HOME  Book一覧 前のページへ戻る

ねこのおうち( 柳美里)

泣きました。大いに泣きました

ねこのおうち
柳美里(著)
ねこ好きさんなら、涙腺決壊するに違いない本を読んでしまいました。柳美里さんの『ねこのおうち』。
公園のお向かいの家の猫ニーコはおばあさんと二人暮らし。

おばあさんにいい子いい子してもらって、幸せいっぱいの毎日だが、ニーコはもともと捨て猫だった。

ニーコのお母さんはキャットショーに出るような由緒正しいチンチラだったが、飼い主さんの不注意でたった一度家を飛び出した時に身ごもってしまった。

生まれた子猫の中で最もチンチラっぽくなかったニーコだけが公園に捨てられてしまったのだ。まだ乳飲み子だったのに。

それを見つけてくれたのが優しいおばあさんだった。

しかし幸せな日々に終わりが来る。

おばあさんが「ニーコや」と言ってくれなくなった。

認知症になったおばあさんはどこかへ連れて行かれ、ニーコはひとりぼっちに。

そして家は取り壊され、野良猫になったニーコは公園に住むことに。

やがて頼りになる雄猫と出会い夫婦となり、6匹の子猫を産んだ。

しかし、世の中には猫が嫌いな人もいる。

ある日、夫(猫)が帰ってこなかった。保健所の職員に見つかったのかもしれない。

そして一人で子育てをすることになったニーコは空腹に耐えかね、仕掛けられた毒団子を食べてしまい、苦しみながら死んでしまう。

残された6匹の子猫達に「おうち」は見つかるのか?
(柳美里さん『ねこのおうち』の第一話を私なりに紹介しました。第一話に関してはほぼネタバレですが、どうしても必要なのであえてご紹介しています)
泣きました。

大いに泣きました。

そして怒りが湧き上がってきましたよ。

キャットショーがなんぼのもんじゃい!

子猫を産んで体型が変わったら入賞できない、だ?

ふざけるんじゃねぇ!

テメエの猫はキャットショーで優勝するためだけのものなのか?!

命をなんだと思ってやがる!

生まれてきた子猫の命を粗末にしたテメエの行く末をとくと見せてもらうぜ!!

と、浅田次郎先生の『プリズンホテル』か『きんぴか』の登場人物のごとく、吠えてしまいましたわ。

現実世界にも犬や猫を一旦飼っておきながら、捨てる人がいっぱいいます。

我が家に迎え入れたシュヴァルツ・権三も保護犬でした。

4匹兄弟で生まれてきて、生後間もなく全員保健所に連れて行かれたんですよ。

どういう事情かは知りませんが、飼い主さん自らが連れてきたそうです。(だから誕生日もわかっている)

そのうち愛想が良かった2匹は保健所主催の譲渡会で「おうち」が見つかりました。

しかし、ビビリで人見知りな残り2匹はずっと保健所に。

殺処分の期限ギリギリに保護施設に引き取られ、その後「おうち」が見つかりました。その片割れがシュヴァルツ・権三です。

「死」に直面する毎日だったんでしょう。

最初は、知らない人が通りすがるだけで硬直し、お漏らしするようなワンコでした。

人間を心の底から怖がっていたのです。

その子を引き取った「おうち」としては、生まれてきた子猫を公園に捨てるヤツが許せない!!

加えて許せないのは、見た目が高級品種に見えない子だけを捨てた点。

二重三重に許せん!!

涙をぬぐいつつ、続きを読みました。

ニーコが産んだ6匹の子猫たちを拾った人には、それぞれの悩みがありました。

しかし、子猫を拾ったことで、少しずつ状況が変わっていくのです。

弱い生き物を助けたつもりが、その子に自分が救われるのですよ。

これも、生き物を飼っておられる方なら、わかってくださるのではないですか?

4つの連作短編を読み終わると、最初と最後が繋がります。

そして、もう一度涙がポロリ。

良かったね「ニーコ」。

この小説の中で、野良猫に餌をやることを反対されたおばあさんの思いに激しく同意しました。その部分を引用させていただきます。
どのねこも、人になついているということは、初めからノラだったわけではないのです。元は、誰かの飼いねこだったのです。

罰を受けるべきは、ねこを捨てた飼い主なのに、何故、捨てられたねこが罰せられなければならないのでしょう?
(柳美里さん『ねこのおうち』 P22より引用)
これぞ正論。

【追記】
私はノラ猫に餌をあげることを無条件に支持しているわけではありません。我が家では、そういう子は連れ帰って、ウチの子にしています。
ねこのおうち
柳美里(著)
河出書房新社
生まれてすぐに「ひかり公園」に捨てられたニーコ。幸運にもおばあさんに助けられ幸せな日々を送っていました。しかし三度目の春、おばあさんとの別れは突然やってきます。ふたたび公園に戻ったニーコは六匹の子ねこを産みました。そして…。いま、子ねこと、彼らを家族に迎えた人々が奏でる命の物語が幕を開けます。生きることの哀しみと煌めきに充ちた、猫小説の新たな代表作の誕生! 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

二人のこれからが気になる

すれ違う背中を(乃南アサ)

千波留の本棚

ほのかに明るい未来が良い

つぼみ(宮下奈都)

千波留の本棚

なんとも羨ましくも信じがたい(?)5…

きょうも箸袋でラブレター(歌代子)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(台湾)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(農業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME