HOME  Book一覧 前のページへ戻る

近いはずの人(小野寺史宣)

近いはずの人
小野寺史宜(著)
出版社:講談社(2016年)【内容情報】(「BOOK」データベースより)同い年の妻が事故で死んだ。それから3ヵ月、心が動かない。北野は亡き妻の鍵のかかった携帯電話に、4ケタの数字を順番に打ち込むだけの毎日を過ごしていた。ついにロックの解けた携帯には、妻の秘密が残されていた。4年間を一緒に過ごした女性のことを、僕は何も知らなかったのかもしれないー北野俊英、33歳。喪ってから始まる、妻の姿を追いかける旅。(出典:楽天
大学時代、ゼミが一緒で付き合い始めた二人が、
就職後、なんとなく別れてしまう。
喧嘩など大きな出来事があったわけではないけれど、
そうなってしまった、
よくある話です。

そんな二人が、数年後、また付き合い始め、
今度は結婚に至る。
これもよくある話かもしれません。
生活ペースが安定したり、
仕事でいろいろな経験したことで、
お互いを見る目も変わり、
うまくいくのかも。

小野寺史宣さんの『近いはずの人』は、
そんなカップルが主人公です。
結婚して四年、夫婦とも33歳。

しかしもう妻が歳をとることはありません。
交通事故で亡くなってしまったから。
これはよくある話、では済まされません。

***
カップ麺で有名な食品メーカーに勤務する
北野俊英 33歳。
同じ歳だった妻絵美を事故で亡くしてから、
心身ともに前を向けない状態でいる。

晩御飯は自社製のカップ麺のみ。
第三のビールを何本も空けながら、
亡き妻の携帯電話のロックを解除しようとするのが、
毎晩の習慣になってしまった。

妻が乗車していたタクシーが崖下に転落。
運転手共々亡くなる事故だったが、
旅行鞄の中にあった携帯電話は無傷で残っているのだ。

携帯電話の暗証番号は4桁。
0000~9999まで根気よく入力すれば、
いつかは解除されるはず。
そしてある日、ロックは解除された。
残されたメールから、
妻の秘密を知ってしまった俊英。
結婚して四年。

一番「近いはずの人」だった妻のことを
自分は何も知らなかったのか…
俊英は、妻の秘密を追いかけ始めるのだった。
***

若くして妻を喪うだけでも相当なダメージなのに、
その上に、秘密を知ってしまうなんて、
想像しただけでやり切れません。

酒量も増えていくなか、
なんとか仕事もこなしていく主人公に、
深い同情の念を抱いてしまいます。

謎が解き明かされるにつれ、夫婦というものは、
どちらかが一方的に悪者で、片方が被害者、
という図式が当てはまらないものかもしれないと思いました。

小説ではあるのですが、
俊英さんの今後が明るいものになりますようにと
祈らずにいられませんでした。

私は小野寺史宣さんの小説を読むのはこれが初めて。
とても読みやすく、感情移入しやすかったです。
他の作品も読みたくなりました。

池田 千波留
パーソナリティ・ライター

コミュニティエフエムのパーソナリティ、司会、
ナレーション、アナウンス、 そしてライターと、
さまざまな形でいろいろな情報を発信しています。
BLOG ⇒PROページ

著書:パーソナリティ千波留の読書ダイアリー
ヒトが好き、まちが好き、生きていることが好き。
だからすべてが詰まった本の世界はもっと好き。

「千波留の本棚」50冊を機に出版された千波留さんの本。
『私の視点で好き勝手なことを書いていますが、ベースにあるのは本を愛する気持ち。 この気持ちが同じく本好きの心に触れて共振しますように。』購入サイトはこちらAmazonでも購入できます


OtherBook

千波留の本棚

ごく普通に見える人が実は一番怖いのか…

満願(米澤穂信)

千波留の本棚

ゲン担ぎの古今東西

幸せを招く世界のしるし(米澤敬)

千波留の本棚

お二人が関西人だということがものすご…

友情(山中伸弥)




@kansaiwoman

参加者募集中
イベント&セミナー一覧
関西ウーマンたちの
コラム一覧
BookReview
千波留の本棚
チェリスト植木美帆の
「心に響く本」
橋本信子先生の
「おすすめの一冊」
大人も楽しめる
英語の絵本&児童書
小さな絵本屋さんRiRE
女性におすすめの絵本
手紙を書こう!
『おてがみぃと』
本好きトークの会
『ブックカフェ』
絵本好きトークの会
『絵本カフェ』
手紙の小箱
海外暮らしの関西ウーマン(メキシコ)
海外暮らしの関西ウーマン(イタリア)
関西の企業で働く
「キャリア女性インタビュー」
関西ウーマンインタビュー
(社会事業家編)
関西ウーマンインタビュー
(ドクター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性経営者編)
関西ウーマンインタビュー
(アカデミック編)
関西ウーマンインタビュー
(女性士業編)
関西ウーマンインタビュー
(アーティスト編)
関西ウーマンインタビュー
(美術・芸術編)
関西ウーマンインタビュー
(ものづくり職人編)
関西ウーマンインタビュー
(クリエイター編)
関西ウーマンインタビュー
(女性起業家編)
関西ウーマンインタビュー
(作家編)
関西ウーマンインタビュー
(リトルプレス発行人編)
関西ウーマンインタビュー
(寺社仏閣編)
関西ウーマンインタビュー
(スポーツ編)
関西ウーマンインタビュー
(学芸員編)
先輩ウーマンインタビュー
お教室&レッスン
先生インタビュー
「私のサロン」
オーナーインタビュー
「私のお店」
オーナーインタビュー
なかむらのり子の
関西の舞台芸術を彩る女性たち
なかむらのり子の
関西マスコミ・広報女史インタビュー
中村純の出会った
関西出版界に生きる女性たち
中島未月の
関西・祈りをめぐる物語
まえだ真悠子の
関西のウェディング業界で輝く女性たち
シネマカフェ
知りたかった健康のお話
『こころカラダ茶論』
取材&執筆にチャレンジ
「わたし企画」募集
関西女性のブログ
最新記事一覧
instagram
facebook
関西ウーマン
PRO検索

■ご利用ガイド




HOME