HOME  Book一覧 前のページへ戻る

死神の精度(伊坂幸太郎)

再度読んでも面白い

死神の精度
伊坂 幸太郎(著)
私がパーソナリティを担当している大阪府箕面市のコミュニティFMみのおエフエムの「デイライトタッキー」。その中の「図書館だより」では、箕面市立図書館の司書さんが選んだ本をご紹介しています。

今回は伊坂幸太郎さんの『死神の精度』。

実は私はこの小説を一度読んでいます。映画も見ています。でも、最初からもう一度読んでみました。
この世には死神が存在する。

彼らの仕事は「選ばれた人」に接触し、観察・調査して、その死を「可」とするか「見送り」とするか決めることだ。ただし寿命や病死は死神の管轄外だ。

死神は観察対象者に合わせた年齢や外見に設定される。つまり対象が変われば、毎回違う外見でこの世に現れるのだ。

ただし名前は変わらない。死神たちにはなぜか地名が名前としてあてがわれている。

この小説の主人公(死神)の名は千葉。千葉が仕事をするときは、なぜかいつも雨が降っている……
(伊坂幸太郎さん『死神の精度』の主人公について私なりに説明しました)
『死神の精度』は6つの短編から成り立っています。

つまり千葉によって「死」か「生」かを振り分けられる六人の物語です。

「死神の精度」は、企業の苦情処理電話応対を仕事にしている冴えない外見の藤木一恵。

「死神と藤田」は、今時はやらない筋の通ったヤクザ 藤田。

「吹雪に死神」は、雪の山荘で連続殺人に巻き込まれている田村聡江。

「恋愛で死神」は、イケメンなのにそれをメガネで隠して恋をしたい萩原。

「旅路を死神」は、逃走中の殺人犯 森岡。

「死神対老女」は、千葉が死神だと見破る老美容師。

千葉が「可」「見送り」どちらに決めたのか、はっきり書かれているものもあれば、わからないものもあります。

一体どちらに決めたのか、もし「可」ならどんな最期を迎えるのか、物語が終わっても読者が続きを想像する余地があるのが面白いです。

それ以上に面白いのは、千葉と「対象者」の会話。

千葉は死神なので、人間らしさがありません。食欲もないし、殴られても痛くないのです。

言葉に関しても人間らしさがありません。「仕事」をするために人間の言葉を勉強しただけなので、比喩や言い回しに時々ついていけないし、疑問に思うと質問してしまうのです。

例えば「そろそろ年貢の納め時だ!」と言われたら「え?今でも年貢制度があるのか?!」と聞き返してしまう。言われた側は馬鹿にされたのか、それとも冗談なのかと悩みます。

そういうすっとぼけた会話が随所にあり、思わず声を出して笑ってしまうことも。

その反面、生きることや死にまつわる深い言葉もたくさん散りばめられています。
「一喜一憂してても仕方がない。棺桶の釘を打たれるまで、何が起こるかなんて分からないよ」
(伊坂幸太郎『死神の精度』P299より引用)
これは「死神対老女」の老女の言葉です。

人生にはいろいろあって、幸せに見えたり不幸に見えたりするけれど、最後の最後までわからない、というのです。

確かにそうかも。

単なる短編集と思いきや、伊坂幸太郎さんらしい仕掛けがあり、「あれ?この人って……」と、ページを遡ることになるでしょう。

2度読んでも面白い小説でした。

ちなみに、死神たちはみなMusicがお好きなんですって。

視聴コーナーで至福の表情をしている人がいたら、それは死神かもしれません。

続編『死神の浮力』は『死神の精度』よりハードですが、面白いことは太鼓判を押せます。合わせてどうぞ。
死神の精度
伊坂 幸太郎(著)
文藝春秋
CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしないーそんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、翌八日目に死は実行される。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生。 出典:楽天
profile
池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の
『読書ダイアリー』

ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon

 



OtherBook

千波留の本棚

大竹しのぶが怪演しているという噂の映…

後妻業(黒川博行)

千波留の本棚

あー、早く近所に来て欲しいわぁ

家をせおって歩く かんぜん版 (村上慧)

千波留の本棚

継続は力なり。人生あきらめちゃイケマ…

ご立派すぎて(鈴木輝一郎)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
[心に響く本]
橋本信子先生の
[おすすめの一冊]
キュレーター八津谷郁子の
[大人も楽しめる洋書の絵本]
小さな絵本屋さんRiRE
[女性におすすめの絵本]
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME