HOME  Book一覧 前のページへ戻る

ルドルフとイッパイアッテナ (斉藤 洋)

生きる知恵と友情の物語

ルドルフとイッパイアッテナ
斉藤 洋(著)
今年の夏休みの読書感想文教室の受講生は合計16人。そのうち5人は昨年、あるいは一昨年受講してくれたお子さん。以前会った時より、背が伸びていたり、お顔が少し大人びているお子さんと再会できたのは嬉しかったです。

二人が同じ本を選んでいたので、私が講座前に読んだのは15冊。

私は子どもがいないので、普段は今時のお子さんがどんな本を読むのかわかりません。毎年この講座のおかげで本との新鮮な出会いがあります。

そのうちの一冊が斉藤洋さんの『ルドルフとイッパイアッテナ』でした。

『ルドルフとイッパイアッテナ』の初版は1987年といいますから、私がシステムエンジニアになって2年目、残業に明け暮れ、疲れ果てていた頃です。

そのころも本は読んではいましたが、『ルドルフとイッパイアッテナ』を書店でチェックした記憶がありません。2016年に映画化されて初めて知ったのでした。

随分可愛らしい猫が主人公なんだなぁ、と気になってはいたのです。この機会に読めてよかったわ。
黒猫ルドルフは飼い猫だったが、家の外にも出かけていく。

ある日、魚屋の店主に追いかけられ、逃れるために苦し紛れにトラックに飛び乗ってしまう。目が覚めたら、見知らぬ土地に来ていた。

トラックから降りたルドルフは大きくて凄みのあるトラ猫と出会う。

いじめられるかと思いきや、トラ猫はルドルフに親切にしてくれる。

人間との上手な付き合い方や、教養のある猫としてすべきこと、すべきでないことを教えてくれるのだ。

そう、イッパイアッテナには教養がある。なにせ文字を読み書きできるのだ。

今いるところが東京という場所であること、ルドルフが住んでいたのが岐阜という場所であることも、イッパイアッテナのおかげでわかった。

そして文字が読めるおかげで、岐阜に帰る方法もわかった。

ルドルフはイッパイアッテナと一緒に居られる間にと、生きる知恵や読み書きを熱心に学ぶようになった。

ルドルフは岐阜に帰れるのか?!
(斉藤洋さん『ルドルフとイッパイアッテナ』のとっかかりを私なりにまとめました)
私が最初に気になった「イッパイアッテナって名前なの?」という疑問は割と早く解決しました。

要領よく色々な人間に可愛がられているトラ猫は、人によって呼び名が違うのです。

「俺の名前はいっぱいあってな」という前置きをルドルフは名前だと勘違いしてしまったというわけ。

可愛らしいではありませんか。

私は子どもの頃から動物が大好きだったので、動物が出てくる物語も好き。一気に読み終えました。

猫の世界を描いた童話とはいえ、他人(他猫)とギスギスしない距離の取り方、言って良いことと悪いことがあること、弱った相手を労わることなど、生きる知恵が満載でした。

私は気がつけば黒いチビ猫ルドルフの目線になって物語の中に入り込んでいました。

イッパイアッテナと体験するあんなことやこんなこと、ワクワクハラハラ、そして時々はしんみり。

こんな素晴らしい本に出会えるなんて、読書感想文講座を担当して良かったと思います。

ところで、文字を読み書きできるイッパイアッテナのおかげで思い出したことがありました。

それは小学校3年生の時、叔父からプレゼントされた「きつねものがたり」。

結婚したばかりの叔母が旦那様(つまり叔父)と一緒に我が家に来てくれた時、私が本好きだと知って、叔父が選んで持ってきてくれた外国の童話でした。

文字の読み書きができる きつねが主人公。痛快なお話が気に入って、何度もなんども読み返しました。

叔父はすでに亡くなってしまったけれど、「きつねものがたり」を選んでくれた叔父のことは忘れません。

今もあるかしらと検索したら、ありました!

国語の教師だったおばに、言われたことがあります。

「動物の物語に泣いたり笑ったりするのは幼児性が抜けていない証拠」と。

うーむ。否めない。

私は自分でも、自分の中の一部分が幼児のままだと思いますもん。

とはいえ、大切なことが子どもにもわかるように書かれた児童書は古びて固くなった大人の心にも届くと思うのです。

生きる知恵と友情の物語『ルドルフとイッパイアッテナ』は年代を問わずお勧めの一冊です。

映画も見てみようっと。
ルドルフとイッパイアッテナ
斉藤 洋(著)
講談社
ひょんなことから長距離トラックに乗って東京にやってきてしまった、小さな黒ねこ、ルドルフ。人間の字の読み書きができるボスねこ「イッパイアッテナ」たちと出会い、思いがけないノラねこ生活がはじまった。その冒険と友情に子どもも大人も胸を熱くした不朽の名作児童文学が、初めての文庫化! 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

不思議なタイトル。でも「タイトルはこ…

サラバ!(西加奈子)

千波留の本棚

その体験談は、あるものは面白くあるも…

冥途のお客(佐藤愛子)

千波留の本棚

まずは自分がバカだと悟る

バカとつき合うな(堀江貴文 西野亮廣)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME