HOME  Book一覧 前のページへ戻る

カエルの楽園(百田尚樹)

カエルの楽園
百田尚樹(著)
出版社:新潮社(2016)【内容情報】(「BOOK」データベースより)安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、平和で豊かな国「ナパージュ」にたどり着く。そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守り穏やかに暮らしていた。ある事件が起こるまではー。平和とは何か。愚かなのは誰か。大衆社会の本質を衝いた、寓話的「警世の書」。(出典:楽天
百田尚樹さんの最新刊『カエルの楽園』を書店で見かけました。
帯に著者自身のことばが紹介されています。

「これほどの手応えは『永遠の0』『海賊とよばれた男』以来。
これは私の最高傑作だ」と。

ほぉ。
その2作と並ぶのであれば、
読まないわけにはいかないでしょう。
ということで買って帰り、一気に読みました。

***
主人公はアマガエルのソクラテス。
彼は有志たちと一緒に生まれ育った場所を離れ、
安住の地を探しに旅に出た。

というのも、凶悪なダルマガエルの群れがやってきて、
アマガエルは次々食べられてしまったから。
このままでは自分たちは滅んでしまうと
危機感を覚えた若いカエル達が、
新天地を求めての旅だった。

過酷な旅の末にたどり着いたのが
平和で豊かな国「ナパージュ」。
心優しいツチガエル達の住む国。

ツチガエル達はある戒律を守り、
穏やかに暮らしている。
その戒律を守ることで平和が守られているのだと信じて。
しかし、国を揺るがす事件が起こる。

今までのようにナパージュは平和な国であり続けられるのか?
どうしたら平和が守られるのか?
ナパージュのツチガエルたちの言動を観察し、
ソクラテスは考えるのだった…。
***
 
勘のいい方はお分かりかと思いますが、
ナパージュ=日本。
カエルの社会を舞台にした寓話です。

安全保障の問題、日中、日韓に横たわる問題、
集団的自衛権の問題などが、全て盛り込まれています。

寓話だから、とてもわかりやすいうえに、
カエルそれぞれの名前がまさに「名は体を表して」いて、
キャラクターや主張がつかみやすい作りです。

日頃、いろいろなニュースを
遠い国の話のように「ふーん」と聞き流している人も
この本を読めば危機意識を持つことになるでしょう。

しかし、読めばきっと賛否両論分かれる小説だと思います。
むしろ百田さんはそういう議論を起こしたくて、
この小説を書いたのかもしれません。

なぜ主人公を他の生き物ではなく、カエルにしたでしょう。

多分、よく言われる、
「カエルを熱湯にほうり込むとすぐに飛び出して逃げるが
水に入れておき徐々に熱くしていくと
カエルは温度変化に気がつかず茹でられてしまう」
という例え話と関連があるのではないかと思います。

平和ボケしている場合じゃないぞ、と。

日本が抱えている問題を
わかりやすく目の前に突きつけてくれる『カエルの楽園』。
しかしこれをご自分の最高傑作だとおっしゃるのには
賛成しかねます。

私の中では百田さんの作品では
『永遠の0』、『風の中のマリア』が
1位、2位。
3位が『海賊とよばれた男』かなぁ。

最高傑作というよりは、大変な問題作というのが
正しい気がする。
では百田さんの作品の中でどのあたりかと考えても
順位はつけがたく、私は番外に位置付けました。

人それぞれ意見が違って当たり前。
賞賛するにせよ、けなすにせよ、
まずは一読すべき書だと思います。

池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、
ナレーション、アナウンス、 そしてライターと、
さまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BLOG ⇒PROページ

著書:パーソナリティ千波留の読書ダイアリー
ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。
だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。

「千波留の本棚」50冊を機に出版された千波留さんの本。
『私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。』購入サイトはこちらAmazonでも購入できます


OtherBook

千波留の本棚

声にまつわる短編集

口笛の上手な白雪姫(小川洋子)

千波留の本棚

「品よし柄よし値打ちよし」

花になるらん 明治おんな繁盛記(玉岡かおる)

千波留の本棚

どんな状況になっても、元気に食べれば…

彼女のこんだて帖(角田光代)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME