HOME  Book一覧 前のページへ戻る

CICADA by Shaun Tan

シニカルで、不思議で、ユーモラス

CICADA
by Shaun Tan
月に一度、「洋書と絵本を楽しむ会」を少人数で開催し、絵本を紹介しあっています。

今回ご紹介する『CICADA』は、そこで紹介してもらったもの。

とってもシニカルで、不思議で、ユーモラスな絵本だなあ、という印象だったのですが、心に深く残り、結局購入しました。

Shaun Tanはオーストラリア人のアーティスト。絵本は世界で数々の賞を受賞し、アニメーション作品でもアカデミー賞を受賞しています。

この絵本は、彼の作品の中でも、シンプルで分かりやすく感じました。

Cicada(セミ)は、データ入力作業員として、人間に混じって働いています。
Cicada work in tall building.
Data entry clerk. Seventeen year.
No sick day. No mistake.
Tok Tok Tok!
詩のような、片言の英語のような文章です。英語の勉強には向きませんが、シンプルで意味は良く分かります。

Cicadaは、17年間、毎日真面目に勤務し続けたのに、誰にも感謝されず、昇進も一切ありませんでした。

同僚からは、苛められ、給料が低すぎるので、やむなく会社の壁際の隙間で暮らしています。

退職の日になっても、パーティーどころか、握手すらありません…

文章と、”Tok Tok Tok!” という不思議な音のせいでしょうか、あんまり酷すぎて、逆に笑ってしまうような雰囲気で、お話が進行します。

作者は、ドイツで目にした無機質な職場環境にインスピレーションを受け、また中国のIT企業で、ビルに飛び降り自殺防止用のネットが張られている(恐いですね!)というニュースを聞き、最初は職場の苛めをテーマに考えました。

制作が進むにつれ、色々な要素が加わっていったので、解釈は人それぞれ、読者にお任せなのだそうです。

自身の父親がマレーシアからオーストラリアに移住した事から、移民の事も想起されます。

日本の職場でも、こんな事が起こりそうでもあります。

主人公がセミであるという事もポイントになります。

文章は、Cicadaの観点から書かれています。

セミなので、人間とはまったく違った価値観を持っているのかもしれません。

周囲の環境が人(セミ)に影響するのでなく、人(セミ)が周囲をどう考えるかで、その人(セミ)生が決まるのかもしれません。

こんな職場で働くのは、誰にとっても辛そう…

作者は最後に松尾芭蕉の俳句を引用しています。
閑さや
岩にしみ入る
蝉の声

calm and serene
the sound of a cicada
penetrates the rock
どういう意味なのか、考えさせられます。ここで蝉が1匹なのは、あのCicadaの声という事なのでしょうか。どんな事を思って鳴いているのでしょうか。

ショーンタンはとても興味深い作家です。

無機質な職場を絵本の舞台にしてしまうなんて、それも面白く読めるものにできるなんて、すごい才能ではないでしょうか。

「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」が現在東京で開催中ですが、秋には京都に回遊してきます。楽しみです。
CICADA
by Shaun Tan
Hodder Children's Books
profile
八津谷 郁子
『洋書屋』店主

絵本を原書で読んでみませんか?アートな絵本、心が豊かになる絵本、英語圏の文化に触れられる絵本などを紹介します。
洋書屋
HP:http://www.yoshoya.jp/

OtherBook

洋書屋からのおすすめ絵本

すべてを楽しくしてしまうスーパーガー…

Do You Know Pippi Longstocking?(by Astri…

洋書屋からのおすすめ絵本

ゴミを楽器に。音楽は希望を誘う

Ada's Violin by Susan Hood

洋書屋からのおすすめ絵本

心ほっとしたい時、休憩したい時にオス…

Mr. Gumpy's Outing by John Burningham




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME