HOME  Book一覧 前のページへ戻る

なんにもうまくいかないわ (平安寿子)

誰もが少しだけ後悔を抱えながら生きている

なんにもうまくいかないわ
平安寿子(著)
タイトルを見て、読まずにいられなかった平安寿子さんの『なんにもうまくいかないわ』。
並河志津子 42歳 独身。市場調査会社のチーフで、人脈は幅広く、仕事はできる。

見た目もちょっとばかりいい女の部類に入る志津子は、仕事で名刺を交換したばかりの相手と、すぐに飲みに行き、そこで人生を語り合えるぐらい、相手の懐に入るのが上手。

時にはそのまま勢いに乗って、ホテルや自宅になだれ込み、男女の関係になることも。かといって、だらしない女かといえばそうとも言えない。なんとなしに可愛らしいところがある女性だ。

しかし、そういう関係になる相手は大抵年上で、妻子持ち。結婚など望むべくもない。たまに年下と付き合ったかと思うと、単にセールスのカモにされていただけだったりする。

仕事はできるが、寂しがり屋でお節介な志津子は、別れた男も家族のようなものだと感じている。一度ご縁があった人間とすっぱり関係を切ることが苦手なのだ。

ポジティブな志津子でも、後悔することはある。たとえばあの時、結婚していたら。もしも自分が母になっていたら。

人生って「なんにもうまくいかない」ものなのかも。
(平安寿子さん『なんにもうまくいかないわ』の概要を私なりにまとめました)
この本は、短編集です。巻末の『亭主、差し上げます』以外は全て、志津子が主人公です。

志津子の子どもの頃からの友人、仕事仲間、部下、元カレ、そして元カレの奥さん、それぞれの立場から見た志津子が描かれています。

最初は、男の人にだらしない軽薄な女性のように思えた志津子が、徐々に頼もしくもあり、可愛らしくもあるように見えてきます。

恋愛面では同調しにくいところも多いけど、仕事でこの人と組んだら、さぞ気持ちよく仕事が捗るだろうなぁ。

タイトル『なんにもうまくいかないわ』は、恋愛に勝利し、うまく妻になったものの、夫の愛が本当は自分には向けられていなかったのではと思っている妻と、大好きだったのに結婚できなかった女性、相反する二人が同時に思うことです。

人生は一度しかなく、しかも並行して二つのことを試すわけには行きません。

それなのに人生の岐路は無数にあり、その都度なにがしかの決断をし、一つの道を歩んで行くしかないのです。

後で振り返って、「あの時右の道を選んでいたらどうだったろう」と考えることがあるかもしれません。

そして今の道を進んで得られなかったものが、もう片方の道に進んでいれば得られたかもしれないと、思うことだってあるでしょう。

どの道に進んでも、もう一つの道に進んだらどうなったか、思い煩わずにはいられないのが人間なのかもしれません。

そして思わず呟くのです。 「なんにもうまくいかないわ」。

ただ、主人公が「なんにもうまくいかない」と独りごちながらも、全く暗くないのがこの小説の良いところ。

「誰もが少しだけ後悔を抱えながら生きているのかも。それなら私が少しぐらい悩むのは当たり前よね」

そう思ったら、どんな人でも、もう少し頑張ってみようと思えるのでは?

そんな小説でした。
なんにもうまくいかないわ
平安寿子(著)
徳間書店
むかし負け犬、いまアラフォー。そのまっただなかの並河志津子。子なしシングル、恋多きプチ・ゴージャスな独身生活を楽しみつつ、“女のタイムリミット”におびえる迷える女。「なんにもうまくいかない、それが人生なのよ」とうそぶいてはみたものの、揺れる想いはかくせない。怒って泣いて、ため息ついてアハハと笑って…。Ah~どうなるあたしー。 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

ゲン担ぎの古今東西

幸せを招く世界のしるし(米澤敬)

千波留の本棚

忘れられない。日野原先生の手の厚みと…

生きていくあなたへ(日野原重明)

千波留の本棚

二人のこれからが気になる

すれ違う背中を(乃南アサ)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME