HOME  Book一覧 前のページへ戻る

ちょっと今から仕事やめてくる(北川恵海)

自分に悩んで袋小路にいる若者に読んでもらいたい

ちょっと今から仕事やめてくる
北川恵海(著)
2017年5月27日公開の映画『ちょっと今から仕事やめてくる』。福士蒼汰くんと工藤阿須加くんが主演で、予告編を見ると、なかなか見栄えのする二人で目の保養でした。

その原作である北川恵海さんの『ちょっと今から仕事やめてくる』。

大学を卒業後、自分の本意ではない就職をした青山隆。上司には怒鳴られ、得意先には土下座せんばかりに謝り、そして連日残業の日々。

帰宅時、駅のホームの端っこを疲れ果ててふらふら歩きながら、「もう疲れちゃったな、このまま死んじゃってもいいかな」……そう思った時、誰かにぐいっと腕を引かれ、ホームの中央に連れ戻された。

連れ戻した相手はヤマモトと名乗った。「小学生の時以来だ、久しぶり!」とにっこり笑うヤマモト。だが隆はその男に見覚えがなかった。

しかし、ヤマモトと連れ立って飲むようになってから、隆は自分が少し変わったように思った。自分が変われば仕事も変わる。少しずつ成果を感じられるようになってきた。

すべてがうまくいきそうだ……と思ったある日、隆はネットでとんでもないものを見てしまう。ヤマモトが数年前に自殺した記事を見つけてしまったのだ。ではいつも会っているヤマモトはいったい何なのか?

映画の予告編でもこの辺りまでは明かされています。私は予告編を見た時も、小説を読んでいる時も、ヤマモトの正体は亡霊なのかと思っていました。映画「シックスセンス」みたいなオチかなと。

でも、結論は割と常識的なものでした。「なんだ、やっぱりそうだよね」

このオカルト的なものが主眼ではないのです。

ベースにあるのは、自殺は自分だけではなく、周囲のすべての人を傷つける。死んではダメ!というメッセージ。

次に伝わってくるのは、仕事がうまくいかないなら自分を変えてみてはどうか、というメッセージ。

ヤマモトが語るビジネスのコツは、仕事だけではなく、いろいろな場面に応用できそうで、私はその場で手帳に書き留めましたよ。

そして三つ目のメッセージはタイトルの通り。努力しても、どうしても合わない場合は会社を辞めたっていいんだよ、ということ。

「会社」を「学校」に置き換えても良いと思います。自分が現在所属している狭い世界だけが全てと思い込まないで、別の世界もあることを覚えておいて欲しい、と。

映画もそうですが、この小説は若い世代をターゲットにしたものだと思います。今の自分に悩んで袋小路にいるような若者にぜひ読んでもらいたい。

ちゃらんぽらんに見えるタイトルに愛情を感じた、『ちょっと今から仕事やめてくる』でした。
ちょっと今から仕事やめてくる
北川恵海(著) KADOKAWA
ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。なぜ赤の他人をここまで?気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で自殺した男のニュースだったー。スカっとできて最後は泣ける、第21回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”受賞作。 出典:楽天

池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、ナレーション、アナウンス、 そしてライターとさまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BROG:「茶々吉24時ー着物と歌劇とわんにゃんとー」

パーソナリティ千波留の『読書ダイアリー』
ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。⇒販売HPAmazon



OtherBook

千波留の本棚

子育てには”正解”ってものがないんだ…

子育てはもう卒業します(垣谷美雨)

千波留の本棚

着物好きさんには特にお勧め

文様えほん(谷山彩子)

千波留の本棚

大竹しのぶが怪演しているという噂の映…

後妻業(黒川博行)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME