そんなところに散水栓が仕込んであるのか、と。

それにしてもこの小説で描かれる甲子園球場の一年の華々しいこと。

春は選抜高校野球、夏の高校野球選手権大会、秋はプロ野球のクライマックスシリーズ、そして冬は甲子園ボウル。

私はクライマックスシリーズ以外はどれも実際に見にいったことがあります。

アメリカンフットボールの大学日本一を決める甲子園ボウルでは球場全体が芝で覆われているのですが、それも全部阪神園芸さんが手がけていることをこれまで知りませんでした。

野球のためだけではなく、甲子園球場を舞台に繰り広げられる、あらゆる戦いのために、万全の整備をするのが阪神園芸さんのお仕事だったのです。

もちろんこの小説は、阪神園芸さんの仕事内容を紹介するだけのものではありません。

入社一年目から気の抜けない「プロの仕事」を要求され、それを学ぶうちに、雨宮大地が、自分の問題を直視し、成長していく様子が描かれています。

家族への思い、友情、恋などなど。

真剣に仕事に取り組んでいると、教えられた言葉や内容が人生にも当てはまることに気づくのは、何も阪神園芸さんに限ったことではないでしょう。

また、一生懸命仕事に取り組む人の美しさについても同じこと。

最後に、私が感銘を受けた言葉を紹介しておきます。
「たまたま大観衆の目につく職業やから、神整備やってメディアにとりあげられるけどな、お好み焼き屋の婆さんやろうが、工事現場のおっちゃんやろうが、バスやトラックの運転手やろうが、普通のサラリーマンやろうが、みんなおんなじや。それぞれの持ち場を必死になって守っとるだけや。それで給料もらって生きてんねん」
(朝倉宏景さん『あめつちのうた』P38より引用)
あめつちのうた
朝倉宏景(著)
講談社
運動が苦手な雨宮大地は、家族への鬱屈を抱えながら、甲子園球場の整備を請け負う阪神園芸へと入社する。ところが、仕事は失敗続き。自分は本当に一人前のグラウンドキーパーになれるのだろうか?同性愛者であることを周囲に隠す親友・一志や、重い病気を患いながら歌手を目指すビールの売り子・真夏、ケガでプロへの道を断念した、同僚の長谷。大地は同じく「選べなかった」運命に思い悩む仲間たちと関わり合いながら、自らの弱い心を掘り起こすように土へ向き合っていくー。甲子園の神整備、「阪神園芸」が舞台のスポーツ裏方小説! 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

小説や時代劇にない、光秀の意外な一面

桶狭間の四人(鈴木輝一郎)

千波留の本棚

泣きました。大いに泣きました

ねこのおうち( 柳美里)

千波留の本棚

本にぬかずく使徒、芥川賞作家、又吉直…

第2図書係補佐(又吉直樹)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME