HOME  Book一覧 前のページへ戻る

きりみ(長嶋祐成)

「好き」ってすごいパワー!

きりみ
長嶋祐成(著)
私がパーソナリティを担当している大阪府箕面市のコミュニティFMみのおエフエムの「デイライトタッキー」。その中の「図書館だより」では、箕面市立図書館の司書さんが選んだ本をご紹介しています。

今回ご紹介するのは、長嶋祐成さんの絵本『きりみ』です。

なんと強烈なインパクトの表紙でしょうか。

鮭をさばいているところで、背骨、ひれ、わた、卵(いくら)まで、丁寧に描き込まれています。

最近のお子さんは、スーパーで売られているきりみが、元はどんな魚なのか知らないどころか、切り身の姿で泳いでいると思っている子もいるとか。

ホンマですか?!

信じがたい話だけれど、だからこのような絵本が成立するのですね。

鮭、太刀魚、うなぎ、カツオなど、お馴染みの魚介類の生前のお姿と、食べるときに目にする切り身を比較した絵本は、1ページめくるたびに「へー。こんな風な体の作りになっているんだ」と感心する気持ちと「ああ、美味しそう。食べたい」という気持ちが交互にやってきます。

お子さん向けに書かれたのだろうけど、大人でもじゅうぶん楽しめます。

でも私は絵本以上に著者に興味が湧きました。

長嶋祐成さんは魚譜画家さん。1983年大阪生まれで、幼い頃に魚の姿に魅せられたそうです。

大阪教育大附属平野中学校に入学。ということは、大阪弁で言うカシコですね。

ところが、せっかく入学したのに中学では不登校になり、一年間は熱帯魚の世話に明け暮れていたそう。

しかし、高校からは一転して模範生となり、京都大学総合人間学部に進学しておられます。

ね、やっぱりカシコでしょ?

現代思想を学んだ長嶋さんは、最初はアパレルブランドに就職。次にマーケティングの会社に転職しておられます。

魚譜を本業にされたのは、2016年。33歳でやっと本当にやりたいことが仕事になったわけです。

私はこのご経歴から出世魚を連想しました。

長嶋さんはいろいろな海(分野)で泳いで、”ハマチ”そして”ブリ”になられたんだなあ、と。

長嶋さんは現在、石垣島に住んで魚の絵を描いておられるんですって。

ホームページを拝見すると、長嶋さんは、魚の美しさ、愛らしさ、格好良さ、気高さを絵にしたいそうです。

それを見てもらうことで、魚を愛し、自然を愛する人を増やしたいとおっしゃっています。

それもしゃかりきに声を大にして主張するのではなく、日常生活の中で楽しみを追っているうち、知らず知らずに未来の自然に貢献していた……というのが理想だとか。(長嶋祐成さんのウェブサイト「魚の譜」から解釈を加えて引用させていただきました)

幼い頃から好きだった魚介類を描き続けておられる長嶋さん。

絵本『きりみ』は「好き」のパワーがどれほど人間にとって大きいかを教えてくれます。
きりみ
長嶋祐成(著)
河出書房新社
サケのしおやき、カレイのにつけ、えびフライ、かつおぶし、のり…もともとはどんなすがたでしょう? 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

大人の方が胸にグッとくる

チックタック〜約束の時計台〜(にしのあきひろ)

千波留の本棚

ものを書くことの最終目的は「幸せにな…

書くことについて(スティーブン・キング)

千波留の本棚

ハリネズミ乙女の悲喜こもごも

ハリネズミ乙女、はじめての恋(令丈ヒロ子)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME