HOME  Book一覧 前のページへ戻る

ヨチヨチ父(ヨシタケシンスケ)

父目線の育児エッセイコミック

ヨチヨチ父
ーとまどう日々ー

ヨシタケシンスケ(著)
私がパーソナリティを担当している大阪府箕面市のコミュニティFMみのおエフエムの「デイライトタッキー」。その中の「図書館だより」では週に一度、箕面市立図書館の司書さんが選んだ本をご紹介しています。

今回ご紹介するのは、ヨシタケシンスケ『ヨチヨチ父 ーとまどう日々ー』。

ヨシタケシンスケさんは人気の絵本作家・イラストレーターで、図書館だよりでも、これまでに『ふまんがあります』、『これから どうしちゃおう』をご紹介しました。

『ふまんがあります』は、小さな女の子が「おとなって いろいろずるい!」と思っていることを、プンスカ述べる絵本です。

例えば、おとなは遅くまで起きているのに、なぜ子どもは早く寝ないといけないのか?おとなだって食べられないものがあるくせに、私にはグリンピースを食べなさいという……といった具合。

『これから どうしちゃおう』は、小さな男の子が、亡くなったおじいちゃんのノート(今でいう終活ノート)を見つけて読み、死について考えるという内容でした。

ヨシタケさんは二児の父親だそうで、きっとご自分のお子さんから、たくさんのヒントをもらったのじゃないかと思います。

そんなヨシタケさんが描いた、男性目線の育児エッセイコミックが『ヨチヨチ父 ーとまどう日々ー』です。

よく”お母さんも赤ちゃんと一緒に成長していく”と言われますが、ヨシタケさん曰く、お父さんだって同じ。

最初から頼り甲斐のあるお父さんが存在するわけはなく、赤ちゃん誕生と同時に、頼りないお父さん、つまり”ヨチヨチ父”も「ばぶぅ〜」と誕生するのだと。

そんなヨチヨチ父の本音の数々には、思わず声を出して笑ってしまいました。

いくつかご紹介しますと、
父になって最初の仕事は「正直な感想を胸の奥にしまう」ことではないでしょうか。
どういうことかというと、立ち会い出産などの場合、奥さんの野生的な一面を見てしまいドン引きし、生まれたての赤ちゃんを見て衝撃を受け、あれこれモヤモヤしちゃうんだけど、まずは一言「カワイイね」と言わざるを得ない……。
赤ちゃんができてよかったことのひとつに「嫁の実家での居場所」があります
義理の両親との会話などが一気に楽になるんですって。わかる気がするなぁ。

赤ちゃんができてよかったことは他にもあるのですが、逆に辛いことのナンバーワンは睡眠不足だそう。

想像がつくけれど、子どもに恵まれず育児経験がない私には本当のつらさは絶対に理解できないことでしょう。

自分の努力や意志でコントロールできないことに、日々直面するなんて、本当にすごいことです。

ヨシタケさんは育児を通して、女性の強さを再認識したそう。

それは、子どもにまつわる悲惨な事故や事件のニュースへの対応。

ヨシタケさんは、そんな恐ろしいことが我が子に起こったら……と、考えるのも嫌で、ニュースを見ないようにするのに、お母さんは「何?」「どうなってそうなる?」と逆にニュースを詳しく知ろうとするんですって。

「うちの子がそんなことにならないように、情報を仕入れて備えずにおられようか!!」ということでしょうね。母は強し!

父親と母親、変わらないのは育児への不安。うちの子の発育が遅くないだろうか、よその子と比べて、これでいいんだろうか、自分たちのやっていることは間違えていないだろうか……

よそのお母さんに「大丈夫大丈夫、うちもそうだったよ」と言ってもらったときの安心感!

若い頃は、人と同じなんてつまらない、と思っていたのに、我が子がみんなと一緒であることに、これほど安堵するとは……。

その気持ち、わかる気がするなァ。

嬉しいことも不安なこともてんこ盛りな育児だけど、赤ちゃんの寝顔はやっぱりカワイイ。

それをヨシタケさんは赤ちゃんの許される力と表現しておられます。

その上でヨシタケさんは、ギスギスする世の中、「赤ちゃんだった頃の写真を全員首から下げないといけない日」をつくったらなんてことを想像されています。

いけすかない上司の胸に赤ちゃん時代の写真……。確かにムカッとする気持ちが少しほぐれるかもね。

「イクメン」なんてことばとはちょっとちがう、実感と本音、不安や願い満載の『ヨチヨチ父 ーとまどう日々ー』を読んで、私は自分が育児を体験できなかったことを残念に思っています。

でも、最後まで笑いながら読みました。育児真っ最中の方にも、通り過ぎてしまったかたにも、そして私のように未体験の人にも、大いにお勧めします!!
ヨチヨチ父
ーとまどう日々ー

ヨシタケシンスケ(著)
赤ちゃんとママ社
パパは共感。ママは落胆。ママっていつもイライラしてるよね?パパって何か蚊帳の外だよね…?話題の絵本作家・ヨシタケシンスケが、父になってわかった“トホホな真実”を描く、初の育児イラストエッセイ! 出典:楽天

池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の『読書ダイアリー』
ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon



OtherBook

千波留の本棚

静な自己分析と文章で、湿り気なしで現…

夫の後始末(曽野綾子)

千波留の本棚

あの優しい言葉遣いで、人生で得た知恵…

あなただけの、咲き方で(八千草薫)

千波留の本棚

芸の道とは、なんと厳しく果てのないも…

国宝(吉田修一)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME