HOME  Book一覧 前のページへ戻る

土の記(高村薫)

「自分らしく生きる」難しさ

土の記
高村薫(著)
“自分らしく生きる”

と言ってもなかなか難しいことがあります。

他者との関係の上に生活が成っているので、無意識に我慢していることや、意識しても変えられないこともあります。

ある時“イネイブラー”を知っているかと聞かれました。イネイブラーとは、依存症の症状を助長してしまう身近な人のことです。

例えばアルコール依存症の場合、本人だけでなく家族全員でカウンセリングを受ける必要がある。症状が本人の問題だけではなく周囲との関係性からきているためです。

依存症までいかなくても誰にでもストレスはありますし、家族にしかわからない積もるものもあります。

「土の記」は一族の宿命と歪みが描かれており、胸に重くのしかかる一冊でした。

妻の介護を終えた70過ぎの伊佐夫が主人公です。器量のいい妻の昭代が不貞を働いていることを知りつつ、婿養子の気遣いから、事を大きくしないで暮らしていました。

原付に乗った妻がノーブレーキでダンプカーに激突したのが不可解で、事故ではなく自殺だったかもしれない、と思う伊佐夫。

事故後、植物状態となり16年という長い介護を夫に強いたのは積年のメッセージのよう。さらには、役目を終えた伊佐夫に徐々に痴呆の症状が現れます。

(『土の記』下巻:p.180より)
ストレッチャーの上には血だらけの昭代がおり、伊佐夫は運び込まれてゆく妻を見送る亭主になっている。当時、工場から駆けつけた自分が搬送を見ていないことは頭のどこかで理解しながら、伊佐夫は見たはずのない昭代の姿を繰り返し、繰り返し見る。…

十七年前の哀れな亭主から七十三歳の隠れ脳梗塞の老いぼれへ、あるいはその逆へとくるり、くるり入れ替わる。…ほら昭代、今度はぼくの番だなあ―と。
伊佐夫の生き方は一見受け身に見えましたが、読み進めると「土」と言うキーワードが浮かびます。

昔から土いじりが好きだったこともあり、昭代の家が持つ山に呼び寄せられたのではないか―

妻を看取った後も畑仕事に生きがいを感じます。

老いの中でこそ実感する「生」があるのか?

16年の介護生活も、妻との関係に悩んだことも全て受け入れてきた。それが伊佐夫の自分らしさだと思います。

映画やドラマのように劇的な物語でないところが、返ってリアルな読後感を残しました。
土の記
高村薫(著)
新潮社
東京の大学を出て関西の大手メーカーに就職し、奈良県は大宇陀の旧家の婿養子となった伊佐夫。特筆すべきことは何もない田舎の暮らしが、ほんとうは薄氷を踏むように脆いものであったのは、夫のせいか、妻のせいか。その妻を交通事故で失い、古希を迎えた伊佐夫は、残された棚田で黙々と米をつくる。 出典:amazon
profile
植木 美帆
チェリスト

兵庫県出身。チェリスト。大阪音楽大学音楽学部卒業。同大学教育助手を経てドイツ、ミュンヘンに留学。帰国後は演奏活動と共に、大阪音楽大学音楽院の講師として後進の指導にあたっている。「クラシックをより身近に!」との思いより、自らの言葉で語りかけるコンサートは多くの反響を呼んでいる。
Ave Maria
Favorite Cello Collection

チェリスト植木美帆のファーストアルバム。 クラッシックの名曲からジャズのスタンダードナンバーまで全10曲を収録。 深く響くチェロの音色がひとつの物語を紡ぎ出す。 これまでにないジャンルの枠を超えた魅力あふれる1枚。 ⇒Amazon
HP:http://www.mihoueki.com
BLOG:http://ameblo.jp/uekimiho/
⇒PROページ
⇒関西ウーマンインタビュー記事

OtherBook

チェリスト植木美帆の「心に響く本」

ゴーギャンをモデルにしたといわれてい…

月と六ペンス(サマセット・モーム)

チェリスト植木美帆の「心に響く本」

大切なものほど目には見えない。一片の…

生くる(執行草舟)(二)

チェリスト植木美帆の「心に響く本」

全ては、明るい未来のために

人工知能時代を生き抜く子どもの育て方(神野元基)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME