HOME  Book一覧 前のページへ戻る

誤解されやすい方言小辞典(篠崎晃一)

お国柄の話になると、ついつい熱くなってしまう

誤解されやすい方言小辞典
篠崎晃一(著)
私がパーソナリティを担当している大阪府箕面市のコミュニティFMみのおエフエムの「デイライトタッキー」。その中の「図書館だより」では週に一度、箕面市立図書館の司書さんが選んだ本をご紹介しています。

今回ご紹介するのは、篠崎晃一さんの『誤解されやすい方言小辞典』。

先日テレビを見ていたら、「関西では(ビールの)大びんを「だいびん」、小びんを「しょうびん」と呼びます」という意味のテロップが出ました。

びっくり仰天。

日本全国津々浦々、「だいびん」「しょうびん」と違いますのん?

すぐにSNSで呟いたら、中部地方にお住いの方が「おおびん、こびんと言います」とお返事を下さいました。

でもね、中びんはどちらの地域も「ちゅうびん」なんです。

だったら、ですよ?普通に考えて「だい」「ちゅう」「しょう」がスタンダードじゃないですか?

「おお」「ちゅう」「こ」って、統一がとれていない気がする。絶対に絶対に、だいびん、ちゅうびん、しょうびんが正解だぁ!!

と、お国柄の話になると、ついつい熱くなってしまうのはなぜかしら。

この本では、狭い日本のはずなのに、バリエーション豊かな言葉の数々が紹介されています。

三省堂の出版だし、タイトルに「辞典」とあるので、本物の辞典のように堅い内容を想像されるかもしれませんが、エッセイふうの読み物として、さらっと面白く読めましたよ。

生まれも育ちも兵庫県の私。言語的には関西弁区域ということになります。関西限定と知らずに使っていた言葉がいくつか紹介されていました。

たとえば酒の肴を指す「アテ」。

「アテはなににしよう?チーちくで良い?」というような感じで使います。

そうか、アテは関西弁だったのか。

関西では、自分自身のことを「あて」ということがあります。多分「わたし」→「あたし」→「あて」と進化したのだと思うのだけど。

「あて、チーズをアテにお酒飲むわ」と、親父ギャグを呟いてみました。

関西弁で「えらい」とは、「偉い」ではなく「しんどい」とか「たいへんな」という意味。

満腹になったことを「お腹が大きくなった」といい、なぜか「あなた」のことを「自分」と呼び、料理の味が薄い時には「水くさい」ということもある。

すべて子どもの頃から普通に使っていたけど、地域限定の言葉だったなんて。

驚いたことに、駐車場を「モータープール」っていうのも関西弁なんですって。うそー!!他になんていうんですか?信じられない。

関西限定の言い回しや言葉はこれくらいにしておき、他の地域の言葉でびっくりしたものを二つ挙げておきますと、徳島では辛かったり苦しかったりすることを「せこい」というのだそう。

例文としては「風邪ひいてせこい」のように使うのだそう。

また、舎弟と聞けばヤクザを連想してしまいますが、東北の一部や北関東では実の弟のことも「しゃてい」と呼ぶのだそうです。

おもしろいワ。

また一つのことが地域によって違うのもおもしろい。

サブタイトルの「東京のきつねが大阪でたぬきにばける」は食べ物に関する言葉の違いです。

昔は方言は恥ずかしいものであり、公の席では標準語で話すことが良いとされていたように思います。

でも、今はそれぞれのお国言葉もチャーミングと考える人も増えているのではないかしら。

岩手の「じぇじぇじぇ」なんかは今もたまに使わせてもらっています。

ま、もともと関西人は大阪弁を大事に思っていて、東京であろうがどこであろうが、堂々と大阪弁で喋っていましたけどね。

余談ですが、方言といえば井上ひさしの「國語元年」。

明治の始め頃に、「全国統一話し言葉」作成を命じられた文部省役人の苦闘を描いた作品です。

自分の出身地の言葉を統一言語にしてもらいたいと、いろいろな人が売り込む様子がケッサクなのです。

「誤解されやすい方言小辞典」と合わせてお勧めします。
<誤解されやすい方言小辞典
篠崎晃一(著)
三省堂
著者が編修代表を務める『例解新国語辞典』の“方言”欄を充実させ、イラストもまじえ詳しく解説。共通語と同じ語形だが、じつは地域独特の意味があるという項目を五十音順に181項目掲載。学校方言や食の方言、交通安全・防犯対策で活躍する方言など、テーマ別のコラムも20点。 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon



OtherBook

千波留の本棚

おせいさんの恋愛小説は極上!

九時まで待って(田辺聖子)

千波留の本棚

占いはコミュニケーション?家族の温か…

強運の持ち主(瀬尾まいこ)

千波留の本棚

まっすぐに正直に生きるって良いなぁ

幸せのコイン(鯨統一郎)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME