HOME  Book一覧 前のページへ戻る

文豪と暮らし( 開発社)

文豪との距離が縮まる

文豪と暮らし
〜彼らが愛した物・食・場所〜
開発社
私がパーソナリティを担当している大阪府箕面市のコミュニティFMみのおエフエムの「デイライトタッキー」。その中の「図書館だより」では週に一度、箕面市立図書館の司書さんが選んだ本をご紹介しています。

今回ご紹介するのは、開発社編『文豪と暮らし〜彼らが愛した物・食・場所〜』。

福沢諭吉、小泉八雲から三島由紀夫、時代で言えば江戸末期から明治、大正、昭和の文豪たちが愛した物、食、場所を紹介した本です。

私が一番興味深かったのは「物」編。なぜ作家がそれを愛したのか、理由を知ると、今まで文学史の中の一人でしかなかったような「文豪」がぐっと身近に感じられます。

一番感動したのが樋口一葉。

樋口一葉が生活に困窮しても決して手放さず、大事にしたのは薩摩七宝の紅入れでした。今みたいにリップスティックがない時代は、口紅は練り物で、各自入れ物に入れて使っていたのですね。

でも樋口一葉といえば、髪の毛も少しほつれて、いかにも薄幸そうなイメージ。口紅などさす余裕がなさそうなのに、どうして無用の長物「紅入れ」を大事にしたのでしょう?

それは、次兄からのプレゼントだったからなのですって。樋口一葉の次兄は、素行が悪く親に勘当された後、薩摩七宝の技法を学び名手となったのでした。

自分が9歳の時に戸籍上の縁が切れたこの兄のことを樋口一葉は誇りに思っていたのですね。兄から製造法を聞いて『うもれ木』という作品を書きました。そしてそれが出世作となり人気作家への階段を駆け登る事になります。

24歳でこの世を去った樋口一葉。この紅入れがなかったら『たけくらべ』や『にごりえ』を私たちが読むことはなかったのかも知れません。

もう一つ、太宰治のお気に入りの「黒マント」も面白い。

太宰治は自分が大好きな人だったと思います。ファッションに関してもかなりオシャレ、昔風に言うと伊達男だった太宰治。

イギリス発祥のインバネスコートを和装に合うよう改良した黒マント。それだけでもオシャレなのに、太宰治はどうやら着方にも自分なりの工夫をしていたよう。
マントは、わざとボタンを掛けず、小さい肩から今にも滑り落ちるように、あやうく羽織って、そうしてそれを小粋な業だと信じていました
(太宰治『おしゃれ童子』の一節『文豪と暮らし』P36より引用)
わざと着崩して悦に入っている、さすがナルシスト太宰治!

文豪が愛した「食」編で印象深かったのは与謝野晶子です。

与謝野晶子が愛した「食」は「羊羹」。与謝野晶子の実家が老舗の和菓子店「駿河屋」さんだったと初めて知りました。

子ども時代、家業を手伝っていた晶子は、与謝野鉄幹との間に生まれた11人の子どもたちに、手作りの和菓子を食べさせていたんですって。

こだわりは こしあん。小豆の粒が残っている粒あんのことを晶子は「手抜き」とバッサリ。私も羊羹はこしあん派です。晶子が作った こしあんの羊羹はどんな味だったんでしょう。

ちなみに関西人の私は、作家と食といえば織田作之助の自由軒ライスカレーを連想します。

もちろん、それも紹介されていました。私は大学生のころ、この有名なライスカレーを食べたくてわざわざ難波まで行きましたよ。

でも……私は自由軒のライスカレーは苦手でした。どんなものかは、実際に食べていただくか、この本でご覧くださいね。

この本のいいところは、それぞれが見開き1ページで紹介されている事だと思います。構成は左側がカラー写真、右側にエピソード紹介文で、文章の文字数はわずか570字。すぐに読めます。

すぐに読めるのに奥深い。どのページから読んでも良いし、好きな作家のところだけつまみ読んでも面白い。隙間時間や、寝る前の5分のお楽しみにどうぞ。
文豪と暮らし
〜彼らが愛した物・食・場所〜
開発社
創藝社
萩原朔太郎×マンドリン、太宰治×黒マント、池波正太郎×ポークカツレツ、江戸川乱歩×東京駅ステーションホテル…文豪たちのこだわり。近代に活躍した47名の愛した物・食・場所を3章立てで紹介。 出典:楽天

池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の『読書ダイアリー』
ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon



OtherBook

千波留の本棚

胸を打つ良質なノンフィクション

4歳の僕はこうしてアウシュヴィッツから生還した

千波留の本棚

お笑いの深淵を覗き見る。最近の小説に…

火花(又吉直樹)

千波留の本棚

あー、早く近所に来て欲しいわぁ

家をせおって歩く かんぜん版 (村上慧)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME